2016年11月20日(日)24:14

電力が通ってるんでしたっけ?

 MG MS-06J(地上用ザクU)、やっと作成開始です。

 何と言っても、動力パイプの組み立てが面倒くさいwww 頭部だけで左右合わせて20個、胴体の動力パイプは左右合わせて22個、脚の動力パイプは左右合わせて18個。これらを1つずつゲート処理して、スミ入れをして、つや消しクリアを吹いて……やってらんねーwww

 
20個それぞれ加工します

 
こんな風に刺す!

 切り離しては、つまようじに刺して、『頭部(左)○番目』とか書いた札をつけて、1つずつRLM02グレーで塗装して……。あーもー!w

◆今日のザク:個人的にはMS-06F、MS-06R-1A黒い三連星、シャア専用MS-06S

2016年11月19日(土)22:55

センサーの塗り分け

 MG、νガンダム Ver.Kaですが、以前にサザビー Ver.Kaを作った時に「こうすれば良かったかな」というアイデア……センサー類の塗り分けを実行。これが本当にセンサーなのかどうか知らないけどw

 って事で、胸のパーツをマスキングテープでぐるぐる巻きにして、銀色を一発吹きw

 
マスキングテープを惜しげもなく使う!

 
こんな感じに

 どこをどう改造したら面白いかなー……と、以前にパチ組みしたνガンダムを眺めるのですが、いや、もう……こんなにディテールがあって、防御力は大丈夫なのかって不安になるwww

 そんな改造をしなくてもいいくらいに最初からディテールを盛りだくさんにしたのがカトキバージョンのようなものなので、それでも手をつけて何かをやろうってのは……もうモデラーとしての意地とゆーかプライドとゆーか、そんなものがあるんでしょうね。

 昭和時代のガンプラなんて、頭部の左右の幅を狭めて「カッコ良くなったぜ!」って自慢げに披露したものですが、今は最初からカッコいいもんなw ですんで、どんなにディテールを施したキットが出ようと、完成度が200%だろうと、モデラーは絶対にどこかをアレンジする(爆)。

 バイクを買ったら、性能が下がろうと危険になろうと、どこかのパーツを変える……そんな奴がいるのと共通する心理があるのかもな。

◆今日のガンダム:躍動感wwwww

2016年11月18日(金)18:40

夏のツーリングの楽しみの1つが、ご当地ソフトクリーム。

 AT-X、櫻子さんの足下には死体が埋まっている、第参骨。

 夏の九条家で、館脇 正太郎は骨の標本を見て……エゾリスだと答えます。九条 櫻子は「不正解」。タイワンリスだそうです。んなもん分かるかー!www
 ばあやの沢 梅はメロンを持ってきつつ、リスだと分かっただけでも大進歩だと笑ってます。始めの頃はいつもキッチンに逃げていたそうです。怖くて逃げてた?

 なぜ正太郎は櫻子のところに来たのか? 期末テストは終わったのだろうと櫻子は確認。明日は所要があって当麻(とうま)に行くそうで、正太郎も誘ってます。が、正太郎の事をまた『少年』と呼んでおり、これが正太郎には不満。

 ばあやは、当麻ではそろそろでんすけすいかが出る頃だと言います。

 メロンですが、これはショウコさんの差し入れだそうで、正太郎にとの事。先日は甘エビだったなw

 ばあやはそのでんすけすいかが大好きのようで、その美味しさを語りだし……正太郎は仕方なくお供する事にします。結局は助手だろうなw ただ正太郎は「夏はやっぱり」と言い……

セーラーサターンの声で僕の細胞は活性が高まる

 正太郎は当麻鍾乳洞に行きたかったようです。そういや僕もずっと鍾乳洞に行ってないな。近い所なら、岡山県にある井倉峡。そのうちツーリングで久々に行ってみようかな。

 櫻子にとって正太郎はただの少年にすぎない? 人間嫌いで人との関わり合いを避けてきたため、正太郎の事はせいぜい友だちと 認識している? ただ、もう少し頼りにしてくれてもいいじゃないかと思っているようです。
 櫻子の胸の谷間につい目を取られるとはなw 僕もキュアピーチの胸の谷間につい……ね(まだ中学生です)。

