2017年01月31日(火)23:11

魔道の都

 AT-X、グイン・サーガ、第4話。黒竜戦役により、パロの首都であるクリスタルは壊滅状態。モンゴールの兵が軍事的支配している中……

 ルナンはナリスに、市民にとっての希望は、リンダレムスアルド・ナリスが生きていると信じる事だと言います。
 もちろんこんな事態をナリスが許すはずもなく、モンゴールへの報復を考えているのですが、今はまだ耐える時。多くの建物が破壊されていますが、ヤヌスの塔はまだ無事のようです。

さて、脱出できたのはいいけれど……

 セム族の襲撃から逃れるため、スタフォロス城からケス河に飛び込んだ4人ですが……イシュトヴァーンは、気を失っているリンダを抱えて陸へ。イシュトヴァーンは、あと10年もすればリンダを巡って戦争が起きるだろうと予想してます。気がついたリンダは……「無礼者!」www

 俺は味方だと言うイシュトヴァーンに、グインは「その男の言う通りだ」と答え……レムスとスニを抱えて河からあがってきます。

 レムスとスニもようやく気づき、まずは食事。グインとイシュトヴァーンは長剣を持っており、これならいくらか安心。イシュトヴァーンは、グインの頭が仮面ではなく本物である事に驚嘆。それはそれとして……

 これからどうするんだと問うイシュトヴァーンは、俺もモンゴールから追われている身だと言い、味方である事を信じろと訴えます。

 リンダは、アルゴス(パロの南南西にある草原の国)かケイロニア(北方の軍事国家)に行くつもりだと言います。アルゴスには、パロの王(アルドロス3世)の妹が嫁いでいるようです。

 これからグインはどうするのか? グインは自分の出生を知るため、アウラとは何かを突き止めたいようです。

南方ルートでアルゴスに向かおう

 「じゃあ決まりだな」と言うイシュトヴァーンは、運が良ければスタフォロスのいかだがあるだろうと……ケス河を下ろうと言います。レムスはそれは危険だと反論。ケス河は暗黒の河とも呼ばれており、これはリンダも同意。でも、河を下ってどうするのか? イシュトヴァーンは、まずは港町であるロスへ行くつもり。そこで海を渡る商船に乗り、あとはどうとでもなる……そのままアルゴスに向かってもいいし。
 グインは、俺が怪しまれることなく商船に乗り込めたら……の話だと。もっともだと笑うイシュトヴァーンは……アルヴォンからの援軍が来るまでに移動しようと言います。

 んで、結局どうするのか……。まずはいかだを探す事に。スタフォロスの地下の穴倉にいかだがあるかの確認からです。

見えない力

 突然、ケス河から豪快な音が! ケス河に棲む怪物、ビッグマウスです。そんな河を下る事になるのですが……いかだが見つかった模様。いかだっつってもスタフォロスにあったものなので、それなりにちゃんとした小舟ですけど。
 ケス河の水は澄んでおり、とても怪物がいるとは思えないのですが……リンダが河を見ていると魚が飛びついてきた! すかさずグインが剣で刺すw
 グインは、この河は底が見えないほどに深く、底が見えたら注意せよとの事。それはそう見せかけた何かの生き物だと。

 イシュトヴァーンは、グインの豹頭を見ているとイライラするとの事。リンダは、グインだって好き好んでこの姿でいるわけじゃないと反発。イシュトヴァーンは、グインが嫌いとかではなく、巨大な何かに運命を操られている感覚が気に入らないようです。グインがこの姿である事も、その見えない巨大な力によるもの? それってこの世界で言うヤーン(神)の思し召し?

 その頃……スタフォロスが落城しているのを確認する者が。モンゴールの公女、アムネリスです。

運が開く前にビッグマウスの口が開く

 イシュトヴァーンはリンダに、光の公女って知っているかと訊ねます。もしかしたらリンダがそうかもしれないとイシュトヴァーンは言うのですが……リンダは「?」。もし私が光の公女としたらどうするのだと訊ねると……イシュトヴァーンは、俺に運開きをしてくれるはずだと言います。それ以上の話はイシュトヴァーン自身も知らないようですが……そうどこかの預言者に言われたようです。

 ……ビッグマウスが襲って来たー! 河に落ちたら最後、丸飲みにされます。大波を立てて接近するものだから、その波でいかだは振り回され……一番小柄なスニが河に落ちた! 最も軽量だもんなwww グインが櫂を出してスニを捕まらせて……上に振ってリンダの懐へw グインは櫂でビッグマウスの口の中にある顔を突き、何度か殴ってどうにかして追い払う事に成功。

 ふとグインが見上げると……そこには先ほどの騎乗の女性が。グインは、それが誰なのか知るはずもなく、いかだはそのまま河を下り……

モンゴールの公女も驚く半獣半人

 先ほどの騎乗の女性……アムネリスはアルヴォン城へ。そこにはリカードがいて、アムネリスの来訪に驚いてます。ヴラド大公の代理でもあるアムネリスがなぜここに来たのか……。それについてはまだ何も聞くなとアムネリスは言います。何か極秘の軍事行動のようです。

