2017年10月10日(火)23:25

とても言えない秘密

 AT-X、スカートの中はケダモノでした。、第2話。

 栄養ドリンクを飲みつつ、疲れが抜けないと嘆く小南 静歌。疲れが取れない原因は分かっています。なぜ女装しているのか!? 何が目的なのか!? それよりも、『続き』って何なのかw
 友だちからは、急に街コンからいなくなったって事で、何があったのか理由を求められてます。倉谷 奏介は、静歌が街コンに行くなんて意外そう。おとなしそうな感じだもんな。

 もちろん静歌は、あんなこと言えるわけがないとw

 友だちは、そういえば女の人と一緒にいたよねと言い、それと関係があるのかと。なかなか嗅覚が鋭いなw

まだバレていない?

 図書室の一角で何か騒がしくなったようで、何があったのかと思ったら……霧島 涼が静歌の背後から抱きついてきたwwwww 「静歌ちゃん、見ーっけ」。はい、友だちが見かけたのもこの女性(?)です。あ、じゃあ涼が実はっていうのはまだ周囲には知られてないんだw

 2人でどこに行っていたのかと問うと……涼は、せっかく仲良くなったのに静歌は恥ずかしがって……とか言い出すw そんな関係なんだと男子学生は理解w
 友だちは、別に恥ずかしがる事はないと言います。別に男関係じゃあるまいし……とw 静歌は、涼は男だと言おうとするのですが……涼が止め、約束してたよねと……「じゃあ、行こっか」。どこに行くのかなーw

 そんなわけで、涼は静歌を連れてダッシュwww

 友だちは、おとなしい静歌にはああいう友だちが一人くらいいた方がいいと言います。が……倉谷は漠然と不安を感じている模様。

こんなこと!

 女性用トイレに静歌を連れ込む涼……って、おい涼www 涼は先ほどの友だち3人について訊ね、普通に友だちだと静歌は答えてます。涼は、よく今まで変な男に食われなかったよねと。静歌は「あなたが言いますか」www 涼は静歌のスカートをちょっとめくりつつ脚を触り、あの友だちは静歌を狙っているのかもしれないと言います。「気をつけないとこんな事されちゃうよ」と。説得力がないぞーw

 涼は、この間の続きを最後までしようかと言い……

 トイレに誰か入ってきたようです。涼に身体を触られて声が出そうになr……え!? 静歌はもう服一枚にされて下半身を露出されてる!?

 つい声が出て、心配する声がするのですが……静歌は大丈夫だと答えてます。チャイムが鳴って、心配する学生の2人は講義に向かったようですが……

 静歌、もうお尻丸出しにされてるー! 息が荒い静歌ですけど……イったんだろうか?(よせw) 涼は「がんばったねー」と言いつつ、やはりここだと危ないと。静歌は平手打ちをして「最低です!」と飛び出して行きます。

 怒らせちゃったと涼は苦笑。

 ……静歌、まさか下半身を露出したままトイレから出たりしないよね? あの栄養ドリンクが、かえって変な方向にパワーを与えてしまったような気もするがw

 まぁ、涼のケダモノっぷりも分からなくもないw 僕だってイリヤと狭い部屋に閉じこもったら、最後まで行かずにはいられないだろうし(小学生です)。

◆今日の露出:正直に大好きって言おうぜwww

2017年10月09日(月)19:50

ジャンジャジャン

 AT-X、セントールの悩み、第9話。

 教室で、君原 姫乃はスマホで何かを観てます。広告に登場している人物を見て、姫乃は「カエルの人」と呼び、最近よく出るよねと。『カエルの人』はマズいと言う名楽 羌子。じゃあ何って呼べばいいんだと獄楽 希が訊ねると……羌子は、両棲類人と言います。
 ケツァルコアトル・サスサススールは、強いて言うならフランス人だと言います。カエルの人の国籍はフランスだそうです。