 もうすぐ出口のようで、光が見えてきて……櫻子は、人間の細胞は太陽の光を浴びて活性が高まると語り出してます。櫻子はどこかに行くようで、ちょっとした散歩だそうです。

3行でお願いします

 櫻子と正太郎は、鍾乳洞グリーンパークへ。森の遊歩道です。が……櫻子はどこを歩いているのか、行く道はけもの道。櫻子は、けもの道をたどれば獣がいると言い、その屍も然りだと。それが目的かぃw

 正太郎は、先日のソウタロウが気になり、櫻子に訊こうとするのですが……女性の悲鳴が!? 人の骨があったそうです。

 そりゃもう櫻子が行かないはずがないw 骨を見た櫻子は……表情を輝かせるなwww ったくこの女性はwww

 すばらしいと喜ぶ櫻子は、「見たまえ少年!」「いやです!」「いや、見るべきだ」www

 櫻子は嬉々として、自然の中の死体にはすぐにハエが嗅ぎつけて、卵を植え付けると言います。孵化したウジは死肉を食べ、瞬く間に成長。さらにウジを捕食する昆虫や小動物が集まり、そして束の間……その亡骸は命の楽園となるのだと。

 ……あの……僕なら別の意味で帰りたくなります。白骨死体を見て腰を抜かしたりはしませんけど、まずは警察に連絡しようよ。

 櫻子はまだ話を続けるようで……食物連鎖という大きな生命の輪は、肉体が代謝をやめ、細胞が崩壊した後も私たちを包みこんでいるのだと。
 ……冷めた目の正太郎www 櫻子は、君は心を打たれないのかと本気で疑問に思っている模様。正太郎はスマホを取り出し、そろそろ警察に通報してもいいかとw
 櫻子は、君の左のはきっと大きいだろうと言います。左の肺は心臓を包み込むために右側よりも小さいはず。つまり……正太郎には心がないのだと。そんなの、死体を見てよろこぶ人間に言われたくないわっ!www

 正太郎は警察に通報し……

再会

 警察が来て「まーたお前たちかよ!」www 第1話の刑事が来たwww 刑事は、仏さんに心当たりはないんだなと確認。櫻子は、心当たりはないが推測はできると言い、遺体に近付いてます。寄るなってwwwww

 遺体の着衣から、死んだのは春か秋。雪が残る春にここに来るのは困難だから(実際、鳥取でも5月連休が明けないと積雪で進めない山道がある)、おそらく秋だと櫻子は推測。

 遺体の一部はミイラ化。冬の間に脂漏化したものが気温の上昇に伴い乾燥したのだろうとの事。ゆえに、去年の秋以前に失踪した人物を探すべきだろうと櫻子は言います。

 歯の状況から、かなりの高齢者らしく、遺骨の上位頚椎……首の骨に骨折が確認できるそうです。おそらくそこの崖から転落したのではないかと。だが、直接の死因は窒息死。骨折によって神経が断たれて呼吸が止まったらしい。

 櫻子は……こんなにきれいに骨が残っているなんて奇跡だと感動。普通は獣が持って行ってしまうそうで、よほど運がいいそうです。そう思うのは櫻子だけだよ(滝汗)。

 刑事はにこやかに櫻子を現場から遠ざけますwww もっと詳しく聞きたいかと櫻子は言い、まず性別の確認が大事で、骨盤の形状を見るのが(以下略

ちっちゃな頃から骨が好き

 九条家では……当麻で買ってきたでんすけすいか? 正太郎はばあやに、あれから櫻子はずっと拗ねていると聞きます(噴飯)。ばあやは、今回ばかりは直江様に痛く叱られたようだと。直江って誰? 櫻子を叱る事ができるって事は、許嫁のアリワラの事?
 正太郎は「僕がついていながら……」と詫びますが、ばあやは、正太郎のせいではないと言います。

 櫻子は小さい頃から骨の事となると夢中になっていたそうです。……小さい頃ってどれくらい? ばあやは、きっとおじさまの影響だと言います。おじさまって第1話で語られていた法医学教室の先生設楽って人でしたっけ?