 アムネリスはリカードに、ケス河で奇妙なものを見たと言います。1つのいかだがケス河を下っていて、男が2人、子供が2人、セム族と思われるものが1人。男の1人が妙で、首から上が豹だったと。正体を探るべく、すでに部下を向かわせているようです。まぁ、その様子からして知的生命体である事は確かだし、そりゃ気になるよなw

もうすぐ夜になるし、モンゴール兵が来るし……

 夕刻になり……静かすぎると言うイシュトヴァーン。先ほどのビッグマウスどころの騒ぎじゃなくなると言い、これもまたイシュトヴァーンの勘。レムスと同じ歳にはすでに剣を振っていた歴戦の持ち主だもんな。
 このまま夜通し河を下るつもりかとグインに訊ねると……グインは、怪物が本領を発揮する時間帯に河にいるのは自殺行為だと考えており、日没までには岸に上がるつもりだと言います。イシュトヴァーンも同じ考え。

 すると……岸にはモンゴール兵の騎馬隊が。1個小隊を成すほどの数で、武器も手にしてます。このまま矢を放ってくるのか?

リングワーム

 Bパート。モンゴールには5つの騎士団がいて、白、黒、青、赤、黄。白は大公を守る旗本部隊。総指揮は一人娘のアムネリス。こんな辺境にたとえ1個小隊でも現れるわけがないとイシュトヴァーンは言います。騎士団を率いるヴロンは、いかだを岸によせろと言い、さらに矢を放ち……
 その矢を素手で受け取ったイシュトヴァーンwww さすが戦歴が長いだけあるなwww 「撃ってきやがった」とイシュトヴァーンは言い、グインもリンダたちに伏せるように言い、いかだを進めます。

 白騎士団はなおも矢を放つのですが……こんな時にビッグマウスが出現! 大波のせいでイシュトヴァーンも立っておられず、グインはビッグマウスに飛び移って長剣で攻撃。その皮の厚さにグインも驚いてます。

 ビッグマウスは崖に激突。すると……崖から何かヘビみたいなのが出てきたー! イシュトヴァーンによると、それはリングワーム。そしてケス河の底には……リングワームの巨大な本体が! グインは岩を飛び移りつついかだに戻ってます。

 ビッグマウスはリングワームに捕縛されて消化されつつあり(滝汗)、さらにリングワームの1本がいかだを粉砕。5人はどうにか岸に上がるのですが……
 いかだも破壊され、対岸にはモンゴールの騎士団、そしてこちらの岸辺は……怪物だらけの土地、ノスフェラス。ビッグマウスでも怖いのに、さらにリングワームがビッグマウスを捕食する辺境。ノスフェラスに行こうものなら……ねぇ(汗)。

 ここで地理的な補足を……。ケス河は西北西から東南東に向かって流れる河で、この南岸にノスフェラス城やアルヴォン城があります。ケス河を挟んで北東にはノスフェラスと呼ばれる不毛地帯が広がっており、もちろん怪物だらけw
 ノスフェラスは緯度的には軍事国家ケイロニアの東北東にあるので、かなり涼しい気候のはずなのですが……とある事情でノスフェラスは砂漠地帯にして怪物だらけ。

 ノスフェラスは実は元々は緑豊かな土地であり、カナンと呼ばれる大きな国があった場所なのですが、それが一夜にして不毛地帯になっちゃったという経緯があります。その秘密はノスフェラスの中心と言われているグル・ヌーと呼ばれる場所にあり、近づくだけでの死ぬってゆー瘴気に満ちた場所。

 そしてこのグル・ヌーにこそ、グインの出生の秘密が隠されています。

ノスフェラスいいとこ一度はおいで

 引き返してきた白騎士隊に、アムネリスはぷんすか。アムネリスの極秘任務とはリンダとレムスの暗殺であり、そうと知っていればケス河を越えてでも追っていたと隊長は言うのですが……まぁ、もう遅いよな。
 アムネリスはリンダとレムスを追うべく、リカードに、魔道師のガユスを連れて居室まで来るように言います。

 その居室でアムネリスは……騎兵隊を増やして自ら指揮してノスフェラスに言うと言います。公女がノーマンズランド(=ノスフェラス)に乗り込むことにリカードは反対。

 アムネリスは、この度のモンゴールによるパロ攻略は、父であるヴラド大公の独断によるもの。国としてのバランスが危ういユラニアクムは、手を携えてモンゴールを叩くだろうと見ており、だからこそモンゴールにはノスフェラスが必要だとアムネリスは説明。後方の守りという意味でもノスフェラスを抑えておく意味もあるのですが……

 アムネリスは、これは金蠍宮(モンゴール政府)でも最高機密だと前置きしつつ……ガユスにこの先の運を占わせており、あまり良くないとガユスが回答。おかしな配置になっているとの事で、出会い、変化、運命……。

 えぇ、これからアムネリスは散々な不運に遭遇するハメになっちゃうんです。

みんながノスフェラスにやってくる!