 このカエルの人の名は、ジャン・ルソー。子どもの頃にジャングルで行き倒れていたのをフランス人に助けられ、フランスで暮らす事に。元々頭脳明晰だったのか、優秀な成績を修め、やがては南米の貿易会社の社長へ……やがて親会社を買収して会長へ。そんな会長がCMに出るw

 両棲類人って頭がいいのかというと……教室内で上半身裸でスクワット中の小守 真猫見 豊www 何をやってんだwww 頭の良し悪しに人種は関係ないと羌子は主張www

 御魂 真奈美は、近々ジャン・ルソーがこの学校に公演に来ると言い、その準備委員に加わって欲しいと持ちかけてきます。

神を信じる一方で武器を求める……こんなの中東のどこかで見たな

 ある会社の会長室では、会長がいねむり。そこへ秘書が声をかけ、ルソー氏の来訪を伝えてます。これから説明会があるようです。

 会長から握手を求められるジャン・ルソー。ジャンが常に手袋をしているのには理由があり、どうやら粘液に包まれているがゆえに、モノや他人に粘液が触れるのを防いでいる模様。しかし、ジャン・ルソーが訪れた会社の会長は、手袋をしたままの握手は失礼ではないかと忠告。
 説明会の後……秘書は会長にティッシュを出すのですが、会長は、私の手は汚れてなどいないと警告。

 ビジネスジェットで移動中に、ジャン・ルソーはこれから向かう国の正装に着替え、ヘリに乗り換えて……あぁ、ひょっとして故郷?

 いかにも熱帯の原住民っぽい家に入ると、一人だけ変わった服を着ている者が。要人たるジャンを守るためなのか、武装している? しかしその者は、お前だって哺乳類人の格好をしているだろうと。ジャンは、私のは背広であって、相手に敬意を表するものであり、それは戦装束だとジャンは指摘。
 しかしその者は、我々は常に敵と戦っていると主張します。

 ジャンは、2つの事を確認したいと言い……まず、敵とは誰のことなのかと。そして、その装備を与えたのは誰なのか。その者は、同胞を襲う者が敵だと回答。装備を与えてくれたのは『神』との事。

 自衛に徹していると信じることにするジャン。が……その者は何だかんだで哺乳類人を敵対視しており、その事を危惧。概念的な大儀に命をかける……本当にあったのかどうかも分からない過去の栄光を求める……それこそが、哺乳類人にとっての毒。
 現実を見ないと、哺乳類人との共存は無理だと、ジャンは暗に警告。でも、現地の人たちにはすぐには分かってもらえないようです(汗)。

お熱いのはお好き?

 学校でのジャンの公演が終わり、スーは給湯室の羌子と希に連絡。メイド服の羌子と希w 真奈美が紅茶を淹れてもてなすのですが……ジャンにとっては熱かった模様www 舌がwww

ある少年の過去の話

 Bパート。ある国が軍事力を以って征圧され、逆らうものは殺され、市民の多くはどこかに連れられて強制労働。収容された者どうしのケンカも始まり、収容所が荒れてます。
 ある翼人の少年は、ケンカをやめるように言うのですが……一発なぐられ、ケンカを止めることはできず。

 そんな少年に声をかける青年。もし形態の差がなければ、世界はもっと平和になっただろう……そんなSFによくある話を話題にします。が、それはウソだと言う青年。国家、民族、髪の色、肌の色、身長、肥満か痩身か……何かが違う限り人はいがみ合うのだと主張。

 翌日……少年が疲労で倒れそうになると、班長である人馬が「罰を与えてやる」と言い、小屋の裏に連れて行き……こっそり食べ残しを上げてます。戦争が終わるまでに俺は死ぬだろうが、お前は生きろと……。いい奴が生き残ればそれだけ世界はよくなると言います。

 やがて解放軍が来て、収容されていた市民は開放されます。しかし……少年を助けてくれた班長は、仲間から縛り首にされている!? 少年も裏切り者扱いされ、殺されそうになるのですが……解放軍の人馬兵に助けられます。