 ばあやは正太郎に、冷たいうちに櫻子の所にこのスイカを持って行ってほしいと頼み……

ムーバブルフレームの完成

 正太郎は櫻子の部屋のドアをノック。中に入り、スイカをテーブルの上へ置き……写真立てを見ると、櫻子といっしょに男の子が写ってます。櫻子は、その子がソウタロウだと言います。死んだだそうで、ぞれをずっと訊きたかったのだろうと……。
 「完成だ」と言い、何か動物の標本を組み上げた櫻子は、冷え冷えのうちにいただこうと言います。何の骨標本だろう? タイワンリス?(ツノのあるリスなんているか?)

 つい正太郎は忘れてしまっていたそうですが……先日見つけた遺体は持ち主がいて、家族がいる。

 って事は、その家族っていうのは正太郎もよく知っている人物なのか?

遺体の家族

 Bパート。明聖高等学校では、1学期の終業式。「じゃあ、よい夏休みを」とHRを締めくくる磯崎 棗先生は、間違っても問題を起こすなよとくぎ刺し。先生は助けないそうです。ボヤく生徒たちwww

 今居 陽人>は正太郎に、お客さんだと言い……教室の外には鴻上 百合子がいます。

 学校じゃ話しにくい内容らしく、2人はライフラプサン(大きな信号機が置いてある喫茶店)へ。こんな店が旭川にあるのか? 百合子は何だか話にくそう。正太郎は、ここのシフォンケーキは美味しいと言い、百合子にオススメ。百合子は、じゃあ半分こしようと言います。

 百合子は、ここのシフォンケーキはおばあちゃんも大好きだったと言います。百合子は、どうしてもっと気遣ってあげられなかったんだろうと言い……
 ……まさか、先日の遺体って!

本当に自殺なのか?

 百合子は正太郎に礼を言い……やはりあの遺体は百合子のおばあちゃんなのか。百合子は警察から聞いたそうです。

 おばあちゃんは去年の秋からずっと行方不明だったそうで、急にいなくなったそうです。家の中は何もかもがそのままで、部屋の明かりもつけたまま。書き置き1つ残っていなかったそうです。
 おじいちゃんの介護が嫌になって、発作的に家を出たのではないか……そう近所では言われていたそうです。でも百合子は、おばあちゃんは自殺なんてしないと信じていたそうです。つい声が大きくなってしまってる……

 自殺? 百合子は警察からそう聞いたそうで、よくある事だと警察は言っていたそうです。

 正太郎は何か考えがあるようで……

介護ってホントに大変だよ?

 正太郎が櫻子を呼び出して百合子の家へ。櫻子は、今日はサルの骨継ぎをする予定だったんだぞと不満そうw 正太郎は、会ってお礼を言いたいそうだと言うのですが、櫻子は「礼などいらない」w
 いいちゃんの事で助けてもらったでしょと正太郎は説得。

 客間で百合子は、2人の関係を問うのですが……そういうのじゃないと正太郎は否定。保護者だと正太郎は言います。正太郎が櫻子の保護者なwww

 櫻子は「いい絵だな」と言い、壁に飾られている3枚の絵を眺めてます。ウマの絵で、おばあちゃんが描いたそうです。櫻子は、ウマの筋肉が正確に美しく描かれている事に感心。よほど被写体を観察した上で描いたのだろうと櫻子は言います。

 正太郎は、家族の事を訊ねますが……百合子は、お母さんはおじいちゃんのデイケアの迎えに行っているとの事。百合子は、おばあちゃんが毎日どれだけ大変だったかやっと分かったそうです。