 夜になり、グインたちはたき火をして過ごしてます。いかだは破壊され、武器も失い、最初の計画(ロスから船でアルゴスへ……)も台無し。グインは、引き返してもモンゴール兵がいるのだから前進あるのみだと言います。スニが何かを言うのですが……グインには分かる!? スニは、礼をしたいので村によって欲しいとの事。その後でラク族の者たちが案内するとの事です。

 イシュトヴァーンは、グインの故郷はノスフェラスだったんだと言います。化け物の故郷はノスフェラスに決まっているのだと。

 故郷どころか、この地をノスフェラスにしたのは実は……なんだけどな(何

 金蠍宮では、ヴラド大公に、アムネリスが行動(リンダとレムスの暗殺)を始めた報告がされます。アムネリスの身に何かあってはならないと、ローザン将軍は独断で増援を送ったとの事。心配ないとヴラドは言います。

 その頃、アルヴォン城では……こりゃまた何千人という兵士が集まったものだ!(原作でも相当な数が集められてます) 夜だろうとケス河を渡るつもりのようです。

 イシュトヴァーンは、サルの村に世話になるのは断ると。ドール(悪魔)の名にかけて……とまで言い、リンダは、軽々しくドールの名を呼ぶなと。ドールが怖くて戦えるかとイシュトヴァーンが言うと、リンダは、あなたがいると無事で終わる旅も無事じゃなくなると言います。

 イシュトヴァーンは、『紅の傭兵』など以外にも、災いを呼び寄せる男とも呼ばれていると言います。

 実際にイシュトヴァーンによって、モンゴールが大きく揺れる時が来ます。

 これにはレムスも納得w 「なに?」とイシュトヴァーンは言いますが、レムスは「自分で言ったんじゃないか」w

悪い予感がするのう

 リンダは焚き火の炎を見ていて……未来が見える!? 預言者としてトランス状態になったリンダは……イシュトヴァーンに、災いは常に近くにあると警告。災いは自身に返るのだと言います。イシュトヴァーンの災いの星を消すほどに強い、獅子の星が勝利を締めた時、初めてイシュトヴァーンは安らうのだと。

 不吉な予言にイシュトヴァーンは「冗談じゃねぇ!」と突っぱねてます。んで、獅子の星とは……まぁ、おおよそ見当がつくよなw そして……実際に原作100巻を超えたあたりでそうなります。

◆今日のネコ科:威厳がwwwww

2017年01月30日(月)22:58

ブラック企業のTEN2

 AT-X、ナゾトキネ、第3話。

 会社の近くにいい店を見つけたようで、網野 解音水上 郷華山墨 芳英の3人組はランチを堪能中。
 ……と思ったら、何だか解音は憂鬱? やっぱ男でしょと芳英は言うのですが……解音は否定。今日は午後から仕事が山盛りっぽいから終電までに終わるかなー……と考えていたんだそうです。
 郷華は、社長から期待されているのだと言います。信頼されている社員に仕事は集中するものだと。実感ないと解音は言うのですが、期待されているでしょと芳英は言い、そういう所は鈍感だよねとw

 やる気が出てきたと言う解音に、郷華も芳英も「いや、いつも出まくってるよ」w

ソーティング

 結局、夜遅くまで仕事が続き、時刻は23時51分。終電は0時02分であり、急いで立川北駅に向かい……間に合った模様。モノレールの中でスマホを見て、新作のアクセサリーをチェック中。すると……

 モノレールごと異世界に突入!? 解音以外の乗客も巻き込まれたようですが、その乗客たちは時が止まっているかのように動かない? ……いや、何だかモゴモゴしゃべってるけど、意識がはっきりしていない?

 中空に『順につなげ』と文字が浮かび、数字と線分が書かれた3枚のパネルが出現。白く『1,2』と書かれたパネルが1つ、黒く『3』と書かれたパネルが2つ。これを順につなぐ?

みんなで脱出

 そこへハッチンが出現。クイズンが開いてしまったからにはやるしかないとの事。
 分かってるという解音は、また制限時間は5分かと訊ねてます。今回はちゃんとスタートの合図をすると言うハッチン。って事で、また変身です。

 周りをよく見て欲しいと言うハッチン。漂う乗客たちが何かをしゃべっているのですが、よく聞いてみると駅名を口にしている? ハッチンは、クイズンで能力を発揮できない生物はクイズンの一部になるのだそうです。
 もちろん、解音がクイズを解けば、巻き込まれた人たちも元に戻るそうです。解音は、私だけクイズンから脱出して、この人たちが出題パーツになったまま出られないとかになったらどうしようかと思ったそうですw

 ではクイズに入りましょう……って、今日はここで終わり?

