2017年11月10日(金)19:01

移動する国

 AT-X、キノの旅 - the Beautiful World - the Animated Series、第3話。

 湖畔にて……何か困難にぶち当たったらしく、キノは、いい考えが浮かぶまでハンモックで練ることにします。寝たらいい考えを思いつくも何もないだろうwww 何かあったらよろしくとエルメスに頼んで、すぐに寝付いてます。  すると……すぐにエルメスはキノに声をかけ、キノは瞬時に地面に伏せてます。地面が揺れているでしょとエルメスが言うと、たしかに地鳴りが……。地震かと思いきや、どうやら何かがゆっくりと近づいて来ている模様。

 湖の向こうに見える山の陰から……何か巨大なものが移動中。山ほどもありそうな巨大な壁が移動している!? あれは何だと驚くキノにエルメスは、国じゃないかと。

たしかに迷惑

 移動する巨大な物体に併走するキノ。エルメスは、親指を立ててみたらどうかと提案。それは賭けだとキノは言うのですが、他にいい考えが浮かばず、親指を立ててます。
 するとその巨大な円筒形の物体から「旅人さんですか?」。入国を希望すると告げると、その物体は停止。物体は多くの履帯で移動しており、物体が通過した箇所は深さ数メートル、幅に至っては数百メートルの土木工事跡(滝汗)。なるほど、サブタイトル通りの『迷惑な国』だw
 履帯は高さ10m以上。物体の株からエレベーターが出てきて、乗用車が1台出てきます。キノも物体の下へ向かい、入国審査官 兼 案内人 兼 検察官 兼 その他と称する人物と会いますw
 キノは、これは国なのですかと確認。人が住んでいるとの事ですが……窓がないよね。中はどうなっているんだ? キノは、どこへ向かっているのかと訊ね、審査官は、平地に沿って西へ移動中だと答えてます。西……森と湖があるこの地を踏み荒らしていくのか?

 入国の目的を訊ねられ、キノは、観光と休養だと答えてます。また、今回は……いつもの2泊3日ではなく、5日から10日だと答えてます。なぜ今回は長めになるんだ?

移動を続ける理由

 案内人が案内したのは、動力炉。ここで生み出された大量の蒸気が電気を生み出し、その電気で国を動かしているのだそうです。って事は……原子力なんだろうか?
 動力炉の管理は自動で、人間はその監視。ここでの人間の仕事はキャタピタやモーターの整備や交換だそうです。

 住居エリアへ。エルメスは、やはり移動を続けるのかと質問。定住はしないのかと。案内人は、移動をする目的は2つあると言い、1つは動力炉の問題との事。移動を長時間やめると、そのエネルギーが余りすぎるそうで、それを消費するために移動を続けているのだそうです。動力炉の稼働率を下げろよwww
 もう1つは、景色。キノと同様、人々は変わりゆく景色が好きで、それで移動を続けているのだそうです。自然の景観を踏み荒らしておいて何を勝手な事を言ってんだか(滝汗)。

オール電化

 ホテルに泊まるキノ。湯を豊富に使えるようで、キノはそこは気に入ったようです。動力炉で出た熱をそのまま利用しているんだろうな。エルメスは、その水は浄化されて明日飲む水になるかもしれないと言うのですが……キノとしては全然気にならないそうなw 川の水を布でろ過して飲むよりはマシだそうです(汗)。サバイバルだなー。

 パジャマも国から与えられたもの。ベッドの上で銃のチェックをしていると……また揺れた。エルメスは、岩でも乗り越えたのかなと。その揺れはすぐに収まり……これ全体が動いているんだと、キノは改めて関心。

 エルメスは「うまく行くかな」と言い……キノは、それは4〜5日で分かると言います。これは冒頭で言っていた『問題』? どんな問題が発生していたんだろう? 山岳地帯を越えるのは無理だとか、そんな感じの問題なのかな?

 まだ日が沈んで間もないのに、もう寝ると言うキノ。エルメスが何かを言おうとするのですが、明日にしてほしいとキノは言い……消灯は音声認識www かなり高度な施設だなwww

フットプリント

 朝になり……エルメスは、昨日言えなかった事をキノに告げます。髪を乾かさないまま寝ると、翌朝凄いよとwwwww これ、キノ?wwwww

 案内人の案内で、最上階へ。太陽光を浴びる事ができる唯一の場所。唯一の場所って……その割には、外壁には窓が無いよね。キノが泊まった部屋から景色が見えていましたが、あれはモニターなのかな?