 おばあちゃんが、住み慣れた街がいいって事で、當間で寝たきりのおじいちゃんの介護をしていたそうです。おじいちゃんは認知症が進んでいたそうで、それすら知らなかったなんてひどいよねと、百合子は悔やんでます。おばあちゃんの「大丈夫」という言葉を真に受けて任せっぱなしにして……いや、本当は分かってて、気付かないふりをしていただけかも……とも。

 私たちが……私がおばあちゃんを追い詰めたと言う百合子は……あ、泣いちゃった。

家族だから、最後の瞬間までの生き様などを知っておきたいのは当然。

 帰りしなに百合子は正太郎と櫻子に、おばあちゃんが描いていた絵の一部を譲ってます。まだまだたくさん絵はあるそうです。櫻子は例のウマの絵をもらい、大切にすると。
 百合子は櫻子に1つお願いがあるようですが……おばあちゃんが、どこでどんな風に亡くなったのかを教えてほしいと。

 櫻子と正太郎はあの遊歩道に入ります。こんな山奥で……と百合子は驚きますが、櫻子は、介護をしていたくらいだから体力はあったのだろうと言います。また、介護は君たちのような若い者にとっても楽な事ではないと……生きている人間を支えるのだから、容易であるはずがない。そう櫻子は言います。

おばあちゃんの最期とは?

 現場に到着。まだそこには立ち入り禁止のテープが張られています。そこにうつぶせに倒れていたと櫻子は説明。あそこから落ちたのだろうと崖を指します。

 こんな寂しいところで……と百合子は言うのですが、そんな事はないと櫻子は言い、景色もいいし開けていると。

 百合子は、でもここには何もないと言います。部屋の明かりはつけっぱなしで、朝刊も入ったまま。夜に家を出たのだろうと警察が言っていたそうです。なぜ夜にこんな寂しい所に来たのかと。

 櫻子は……遺体を見た限り、絶命するまでそう長く苦しんでいないと言います。だから崖から飛び下りた……楽に死ねるからと百合子は言うのですが、櫻子は「何を言っている?」

 ……何かをしようとして、事故で落ちたんじゃないかなと僕は思ってたんですけど、どうなんでしょ?

DAWN

 櫻子は、君の祖母はここを死に場所に選んでいないと言います。櫻子は、あの程度の高さで落ちても死なないと言います。自殺を図るならもっと確実な場所があると。「でも警察は」と百合子が言いかけると、櫻子は「バカらしい……」と警察の所見を否定。

 たしかにあそこからおばあちゃんは転落したらしいのですが、それは自殺ではなく、単に打ちどころが悪かっただけだと櫻子は言います。つまり、事故だと。

 では、崖の上には何があるのか? 行けば分かると櫻子が言うと……百合子は崖の上に行ける斜面を登り、藪を抜けて……いい景色だな。でも、それが何か……? 絵を描くのが好きだとはいえ、夜にここに来てもなぁ。

 櫻子は、君たちは何も見ていないんだなと言い、両手の指でキャンバスを形作ってます。

 ……ここからじゃないと見えない風景画があった! おじいちゃんが描いた絵だそうで、それは赤く染まった風景画……夕日を描いたのかと思いきや、方位磁石で確認すると……あの絵は実は朝日。それを見るためにおばあちゃんは夜に家を出る事になったのか。

早朝の気持ちよさ

 櫻子は、人間は朝日を見ると脳内にセロトニンという物質が分泌されるそうで、通称、幸福ホルモン。心を穏やかに快活にさせる効果があるそうです。平たく言うと、人間は朝日を見ると元気になるそうです。僕も朝日奈 みらいを見ると元気になります(事案
 これは野生からずっと受け継がれてきた動物としての基本的な反応なんだろうな。