今日のクイズ

 ラストの問題ですが、円状に文字が並んでます。文字は全部で12で、ちょうど時計の文字盤のように配置されています。12時の位置に相当する箇所から右回りに、『ヨ手タタキ麻織ノ服スクシ』と並んでいるのですが……下には『ヒント:トキネガ会社ヲデタノハ?』と、1文字ずつ鏡文字になった文があります。

 会社を出たのは23時51分。それぞれの数値を文字盤にあてはめて読むと……タタ麻手? 同じ配列で読み進めて行くと、織ノス麻、クシ手服……訳分からんw

◆今日のブラック化:さて、使用者にはどんなペナルティが科せられるやら……

2017年01月29日(日)20:41

生産性が高そうなパーツ

 MG MS-06J(地上用ザクU)、右腕の組み立てを進めてます。今回は装甲類の塗装。RLM02グレーで塗装しまくりです。これが終わったら、スミ入れをして、デカールを貼って、汚し塗装をして(角っこを銀色でこすったり)、最後につや消しクリアを吹く……面倒だなぁw

 
右肩のシールド

 旧キットでは。このシールドの裏面は、黒70%白30%。しかしこのキットでは薄い緑色。旧キットで言えば、白80%緑20%黄色ごく少量。分かりにくいよねwww

 これはまだ調合しやすい方で、胴体の色なんて、白45%黄色25%緑20%黒10%だもんな。色を作るたびに色が全然違ってしまうのが当時のソリューション(←ちっとも解決してねーよwww)。

◆今日の緑色がイメージのキャラクター:僕は好きだけどなぁ……。シャロとの組み合わせが好き。

2017年01月28日(土)19:00

武器はないのか武器は

 MG、νガンダム Ver.Ka、肩とハイパーバズーカのパーツの塗装です。

 腕の一部に、まずはイエローで塗装して、さらに一部をブルーFS15050しないといけないので、一旦はで塗装しないといけないんですよね。せっかくなので他に白で塗装する必要なパーツも塗装しようって事で、肩の組み立てにかかります。
 白で塗装して、デカールも貼ってつや消しクリアで仕上げをして……

 
肩のパーツ

 白で塗装するなら……って事で、武器の組み立てにも着手。ハイパーバズーカを作る事にします。これも白とかブルーFS15044で塗装して、デカールを貼って、つや消しクリアで仕上げをして……

 
ハイパーバズーカのパーツ群

 ……ガンタンク、どうするかなぁ(まずはガンダムを仕上げろ)。

◆今日の武器:グロック19が使い勝手が良さそう。

2017年01月27日(金)18:33

天使だってゲームをする……うか様だってゲームをするんだものw

 AT-X、ガヴリールドロップアウト、第1話。

 天使学校を首席で卒業という、優秀な成績のガヴリール。ガヴリールに限らず天使たちは、卒業後は下界で人間の学校に通い、修行を積むのだそうです。人間とはどういうものなのかを学び、一人前の天使になって天界に戻るそうです。
 ガヴリールを慕う後輩のタプリスは寂しそう。友だちのラフィエルとは、下界でも同じ学校に通うことになっているようです。

 人々を幸せに導く立派な天使になる……そう心に誓うガヴリール。

 下界では、さっそくアパートを借りて、部屋を掃除して、スーパーで買い物をしたり、料理をしたり。

 公園でゴミ拾いなど奉仕活動もやってます。近所からの評判も良い感じ。

 下界の学校では入学式も終わり、宿題を済ませて……「たすけてー」の声が?

 声はノートPCからのようで、ネトゲのキャラがモンスターに襲われた模様。これも人間を知るためになるのかなと、ゲームを覗いてます。人々を癒すプリーストを職業に選び、さっそくゲーム開始。傷ついたプレイヤーを治癒すると……あなたこそ天使だと礼を言われ、正体がバレたんじゃないかと焦るガヴリールwww
 ダメージを負ったプレイヤーは他にもいて、ガヴリールは次々と治癒。喜んでもらえてガヴリールも嬉しそう。次々と人々を助け……もう治せない? ゲージを見ると、MPがゼロ。どうすればいいのか困っていると……

 『聖天使の杖』が1500円で売られています(噴飯)。天界からはお小遣いもあるのですが、かと言ってこういうのを買うのは……。そうガヴリールは悩むのですが、次々と傷つくプレイヤーを見ていて、つい『購入』をクリック!

ドロップアウト

 そして……すっかりゲームにハマったガヴリール(滝汗)。部屋はゴミだらけで、CDもちらかってるし、参考書とか教科書も散らかしっぱなし。朝からゲームをやっているようです。

 そこへ悪魔のヴィーネが来て、ネット回線を槍で物理的に切断www カーテンを開け、ガヴリールは「目が! 目がー!」www ヴィーネは、天使がそんな事じゃダメだと。悪魔なのか?www

 ガヴリールは、今ヴァルハラ王国が危機的状況なのだと説明。天使とあろう者が民を見捨てる事などできないと。しかしヴィーネは、天使ともあろう者が朝からネトゲをやるなとw それより学校には行かないのかと言うと……今日は休みだと聞いているガヴリール。それどこの情報だwww 適当にウソを言ってるだろwww