 兵は少年にチョコレートを上げ、まずは栄養を摂って休むように言います。身寄りがなければ俺の故郷に来ないかと。

そうだったのか

 ……そんな過去を夢で見ていたのは、Aパートでいねむりをしていた会長! そうだったのかー! どうりで形態差別に厳しいわけだ。んで、世界を少しでも良くしようと頑張ってるんだな。

 今回はギャグはほとんど無かったし、園児も幼女も出なかったけど、見ごたえのある話でした。すごい世界観だな。

 ……紫乃御魂 千草御魂 千奈美御魂 千穂御魂 未摘が登場しないなんてー!(←逆差別?w)

ほぼ9ヶ月ぶりの大阪日本橋


◆今日の戦争:まずはザクを開発しないと……川崎重工あたりがw

2017年10月08日(日)21:28

バックパックができた

 MG、MS-06R-1A 黒い三連星用 高機動型ザクU、バックパックの組み立てと、足首の組み立てです。

 バックパックのスラスター類を、それぞれのパーツ毎のやり方で塗装して、最後につや消しクリアで「ボナペティ!」(意味不明)

 焼鉄色つや消し黒を、パーツ別に、塗装する順序(=ラッカー系、エナメル系、水性を使い分け)を考えて進行させるわけです。これは各自で考えてやるべし。
 ラッカー系だと難しいですが、水性やエナメル系は、はみ出した部分をうすめ液&綿棒で容易に拭き取る事ができるわけで、そこをうまく考えればキレイに塗装できます。また、どの塗装をする時にエアブラシを使うのか、筆塗りをするのか……についても、各自で考えるべし。

 
バックパック

 足首の組み立てにも入ります。左右で似た形状で番号が異なるっつー面倒なパターンがあり(笑)、こういう場合はまず右足を組み立てて、パーツがごっちゃにならない状況になってから左足のパーツを切り離して……ってゆー形で塗装&組み立て。って事で、けっこう時間がかかってしまいました。

 塗り分けもやったので、さらに時間がかかる……

 
足首

 
足の裏の塗り分け

 一部を金色銀色で塗装。水性塗料を使ってます。水性は気が楽でいいなwww

◆今日のバックパック:ロードデブリを作るな。

2017年10月07日(土)18:02

あんよができた

 R3(リアル・ロボット・レボリューション)エルガイムMk-U、両脚の組み立てです。

 脚の装甲パーツをエアクラフトグレーで塗装して、スミ入れをして、つや消しクリアを吹いて、パーツの加工は終了。デカールを貼らなくて済むのは楽だな!www

 
両脚ができた

 エルガイムMk-U本体の組み立ては、これでほぼ終了。残るは腹の部分だけです。

 それはそれとして……武器が大変です。バインダーの裏に取り付ける武器の数がハンパないwww ブルーFS15044で塗装しまくらないといけません。

 バスターランチャーもランナーから切り離し、組み立てては塗装して……の繰り返しになるだろうと予想。何十とあるパーツを1つ1つヤスリがけをしたり、耐水ペーパーでヤスリがけをしたりするんだぜ?www(白目

◆今日の武器:今だけ危険性をアピール……という結果になる気がする。

2017年10月06日(金)18:35

空冷と水冷

 今さらですが、AT-X、ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow、第1話。

 トゥルーデエーリカが、森の上空で模擬空中戦。エーリカは撃墜されたとばかりに森へ落下し……そのまま水浴びw 暑いから水浴びをしたかったようですが……空中なら空冷されて涼しくなると思ったけど、そうでもないのかな?
 小川に降下したトゥルーデは、エーリカの怠慢を叱咤。すると……別の銃声が? ミーナと銀髪ロングメガネのハイデマリーも模擬空中戦をやってます。

重量が増すのなら、それ以上に推力を増強すればいい(?)。

 オペレーション・マルスによって、ネウロイの巣は消滅。第501統合戦闘航空団も解散して、その半月後……
 ミーナはベルギカ王国のサン・トロン基地に駐留。この基地はミーナの指揮下となります。ハイデマリーとしても助かるようで、戦力が強化され、貯まった書類の処理もできるそうで。