 おばあちゃんは何かを得るため、自分を鼓舞するためにここに来た。死ぬためでもなく、絶望したのでもない。生きようとしてここを選んだ……。

 ……ただ、これは櫻子の推論。でも個人的には、警察よりもおばあちゃんの人となりを信じるそうです。

 百合子は、おばあちゃんは朝が早かったと言います。朝早く畑に出るのが好きだったそうで、元気の源だと言っていたそうです。

 おばあちゃの幻を見た百合子は……元気が出るよねと笑いながらも、また泣いちゃってます。

 陽が昇らないうちにツーリングに出てもテンションを保てるのは、そういう事なのかなw 山の中だと、湿ってカビ臭い独特の空気がまたかえって気持ちがいいし(元・山岳部)。

◆今日の山林内の仏さん:もっと怖いのを期待していたのに、これは残念

2016年11月17日(木)18:54

MSM-04 アッガイ

 山陰放送、魔法つかい、第40話……ではなく、今日は第22話の再放送。駅伝があって、それで山陰では再放送となってます。

 じゃあ、今日は何をしようか……。

 って事で、HG MSM-04 アッガイを組み立て。

 
アッガイ

 
ジオン軍4番目の水陸両用MS

 説明文を見て初めて知ったのですが、アッガイって水陸両用っていうよりも、潜れるMSって程度だったなんてwww

 今回はパチ組みを楽しみたくて、塗装は一切なし。塗装を始めたらキリがないですし、塗装をしなくても充分な仕上がりになるようにこのキットは作られているわけですし。何か手を付けたかというと……ガンダムスミ入れペン(=シャープペン)でスミ入れをした程度。
 ゲート処理も底々。普通にパーツをランナーから切り離し、アルティメットニッパーで仕上げのカット。金ヤスリと耐水ペーパーでならして、必要とあればコンパウンドで軽く研磨(つや出し)。

 仕上げのつや消しクリアーすら今回は吹いていません。ホント、お手軽に組み立てただけのアッガイです。

 ……こんな愛嬌のあるルックスでも、熱核エンジンを内蔵してるんだよな。

◆今日の超小型熱核エンジン:身近な材料で製作できるんだな……。

2016年11月16日(水)18:48

CDのように正確に何度でも

 AT-X、響け!ユーフォニアム2、第3話。

 合宿の続きです。朝のミーティングで呼吸や発声練習、午前中はパート別に練習、午後は合奏。10回通しと呼ばれる練習があり、課題曲とと自由曲を10回連続で演奏するというもの。2曲合わせて12分の演奏で、1回毎に2分の休憩をはさむので、160分以上はかかる。10回通しのあとはみんなヘトヘト。20分の休憩ってことで……
 田中 あすかは席をはずして個人で練習。元気だなーw

 トロンボーンの塚本 秀一も、半ば呆れるほどw 

 黄前 久美子は同意しつつ……あすかに訊きたい事があるわけで、それは夕食のあとで訊ねる事にしたそうです。あすかは、真面目な話は演奏だけでいいとか言っていましたが……


細かい指導が入っていく

 Bフラットメジャー(変ロ長調)が随所にある曲という事で、そこをきれいに合わせるよう注意するようにと滝 昇先生の指導。橋本 真博先生からも、スネアが後ろに感じるとの指摘。また、ティンパニが1テンポ早かった点についても指導。罰金モノに相当するミスだそうです(汗)。
 チューバについて滝先生から……ゲスの音を広く取り過ぎていると指摘。指は間に合っているけど口が間に合ってないそうです。

 演奏中でも滝先生は中断させ、今の感じで演奏するようにと言い……ユーフォニアムについては、先ほどのパートは2人で吹くようにと指示が入ります。久美子、信頼性が上がってるなーw
 はしもっちゃんからも一言。オーボエのソロはあれでいいのかとの事ですが……鎧塚 みぞれか。これについては滝先生も新山 聡美先生も同じ考えのようです。音も綺麗だしピッチも安定しているそうですが、まるでロボットが吹いているようだと。楽譜通りに吹くだけだったら機械でいい……。どう吹きたいと……何を感じながら演奏しているかを訊ねられてます。三日月をイメージして吹いているとみぞれは答えるのですが、ならもっと三日月感を出して欲しいと言う橋本先生。感情を出せないかと……クールな女の子はいいけれど、このソロはクールでは困るとw もっと私の音を聴いて! ……ってくらいにw トランペット高坂 麗奈のように。麗奈は「え」w