 ヴィーネは、初めてガヴリールに会ったことを思い出してます。が……今では、人類なんて勝手に滅んでくださいって感じのようで、ヴィーネは「こいつ本当に同一人物か」www 髪なんてボサボサだもんなwww

 天界には帰らないと言うガヴリールは、人間界でずっとこの生活を続けるとの事。こっちの娯楽に触れて気づいたようで……天界で優等生だった私は偽りだったとwww 自分を押し殺していただけで、本当の私は怠惰でぐうたらな……救いようのない駄天使だとwww 堕天使じゃなく駄天使かwww

 ヴィーネは学校に行くのですが……だらけすぎて天界に強制送還にならないようにと言います。

 ガヴリールは、そんな囁き程度じゃ私は動かないと言いつつ……今日は気が向いたので学校に行くようです。

ゲーム以外でもアイテムを使用

 玄関を出て……歩くのが面倒臭い? 神足通を使うようで、これは、行きたい場所に一瞬で行ける技だそうです。下界の人には見られないようにしないといけないのですが……要は、見られなきゃ犯罪じゃないとw
 さっそく使うのですが……「教室に移動させて」www それじゃ目撃されるだろーがっ!www ……あれ? 元の場所から変わってない? 失敗した?
 ぱんつだけが移動できたようです。なんと器用なwww 男子生徒たちが拝むwww(もちろん女子たちは呆れる)

 夕方……ヴィーネは、アパートで引きこもっているガヴリールを発見。ぱんつデビューがショックで引きこもり? こうなったら……と、ガヴリールは『世界の終わりを告げるラッパ』を持ち出し、目撃者を全員消す模様。

 ヴィーネは「落ち着けこの堕天使ー!」www

超弩級

 Bパート。また変なキャラが出たwww 名はサターニャで、下界で悪い事をしまくるようです。って事で……PETボトルを捨てる時、キャップを分別しないで捨てて悦に浸ってます。小さいなwww

 そこへガヴリールがジュースを飲みつつやってきます。ジュースがマズいようで、まだ中身が残っているのにゴミ箱に投げ入れようとして…入らないwww しかも廊下にジュースがこぼれまくってます。
 サターニャは、いくら何でも天使だから放っておかないだろうと見ていたのですが……ガヴリールは遠くに去るwww サターニャはガヴリールを引き止めてゴミ箱のところまで連れてきて、始末しろと。

 ガヴリールはジャンケンをして、サターニャが負けて……なぜ掃除をするハメにwww

 サターニャはトイレの中で、ガヴリールについて考察。よく学校を休むし、遅刻はするし、授業中にゲームをするし、教科書に落書きするし(落書き吹いた)。悪魔としては、ガヴリールを上回る悪事をしないといけません(?)。例えば……ガヴリールがイスに座ろうとしている時にイスを引くとか。「我ながらなんて恐ろしい事を」とサターニャは悦に浸って震えるwww しかもこれは超弩級悪魔行為だそうで、地獄からの追放もあり得るのだそうです。

 ですんで、この恐ろしすぎる行為は今日は使わないそうで、とっておきの行為でガヴリールを攻撃する模様。

 ……トイレットペーパーがない! サターニャは人間のS級の悪魔行為に憤慨www 「誰かいませんかー!」www

天使らしくない天使、悪魔らしくない悪魔。

 あの担任は恐ろしいんだから宿題くらい見せてくれてもいいだろうと、さも当たり前のようにヴィーネに言うガヴリール。ダメだこいつwww ヴィーネは、自分でやらないと意味がないと注意。
 ヴィーネは宿題を教えようとするのですが……

 そこへサターニャが来て、宿題をやっているようじゃまだまだだと笑います。宿題なんてやらないと大っぴらに喧伝するサターニャですが……ヴィーネは無視してガヴリールに宿題を教えるwww
 聞けとばかりに騒ぐサターニャに、ガヴリールは「うるさいなぁ」w サターニャも宿題をやらないと先生に怒られる……と、ヴィーネも注意するのですが、先生が怖くて悪魔をやってられるかとサターニャは開き直り。高笑いをしているのですが……

 先生ってのが、スキンヘッドサングラスwww 「宿題集めるぞー 後ろから送ってこーい」。ガヴリールは何とか間に合った模様。しかし……サターニャは宿題なんてやらないと言い、詫びる気持ちもないと言って高笑い。クラスのみんなが呆れ、ヴィーネは頭痛が痛そうな表情。ガヴリールは冷めた目でサターニャを見ていて……

 バケツを持って廊下に立たされて泣くサターニャwww 弱いなwww

 教室内で凹むサターニャを見て、ガヴリールはヴィーネに、私よりあのバカを何とかできないかとw

あの時の掃除に勤しんでいたガヴリールは何だったのか

 Cパート。今日は学校は休み。ガヴリールは朝から「自動更新シャットダウン、ウザっ。死ねよカス」www

 チャイムが連打され……ヴィーネが叫ぶwww 10時から買い物の約束だったでしょうと。こんなに朝早くから……と思ったら、正午を過ぎてる(汗)。そりゃヴィーネも怒るわな。