 さて……

 トゥルーデはエーリカに、いつものように説教w そこへエーリカの妹のウルスラが来て、エーリカにはお菓子のおみやげ。ミーナにはアマゾナスのコーヒー豆。トゥルーデには……赤いドレスwww スカートが短いしwww ディアンドルという民族衣装だそうで、似合うと思って持って来たそうです。
 もちろん、おみやげはこれだけではりません。わざと銃身を曲げた銃(曲射銃身)、牽引式対空誘導弾、空中火炎放射器、音波砲……これ使い物になるの?(汗)
 MK214……巨大なライフルです。前回のPK5を改良したそうで、強力なのはいいんですが……トゥルーデの腕力を以ってしてもまともに飛べないほどに重いのが欠点。ですんで、ウルスラは……そのためにジェットのストライカーユニットを用意した!?

コーヒー・トラップ

 ジェットエンジンの説明を受けるトゥルーデ。しかしエーリカは、ジェットに大反対。トゥルーデは、50mm砲を運用するにはやむを得ないと主張。以前はジェットエンジンでトゥルーデもひどい目に遭ったのですが……
 前回のエンジンは、魔導力を無制限に引き出してしまうのが欠点。そこで、制限がかかるように改良したそうです。理論的には時速800kmまで安定して作動するとの事。まだテストは行われておらず、実戦までに飛んでみる必要があるわけで、トゥルーデは危険を承知で承諾。
 それでもエーリカは大反対。ミーナもきっと許可しないと言うのですが……話を廊下で聴いていたのか、ミーナは「許可します」www

 ミーナとしては、ジェットストライカーの早期実現は必要と考えており、トラブルは付き物だと。また、もしもトラブルが生じても、一度トラブルと体験したトゥルーデなら対処可能だと言います。
 ……と言いつつ、アマゾナスのコーヒーを堪能するミーナw エーリカは「買収されたなー!」www

テスト飛行

 では、さっそくテスト飛行です。急旋回や急加速はエンジンストールを招く恐れがあるので避けるように注意するウルスラ。当然、滑走距離は長くなります。また、上昇速度も今ひとつ。旋回性能も悪いようです。
 従来の戦闘スタイルとは違うと言うウルスラ。旧来の個人の技量に左右される格闘スタイルを廃して、速度を活かして敵に接近して大火力で撃破するのがジェットだと言います。

 以前の、空飛ぶ戦艦大和に触発でもされたんだろうか?w

 時間はかかるものの、一旦速度が増せばさすがの絶対速度。トゥルーデも、以前と同じ速度で飛んでいるそうですが、過剰な魔力消費を感じないとの事。

 それでもエーリカとしては不満のようです。なんでそこまでジェットを嫌うのかw

 時速800kmに達したので、次はそのまま射撃試験へ。さすがに威力はすごいのですが……崖に設置された目標に当たってません。ウルスラは、出力制御によって反動吸収が難しくなったのだと分析。

 ミーナは、まだ実戦には使えないと言います。

ツインエンジン

 トゥルーデは基地に降下し……前回のエンジンの欠点は改善されているものの、50mm砲の命中精度が致命的に悪いと報告。エンジンが反動を吸収しきれていないのが問題だとウルスラは判断。何か対策できるかとトゥルーデが問うと……ウルスラは、魔導スタビライザーと魔導アブソーバーを改良するとの事です。

 つまらなさそうにその場を去るエーリカは、格納庫に入り……新しいストライカーユニットを見て驚愕? 左右に連結されたユニットwww これはミーナも許可しており、これで出力が増すだけではなく、積載能力、上昇速度、航続距離も伸びるのだとか。ユニットの特性上、双子であるエーリカ&ウルスラが一番テストパイロットに向いているそうですw
 トゥルーデも、ウルスラがせっかく来ているのだし、たまには妹の手伝いをしたらどうだと説得。エーリカはしぶしぶテスト飛行へ……

 最初こそ順調に飛行できていたのですが……なぜかずっと不機嫌なエーリカは、急加速や急旋回。ユニットを連結している部分に無理が生じてしまい、ついに破損。2人とも森に落下してしまいます。