 演奏技術はどんどん上昇しているが、表現力が足りない。それが強豪校との決定的な差だと橋本先生は言います。北宇治高校はどんな音楽を作りたいか……この合宿ではそこに取り組んで欲しいとの事です。

 たまにはいい事を言うと滝先生が言うと……橋本先生は、僕は歩く名言集だとw


ソロの悩み

 夕方になり……お腹が空いた久美子は部屋でゴロンとw 麗奈は風呂に行くように言います。入浴のスケジュールも決まっており、たったの20分。まぁ、夏だからゆっくり風呂に浸かる必要はないだろうけど、せわしいなぁw

 脱衣所では……凹んでいるみぞれを吉川 優子が励ましてる? 指摘が入るのは、みぞれの演奏が上手だから。さらに上を目指して欲しいから指摘が入るのだと優子は言います。そうだよねー。

 麗奈は、滝先生に、新山先生とつきあってるんですかと訊こうと思っているそうです。

 ……あれ? 滝先生は橋本先生と付き合ってるんじゃなかったっけ?(その話はもういい

 ……あれ? 入浴シーンはないの?


丸美屋

 食堂ってちゃんとそうした会社とかが調理をしているためか、名前があったりします。この合宿所の場合は『喫茶&軽食 自然ファーム』。僕が勤めている会社の食堂も名前がありますしねぇ。

 今夜は麻婆豆腐マカロニサラダだー! 加藤 葉月も好きそうだなー。好き嫌いがないのはいいことです。軍人とあろう者が「ニンジンいらないよ」では困るのです。

 久美子は、麗奈がけっこう思いつめていることを気にしていると……あすかは、残っていればいいかと言ってきます。

 そして夕食の時間が終わって……


タイガー&ホース

 なぜあすかは、傘木 希美が復帰する事に反対しているのか? ちゃんと訊いてくると希美先輩にも約束したわけですが、なぜ約束しちゃったのかとあすかは言います。
 あとで困るのは久美子自身だとあすかは言うのですが……

 なぜ私が許可しないのか分かるかと、あすかは久美子に訊ねてます。久美子は、訊いているのは私だとwww ……でも久美子の予想としては、フルートが上手だから部が混乱するのかなー……とか。そんなんじゃないと思うけどなwww

 では、いったいなぜなのか……。希美は、オーボエのみぞれと相性が悪い? 顔を見ただけで気持ちが悪くなるくらいのトラウマがあるそうです。そういや以前に、希美のフルートの音を聞いただけで吐きそうになってたな。しかし希美は、そう思われている事にまったく気がついてないそうです。今でも仲のいい幼馴染だと希美は思っているそうです。でも、希美がいると、みぞれはオーボエを吹けなくなる……とは、さすがに言えないとあすかは言います。

 なぜトラウマを抱えているのかは分からないけど、そんな事情があったのか……。希美のフルートの音を聞いて体調を崩すようになったのは、希美が退部してからの症状じゃなかったんだ……

 オーボエはみぞれしかいないわけで、みぞれが潰れたら関西大会どころじゃなくなる……。2人を天秤にかけたらどちらを優先すべきか、もう決まっているとの事です。

 さて、こんな事を希美に伝えるのか? あすかがそう訊くと……そりゃあ久美子は困っちゃうよな。ですんであすかは、「どうしてもあすか先輩は教えてくれませんでした」って言っておきなさいとの事。

 あとはみぞれと希美の問題か……。でも、教えてくれただけでも良かったんじゃないかな。スッキリしたかどうかはともかく。


花火大会

 みんなで広場で花火です。緑輝が花火を振り回してはしゃぎ、葉月が巻き添えを喰らう?w 久美子は……広場の隅で低いベンチに一人で座ってます。あんな話を聴いた後じゃなぁ……