 居留守を決め込もうかと思ったら、ヴィーネが入ってきます。合鍵を作っておいたと言うヴィーネに、犯罪行為だと憤慨するガヴリールは「悪魔か!」と言うのですが……ヴィーネは悪魔だよー。
 2時間も駅前で待っていたと言うヴィーネ。そこは帰ろうよとガヴリールは言うのですが、入れ違いになったら悪いと思ったそうです。律儀なwww

 なぜ来なかったのかと問うヴィーネに、ガヴリールは、部屋の掃除をしていたら夢中になったとの事。適当なウソを言うなwww それはいいとヴィーネは称賛しますが……部屋がちっとも片付いていない。掃除は苦手だと言うガヴリールは、買い物に行こうと言います。欲しいヘッドセットがあるそうですが……そんなもん小遣いで買うのか?www
 ヴィーネは槍を出して「や・る・の・よ」と笑顔で威圧www

マグネットコーティングされた物は特にG3と呼ばれる

 部屋の掃除を進め、ヴィーネは……ガヴリールは本当は天使ではないんじゃないかと。天使だと主張するガヴリールは、その証拠に天使の輪があると言うのですが……真っ黒
 堕天使をやってみようかとガヴリールが言うと、それは悪魔になるという事だとヴィーネは指摘。

 ガヴリールはヴィーネに、自分は悪魔らしくないという自覚がないでしょと指摘。……ヴィーネ、ショックを受けた?www 真面目で世話好きで、困っている人がいたらほっとけない。
 どうすれば悪魔らしくなれるのかをガヴリールに訊ね、ガヴリールは、それを天使に訊くのかとwww 誰かをスパッと殺っちゃえばと言うガヴリールに、ヴィーネは「悪魔か!」www

 だったらサターニャに訊けばいいだろうとガヴリールは言うのですが……廊下に立たされて泣いている光景を思い出し、ガヴリールもヴィーネも「 」www

 そこへ……ゴキブリが出現www ガヴリールはゴキブリを見るのは初めて。教科書を丸めて叩こうとするのですが、Gはすばやいからなw Gはヴィーネに近づき、泣き叫ぶヴィーネは槍でGを攻撃。部屋ごと吹き飛ばしてます(汗)。ガブリールは「きれいに片付けてくれたな」www

 ……ヴィーネは「悪魔らしく他人に迷惑をかけてみました。てへっ」。良かったな悪魔らしくできてwww

○○○○○○のおもちゃ!

 Dパート。人間界に来たラフィエルは、人間界での生活が退屈な模様。何か面白いことはないかとため息をついていると……いつも同じイヌにメロンパンを奪われているらしいサターニャが、またメロンパンを狙われて騒いでますw
 面白そうだとラフィエルは目を輝かせ、彼女は素晴らしいオモチャになると本能が告げているそうですwww

 通りすがりの学生だと名乗る(?)ラフィは、サターニャに、どのように導いて(いじって)って欲しいかと。いきなりそう訊ねるかwww

 サターニャはイヌをひれ伏せさえようとしますが、イヌの言葉じゃないので分からない。そこはイヌ語で話さないと……と、ラフィエルは指摘。さっそく「わんわん!」と話しかけるサターニャに、ラフィエルは「大丈夫です。伝わってます!}とサムアップしつつ……面白くて震えてるwww

 もういいと言うサターニャは、他の道を歩くとの事。ラフィエルは、大悪魔が逃げっぱなしでいいのかと煽り……

 サターニャはイヌと勝負! もう何と言うか、ラフィエルの意のままだなwww

ものまね1つでパンがもらえる! 代わりに何か大切なものを失う気も……

 学校で「取られた」www ヴィーネは「また?」www ガヴリールは、これで何回目だと呆れてます。イヌがいる場所を通る前にメロンパンを食べちゃえばいいのにな。
 変なヤツにハメられたんだとサターニャが主張すると、横から「私の事ですか?」。

 悪い天使には見えないヴィーネ。友だちになりたいとばかりに話しかけようとするのですが……

 ラフィエルはメロンパンを買ってきたそうで、これをサターニャに献上したいそうです。喜ぶサターニャですが、ラフィエルは、ひざまずいてイヌのように足を舐めたら渡すそうです。何を言っているのかとサターニャが呆れると、ラフィエルは「だって得意ではないですか、イヌのまね」wwwww

 ガヴリールはヴィーネに、話しかけないのかと言うと……ヴィーネは「ちょっと考えさせて」www

◆今日の集団:女性の集まり、恐い怖い

2017年01月26日(木)18:30

「フュージョン!」(ぺかー)

 山陰放送、魔法つかい、第48話。

 玄関を出ると、そこには魔法界の人たちが箒に乗って宙に浮いている光景が! 魔法のじゅうたんも飛んでいるし、ペガサスもいます。ついに魔法界とナシマホウ界がいっしょになった? 十六夜 リコはそうつぶやきますが……元々1つの世界だったとはいえ、こうも急に何の準備もないままいっしょになってもんまぁ。
 朝日奈 みらい花海 ことはは互いの頬をつねり、モフルン は自分で自分の頬を……押さえてアッチョンブリケ状態にw

 ジュンケイエミリーが飛んできますが、長瀬 まゆみ勝木 かなが箒に乗せてもらってます。

 いや、これは何かおかしい。あまりにも急で、あまりにも順応が早過ぎる! 融合そのものが阻止されたなんていうのも無理があるし、いったいどんな力が働いているんだ!?