データの積み重ねをするのがテスト

 基地に戻ったエーリカは、ジェットといいこれといい、使い物にならない物ばかり持ってくると憤慨。しかしウルスラは、姉さまの勝手な行動が招いたトラブルだと反論。ミーナも、使えるか使えないかではなく問題点を洗い出すのがテストだと言います。トゥルーデも、テストを繰り返すことでデータを積み重ねるのが重要だと。
 エーリカは、今のユニットで充分だと主張。ウルスラが持って来た物はみんなダメだと言うと……さすがにウルスラもショックを受けた? つい言い過ぎたとばかりにエーリカは焦るのですが……ウルスラは、失敗したというデータが取れたといい、ユニットは送球に修理すると言いつつ……格納庫を出て行きます。

飛べない姉さまはただの姉さま

 Bパート。朝……格納庫にそっと入ってくるエーリカ。格納庫には誰もいなくて、ユニットもまだ壊れたまま。どうやらウルスラは、修理に必要な部品を取りに、第3補給基地まで行った模様。
 ジェットユニットを見たエーリカは……また不機嫌になってます。なんでそんなにジェットを嫌うんだよ……

 ミーナとトゥルーデは食事を済ませ、コーヒーを堪能中。そこへエーリカが入ってきて、遅い朝食にありついてます。さて……トゥルーデはあの赤いエプロンドレスを着ていて、「どうだ、ハルトマン」。胸元に手を突っ込んで力いっぱい下げたいです(50mm砲)。
 エーリカは「変なの!」と言って食事を続行。ミーナは、そんな事ないと言い、とても似合っていると……そうは思っていなさそうな声だぞミーナwww

 ……そこへ警報が! 中型ネウロイが出現したそうで、ケルン方面から西へ進行中。偵察型だと思われるとの事です。エーリカも急いで出撃しようとするのですが……ミーナはエーリカに待機を命じてます。あぁ、ユニットがまだ修理中だもんな。

 ……結局、出撃できないのって、エーリカ自身が招いた事なんだよな(汗)。

 え? トゥルーデはあの民族衣装のまま空を飛ぶの? コスプレをして戦闘だなんて、かえってテンションが上がるよな(なんで?

キュムロニンバス

 ミーナとトゥルーデは離陸。見送ったエーリカは……「ちぇっ」。

 ネウロイに接近しつつ、トゥルーデは、ネウロイは偵察型だと言っていたなと確認。ってか、

 トゥルーデの胸の谷間が気になって気になって!

 エーリカは無線を聴きつつ、川でザリガニを釣ってます。それって待機になってるのか?(汗)

 そろそろネウロイに遭遇してもいいはずなのに、目視できない? ミーナは、敵は偵察型ではないと考えたようで、ネウロイの気配がつねにあの中から感じていると言います。その「あの中」とは……積乱雲

 ネウロイは戦闘型。積乱雲の中は上昇気流が激しく、細かい氷が飛び交う視界ゼロの世界。その中に入って戦うのは無理があるというもの。
 すると……積乱雲からネウロイが出現。P-38ライトニングを髣髴とさせるフォルムのネウロイです。装甲が硬く、距離を縮めて狙撃したいところ。しかし風が強く、回避行動もできないため、それも危険。

 トゥルーデは50mm砲を使えば遠距離からでも狙撃できると考えるのですが、ミーナは、エンジンの調整がまだ終わっていないと言います。が……このままでは侵攻されるばかり。
 ミーナは、ネウロイの足止めをするのでその間に50mm砲を取りに行くように言います。トゥルーデが基地に向かって引き返すと……ネウロイが分離した!? さらに分離して、まるで多数のファンネルのようになってミーナに攻撃。どうにかして1機を撃墜したものの……いきなり中型ネウロイが眼前に出現。ミーナは風に翻弄され、その悲鳴を耳にしたエーリカは……

ジェットは急に曲がれない

 トゥルーデは無線で、ジェットユニットと50mm砲の準備を急がせます。が……エーリカがジェットユニットを装着し、50mm砲を手にして勝手に出撃。エーリカの腕力で50mm砲なんて扱えるのか?