 そこへ麗奈が、線香花火チャッカマンを持って来て、「やる?」。

 こうして線香花火をやるのは久しぶりだと、麗奈も久美子も言います。ふと麗奈は……使った花火を捨てる場所を見てます。そこでは滝先生と新山先生が何か会話していて……新山先生はどこかへ行きます。
 線香花火が終わって、久美子は、花火を捨てに行くかと訊ねますが……まだ心の準備ができていないと麗奈は言います。滝先生が一人になっている今しかないと久美子は言いますが、麗奈は、もし新山先生と付き合ってるって言われたら……とか言ってます。んな事を気にしていたらキリがないぞw
 久美子は麗奈の顔を両手ではさんでこっちを向かせ……麗奈は「行ってくる……」www 2人とも可愛いなぁw

 「あの子、滝君の事、好きなの?」と、いつの間にか横に座っている橋本先生に、久美子は「うぁ!」wwwww 久美子との会話を聞いて知ったわけではなく、視線で分かっていたそうです。さすが大人だなw

 滝が笑っていてホッとしたと言う橋本先生。奥さんが亡くなってずっと元気がなかったと橋本先生は言い……久美子は「そうなんですかー……え!?」。橋本先生も「しまった」と言い……あららら、言っちゃいましたか。

 去ろうとする橋本先生を、久美子は服をつかんで止めてますw 観念した橋本先生は、奥さんは5年前に亡くなったと言います。


それで冒頭にセミの抜け殻が映っていたのか!

 小笠原 晴香がトロンボーンによるモノマネ対決を進めている中……ん? 秀一は滝先生のモノマネをやろうとしている? 「なんですか? これ」www

 奥さんを失い、抜け殻のようになってしまい、音楽からも離れてしまい、みんな心配していたそうです。だから、北宇治の顧問になったと聞いた時は、本当に嬉しかったそうです。指導を手伝って欲しいと言われた時はちょっと泣きそうだったと。

 空中高く放り上げられた敵兵が効力射でバラバラになった時など心が躍ったそうです(それ違う話)

 麗奈は滝先生に、新山先生の事を話しているのかな? あるいは、麗奈も滝先生から、実は既婚者だって事を聴かされていたりして。


言うべきか、言わざるべきか。

 Bパート。麗奈によると、滝先生は新山先生とは付き合っていないとの事。新山先生はすでに結婚しているそうです。付き合ってたらそりゃ不倫だよなwww

 麗奈も久美子もホッとするのですが……久美子は麗奈に、実は滝先生は既婚者だって事を話す勇気はないようです。希美の事といい、いろんな秘密を知っちゃって久美子は苦しいなw
 眠れなくて、1時半ごろに久美子は外へ。以前にみぞれが落ちゲーをやってたベンチで、やっぱり言うべきかなと悩んでいると……どこからか、「だから何でもないって言ってるでしょ」との声が。振り向くと……

 中川 夏紀が優子に何か確認しようとしているみたいです。こちらも、何かをハッキリ言うかどうかで困ってる? 夏紀は、なぜ希美が部に戻っちゃいけないのかを優子に訊ねているようで、優子はとても答えづらそうにしている? 久美子は気づかれないように接近w

 しかし優子はすぐに誰かがいる事に気づき、夏紀には真相をしゃべらずに去ります。優子がこっちに来るもんだから、久美子は慌ててその場を去るw
 優子が階段を下りて横を見ると……になりきっている久美子の姿(噴飯)。優子は「話がある」とばかりにあごを動かし……


香織先輩マジ天使!(by 優子)

 優子は久美子にジュースをおごりつつ、私の事が嫌いかと訊ねてます。嫌いというか苦手というか……とか口にしてまた口をふさぐwww
 まだトランペットのソロの事を引きずっているのかと優子は言い、今でもトランペットのソロは中世古 香織が吹くべきだと思ってるそうですw

 それはともかく……今の2年生は去年に色々あったと言います。優子も吹奏楽部をやめようかと何度も思ったそうですが、その時に応援してくれたのが香織先輩だったそうです。
 んで、どこまで立ち聞きしてたのかを訊いてくる優子。困った久美子ですが……


コンクールはない方がいい?