理想の世界に永遠に閉じ込められるとか、そんな世界?

 ベニーギョが目を覚ますと、そこは地球を見下ろすはるか上空。そして地表が暗くなっていく光景を見て……ついに終わりなき混沌が始まったと認識。
 ん? ベニーギョは何かに気付いた?


カオス

 ジュンたち5人は、今日は思いっきり遊ぼうと話したそうです。でも今日から3学期が始まるんじゃなかったっけ? でも季節はとても冬とは思えない光景。
 さらに大野 壮太並木 ゆうとも来て、いっしょに遊ぶようです。

 みらいたち3人はポカーン。こんなに魔法があふれているのに、ナシマホウ界の住人は驚かない? もう当たり前の存在になってる? みらいはネコに魔法をかけてしゃべらせてます。なかなかの魔法だとネコがしゃべるw

 ヘリが飛んでいるのを見てジュンは、競争しようかと提案。が……そこを高木先生が止めてます。おぉ、さすが教師だ……と思ったら、ルールを守って安全にとの事。航空法?w

 ここでみらいは、混沌ってこういう事なのかと。みらい、すげー!

 ふと空をみると、低い位置の空だけが暗くなってます。はーちゃんは目を閉じて……混沌に飲み込まれる寸前で止めてくれているとの事。混沌に完全に飲み込まれるのを防いでいるのは、魔法の樹。3人は用事ができたとみんなに告げて、どこかへ向かいます。どこに行くんでしょ?


封印解除

 ベニーギョのそばにオルーバが出現。いや……オルーバの姿を借りてしゃべっているデウスマスト

 かつてこの地を混沌に変えるために力を放ったデウスマスト。眷属とは、その力によって形を有した、いわば分身
 ラブーもよみがえり……眷族の封印はデウスマスト自身にも影響が及ぶわけで、目覚めの枷になっていたそうです。
 その話にベニーギョが納得すると……シャーキンスも復活。封印が解けた今、すべてを飲み込むのだと言います。しかし、抗う者がいると。

 えぇ、魔法の樹が絶賛防衛中です。


気がつく人、気がつかない人。

 魔法学校では……教師生活60年のアイザック先生が、悪天候の空を見て、あのような変わった雲は初めて見るとの事。
 教頭先生は「教師生活40年では?」www

 そこへみらいたちがやって来たのを目撃。

 みらいたちは校長室へ。校長先生リアンがいるのですが、そこで相談。世界がくっついたと。

 今、我々は混沌の中にいる……。それが素直に受け入れられるのが何よりの証拠だと校長先生は言います。混沌の中だからこそ異変に気がつかないかもしれない……と思いきや、校長先生はなかなか鋭いな。

 ただならぬ力が押し寄せている……そこまでは感知できると魔法の水晶は言います。混沌の真っ只中っていうのはそういう事なんだろうな。
 リアンは、すでにこのような形で飲み込まれていたとは……と、想定外な変化に感嘆。「うぁー! 押し寄せて来るー!」……ってな感じで視覚などによって接近を認識できるわけじゃないので、これは厄介です。


残りわずかな力

 では、なぜみらいたちがその変化に気付くことができたのか? そうリアンが疑問に感じると……校長先生は、おそらくリンクルストーンの力によるものだろうと推測。校長先生も異変を感じていたそうで、同時に何か懐かしい……何かに守られている感じがしたそうです。みんなが自然にこの状況を受け入れているのも、そのおかげかもしれないと。

 色々と判明してきましたねー。

 ラブーたちは地表を見下ろしてます。マザー・ラパーパは始めからそこにいた……どうりで気がつかなかったわけだと、ラブーたちは納得。もういないと思ったら、力のほとんどを失いつつも樹に姿を変えて、ずっと魔法界にいたんだもんな。そして今は、世界が混沌に飲み込まれるのを防止中。しかし、かつてほどの力はなく、もう持たないだろうと予想されてます。

 魔法学校では……リンクル・スマホンが光り出し、スマホンに記された声がはーちゃんには聞こえるようです。



カオスからコスモス、ライフへ。

 大昔、何もかも秩序なく混ざり合う混沌の世界があって(ビッグバンより前の世界?)、ある時それは星々になり、現在の宇宙が始まったと。でもその片隅で、宇宙にならなかった部分……混沌のままの領域があった模様。それがデウスマストだそうです。
 宇宙物理学で言う宇宙の相転移で、古いままの空間がデウスマストになったという事なのかな?