 トゥルーデは、追ってくる小型のネウロイに対抗しつつ、基地に接近。高射砲で応戦するように言います。が……ジェットを装着したエーリカと遭遇。小型のネウロイはエーリカが撃破したものの……エーリカはそのまま直進。ジェットを御すことができないようです(汗)。

 トゥルーデは、殿は引き受けるからミーナの所へ行けと言い……エーリカは小型ネウロイをトゥルーデに任せて直進。が……エーリカが急降下!? ネウロイに囲まれるエーリカですが……誰かがネウロイを一掃。ウルスラが撃破してくれた! ウルスラはエーリカに、急加速すると燃焼不良を起こすと指摘。ウルスラはエーリカの背中に抱きついて、飛行を安定させてます。

 なぜウルスラが飛べるのか? 使用できるユニットはないはずでは? ウルスラは、胸騒ぎがしてこれだけ持って帰ったと言い……火焔型ジェットだけ持ち帰ってユニットに装着させたようです。

双子ならではの撃破

 ウルスラはエーリカに、私の言う事を聴くように言い、口から息を吸わせ、吐かせて、また吸わせて……止めさせる? するとウルスラはジェットユニットに自分のユニットを軽く当てて……ジェットの推力が上がったー!
 ウルスラは、私が機体を制御するので、姉さまは狙撃に集中するようにと言います。その加速を見たトゥルーデは、あの2人だからできる芸当だなとw

 ミーナは……地道にネウロイに応戦し、ネウロイは残り4体となってます。残弾が不安で、トゥルーデが戻るまで持つかと焦燥。中型ネウロイも相手にしなければならず、ちょうど弾切れになったところへ……エーリカ&ウルスラが到着。

 ミーナは、敵の誘いに乗らないよう、エーリカ&ウルスラに忠告。ネウロイの位置はミーナが指示するので、積乱雲の外から狙撃するように言います。ミーナの固有魔法、『空間把握能力を活かした掌握です。
 ミーナは飛行コースを指示し、狙撃タイミングも支持。すると……ネウロイの右翼に命中。ネウロイがエーリカ&ウルスラに向かって、正面から攻撃してきて……これをエーリカは狙撃。ネウロイは左右に真っ二つにされて粉砕。

まだプロペラ派?

 ネウロイを撃破し、基地に戻り……

 黒いディアンドルを着ているハイデマリー! 胸の谷間僕の50mm砲を突っ込んでもいいですか!?(46cm砲

 トゥルーデはエーリカに、これでお前もジェットに乗りたくなっただろうとwww しかしエーリカは「ぜーんぜん」。戦果を上げたじゃないかと、トゥルーデは意外そう。エーリカは、2人でなら考えてもいいといいつつ、シュークリームをほおばってます。

 ウルスラは帰路につきつつ、トラックの中で報告書を読み……笑ってます。2人で使いこなせたってのが嬉しかったのかな?w

扶桑は今日も平和

 ……エンディングのキャストに、宮藤 芳佳みっちゃんの名が? いつ出たっけ?

 って訳で、Cパート。芳佳の家にみっちゃんがやってきます。みっちゃんの縞パンは健在!(殴)

 芳佳が扶桑に帰って来て一週間。芳佳は医学を勉強中です。机の上の写真を見たみっちゃん。芳佳は、昨日、欧州から届いたと言います。その写真にはウルスラも写っていて、みんな楽しそうだとみっちゃんは言います。

 赤いディアンドルを着ているトゥルーデwww 髪を下ろせば似合うと思うんだけどなwww 芳佳は「バルクホルンさん、可愛いw」。どこまで本心なのかはともかく(待

 次回は、スピード狂の巨乳娘最年少の貧乳娘のコンビが活躍するそうです。

◆今日の高エネルギー:だっておいしいもん

日記メニューに戻る


トップページに戻る