 場所を研修室に移し……久美子は、あすか先輩から聞いた話を優子に伝えたようです。その話は夏紀にはナイショにするように久美子に言う優子。もし夏紀が、みぞれが希美についてトラウマを抱えている事を知ったら、純粋に希美を部に戻したい夏紀はどうしたらいいか分からなくなるだろうとの事。

 夏紀といがみあってる優子ですけど、ちゃんと考えてるなぁ。

 久美子は優子先輩に、コンクールって嫌いですかと訊ねてます。コンクールって何だろうなと久美子は言い……優子は、納得行かないことはあると言います。今でも南中学のコンクールの結果は納得しておらず、でもそれは結果が悪かったから。結果が良ければ納得していた気がするとの事です。
 ふざけてやっているわけじゃない。みんなは夏休みをつぶして練習している……。でもコンクールというものは容赦なく優劣をつけてくるわけで、金銀銅……と。
 南中学校は『ダッタン人の踊り』を演奏したわけですが……この曲を自由曲に選んだ時点で難しいとか、演奏以前の問題だとかを、演奏する以前に評価シートに平気で書かれていたりとかしたそうです。

 理不尽でしょと優子は言い、久美子は、じゃあコンクールなんてない方がいいと思ってるのかなと訊ねると……そう思った事はあると言う優子。
 レコード大賞はお金で買えるしな!(放火)

 かと言って、去年のようにみんなでのんびり楽しく演奏しましょう……というのが良いかというと、そんな事もなかったそうです。上を目指してがんばっている1年生よりも、さぼっている3年生がコンクールに出る……というのが引っかかったそうです。そう思うのが普通だよな。

 ところが今年は実力主義。それなりに色々あったけど、本気で全国大会に行こうと思うのだったら、上手い人が吹くべきだと優子は言います。

 結局、コンクールに出る以上は、好き嫌いに関係なく、金がいいって事なんじゃないかと……優子はぷんすかしながら言ってますw


バイクは排気量がすべてじゃないよ(by ゴールドウィング乗り)

 部屋に戻ればもう4時。そろそろ東の空が明るくなる頃です。久美子がふとんに入ると……麗奈は、どこに行ってたのかと。「塚本?」「なんでそうなるの」(窒息)。

 久美子は麗奈にも、コンクールってどう思うのかを訊いてます。麗奈は、音楽は金銀銅と簡単に評価できない人はいるけれど、あれを言っていいのは勝者だけだと麗奈は言います。あぁ、頂点に達したからこそ「力がずべてじゃない」みたいな事を言う事はあるよねー。ブルース・リーとか、宮本武蔵とか。
 下手な人がそれを言っても負け惜しみでしかなく、だから結局、上手くなるしかないと麗奈は考えてます。それに、たくさんの人に聴いてもらえる機会はそんなにないし。

 だから麗奈はコンクールが好き……と言うか、ポジティブに捉えたいと思っているそうです。

 「そっかー……」と久美子は天井を見上げ……もう麗奈の寝息が聞こえるwww 早っwww


朝練

 結局全然眠れなかった久美子。ユーフォを抱えて外に出て……ユーフォの音? あすか? 夏紀? 音のする場所に行ってみると……あすかでした。
 多くの感情が込められているようなその音色に、久美子はしばし聞き惚れてる感じ。あすかは何を思いつつユーフォを吹いているんだろうな。

 ……昨日の麻婆豆腐は美味しかったとか(そうなのか?

◆今日の睡眠:歳を取るとホントに睡眠時間が短くなる(切実)。

日記メニューに戻る


トップページに戻る