 そのデウスマストは、星々を飲み込むほどの力を得るのですが……宇宙の誕生を超えた奇跡の存在に気がついたとの事です。その存在とは……。たくさんの命を生み出す大地……それをみんな混ぜ合わせて、ただの巨大なエネルギーの塊にして、すべてを混沌に返す力に変えようとしたらしい。
 それを退けたのが、マザーラパーパ。デウスマストを太陽の中に押し込めたそうですが……デウスマストは太陽をも飲み込んで復活。2つになった世界のすべてを自分のものにするために。
 ドンドン花やピーカンみかんが育たなかったのも、デウスマストのせい。

 マザーラパーパの力はほとんど失われていますが、残った心が見守ってくれていた……それでこうして辛うじて守られているわけです。


もう二度と会えない?

 デウスマストを追い払えば済む話かもしれませんが……元の世界に戻るかどうかは不明。いったん融合しちゃったらなぁ。無理に元に戻そうとすると、強い力で無理やり融合されたものをはがす反動は強大なものだそうです。
 双方とも無事で居られるかどうかは不明。ただ、お互いにどこまでも引き離されるだろうと校長先生は推測。もう互いの世界を行き来するのは不可能になるだろうとの事です。

 もちろん、カタツムリニアでも往復は不可能。

 現実の世界でも、銀河系は重力によってその形を維持できても、銀河団どうしは離ればなれになると予想されています。天の川銀河とアンドロメダ銀河は重力によって融合はしますが、他の銀河団との距離は広がる一方で、やがて自分たちの銀河以外の銀河の存在を永遠に知ることはできないだろうと……。寂しい話だなぁ。


自転が止まらなければへーきへーき

 Bパート。みらいたちはナシマホウ界へ帰り……小高い丘の上ではーちゃんは、ずっと前にみんなで見た夕日を覚えているかと言います。とてもきれいだったと。
 日が沈んだら、みんな家に帰る。でも朝になればまたみんなと会える。夕日がきれいに見えるのは、またみんなに会えると信じているから。あぁ、それはあるな。3時間後に月が落ちてくると確定した状況で、夕日をきれいだと見る事ができるかどうか……

 この先どうなるかなんて考えちゃダメだと言うみらいは、取り戻さなくちゃと……みんなの夕日を。

 同じような事を魔法の水晶も考えてます。この先はどうなるのか予想できないのですが、今できる事をやろうと。そして校長先生は……ナシマホウ界に、テレビなどを使ってスピーチ

 この不穏な空気について校長先生は、悪しき力に世界が飲み込まれようとしていると説明。けれど、希望は残されていると言います。伝説より生まれ、伝説を超え、奇跡の光で世界を照らす者たちがいる。
 必ず明日は来ると校長先生は言い、でも今はしばしのお別れ。またみんなが会える事を信じて、魔法つかいプリキュアに想い託そう伝えてます。


混ざり合うのではなく、そばにいる。

 みらいたちは魔法の樹へボソンジャンプ。私たちという命が残っている限り、混沌に飲み込まれた事にはならないと、はーちゃんは主張。今回はダイヤスタイルに変身。

 マザーラパーパーの加護がないゆえに恐れるものはない……そうデウスマストは言いますが、キュアフェリーチェは、マザーラパーパの心は私の中にいると言います。

 次々と眷属らしきものが飛んできますが、3人は次々と蹴散らしてます。際限なく飛んでくる眷属に、キュアミラクルアメジストで、キュアマジカルムーンストーンで対抗。

 でも……やはりデウスマストの力は強大。

 フェリーチェは、私の力はマザーラパーパからだけではなく、みんなから受けた愛情もあると主張。

 ミラクルは、2つの世界のみんなが仲良くできる世界に、少し嬉しかったと言います。

 マジカルは、でもその世界は待っていても手に入れられないものだと……自分の力で手に入れるのだと。

 デウスマストは、我に混じれとばかりに地球を飲み込もうとしますが……混ざり合わない! プリキュアたちは、命の輝きはそれぞれであり、1つとして同じものはないと……
 性格も考え方も違うからケンカもする。私は私……でもとなりに誰かがいてくれる。

 その言葉を受けたこともあり、残り2つの精霊がレインボー・キャリッジへ入り……

 ……って、ここで終わりかぃ!


あと2回!

 こちらでは、2月11日から次期プリキュア『キラキラ☆プリキュア 』がスタート。あと2回を残すのみとなりましたが……次回が何だか最終回っぽいサブタイトル。でもまだ最終回って言ってないし、どうなるんだ?

 エンドカード……一番右のみらいのそばには、リコやはーちゃんがいないだけじゃなく、モフルンもいません。これって……

◆今日の合体:競走せざるを得ないな!(道路交通法違反です)

日記メニューに戻る


トップページに戻る