 何かが高速で飛んでいて、鳥かと思ったのですが……どうも違う。エルメスは、小型の機械じゃないかと言い……案内人は、カメラだと説明。これで周辺の様子を映し出しているのだそうです。

 そのカメラは、国が移動した跡も映し出しています。こればかりは仕方がないと言う案内人。人が移動をすれば足跡が残るのと同様だと。もちろんこれが迷惑極まりないことも承知。ですんで、また自然が復活するのを願うばかりなのだと。

 外壁のふちには何かの装置が……。外壁に壁画を描くためのクレーンだそうです。幼年学校の卒業記念に壁画を描くのだそうです。今まで旅をしてきた景色の中で、気に入った景色を描くのだそうです。女性教師が児童たちに、旅人さんが見学に来たと言い……児童たちは、上にいるキノにあいさつ。上からではどんな絵なのか分からないと言うエルメス。女性教師はタブレットに絵を映し出し、1200日ほど前に通過した景色を絵にしたのだと説明。絵を描いたら写真に撮って、保護剤を塗り、次の生徒たちが卒業する500日後まで保存するそうです。

 ……僕は『プリズマ☆イリヤ』のイリヤ紐パンが今までの旅で気に入った景色なんだ(どの世界の旅だ)。

NERV

 Bパート。次は農場を案内すると言う案内人。……ん? 街中に警報? 案内人は、進路の近くに他の国がある事を告げる警報との事。案内人はこれから指揮所に向かわなければならないそうですが……キノも見学するかと。もちろんキノも指揮所に同行します。

 指揮所……www これ、第3新東京市の地下にあるどこかの指揮所に似てないか?www そこには女性の大統領がいて、キノにあいさつ。

 行く先には、谷に横たわる巨大な壁。案内人……いや、今は外交官か。外交官は、通せんぼとか言っていますが……それはまた一方的な考えだな(汗)。

 外交官はその国の城壁にいる兵たちに声をかけ、責任者を出して欲しいと要望。すると将軍が出てきて、何が目的だと訊いてきます。外交官は、国を横切らせて欲しいと言い……もちろん将軍は、そんな非常識なことは許させないと反発。それ以上近づいたら武力を使うと告げてきます。

 「やれやれ」とばかりに苦笑する外交官と大統領。移動する国は、国の上部をドームで覆い、移動を続行。

 将軍は攻撃を開始。いくつかの砲弾が着弾するのですが……移動する国は無傷。なるほど、だから窓がないのか

 城壁の向こうには田園地帯が広がっており、大統領は……住居を踏み荒らさないで住むと言います。いや、国を踏み荒らすことそのものが異常なんだが……
 移動する国からは高出力のレーザーが照射され、城壁を破壊。人々には退避してもらうよう要望。しれっとした表情で外交官は「どいてください。轢いてしまいます」。

 将軍は、踏み潰される他の国、他の人の迷惑や被害、悲しみを考えないのかと……人としての最低限の考えも持てないのかと激怒。エルメスはキノに、あんな事を言っているけどどうするのかと、キノは「聞かなかった事にしよう」「そうだね」。ん? どういう事だ? いつものキノらしくないな。

キノが抱えていた問題が見えてきた

 指揮所では優雅に音楽を流しながらティータイム小型ミサイルが外壁に当たっているようですが、外交官は、放っておいても大丈夫だと。が……小型ミサイルは壁画を狙っているようで、教育委員会から苦情が来ている模様。
 小型ミサイルを誘導している兵が軍用車両で移動中。大統領は、あの装置だけを撃てないかと言うのですが……外交官は、レーザーが強すぎて兵も巻き込んでしまうとの事。必要以上の犠牲者を出したくないと大統領は言います。いや、すでに犠牲を出しまくってるじゃないか。命を奪わなければいいってもんじゃないだろ。

 キノは、あれだけをパースエイダーで撃てないかと言い、そんな人はこの国にはいないと外交官は辟易。するとキノは、僕にやらせてくださいと希望。

 外壁を少しだけ開けてもらい、キノは匍匐前進で慎重に外壁のふちへ移動。次々と誘導装置を狙撃し、飛んでくる2発の小型ミサイルをも狙撃。
 夕暮れになり……移動する国は、もう一方の城壁も破壊して移動を続行。将軍は、謝罪と賠償を要求しますが……外交官は、それは応じかねるといい、「では、ごきげんよう」。

迷惑の度合い

 翌日……キノはこの移動する国を後にします。キノは、これだけの力があれば、他国を攻め滅ぼすのも征服して支配下に置くのも簡単だと。しかし外交官は、それもそうだけどそれは望んでいないと言います。今でも充分にしあわせで、世界中を敵に回すのも愚かな事だと言います。ただ、昨日のような事はまれにあるそうです。

 エルメスは、それでも移動を続けるのかと訊ね……外交官は、どんな人間でもどんな国でも、ある程度は他人や他国に迷惑をかけながら存在しているものだと言います。

 その『迷惑』の度合いや程度があまりにもひどいから問題なんじゃないか……。こういう事を主張する人って、絶対に度合いというものを挙げず、でしか論議を進めようとしないよね。

実はどっちもどっちだった

 去りゆくキノとエルメスに、ゴンドラ上の児童たちは「また来てねー」と手を振ってます。その声を後にしつつ、エルメスは……「うまく行ったね、キノ」。面白い国だったと言うエルメスは、迷惑な国でもあったと評価。キノは、どっちの国の事だと言います。エルメスは、どちらの国も迷惑だと。

 と言うのも……平原を封鎖していたあの国ですが、通行しようとする旅人から金品を奪うような国なんだそうです(滝汗)。「高すぎたんだよ」と言うキノに、エルメスは「城壁が? 通行料が?」。キノは「両方……かな」。

 エルメスは、数百日後には、キノがライフルを構えている絵が壁画になると予想。キノは「それはちょっと……恥ずかしいかな」w

 次回は『船の国』。全長1200mの超時空要塞かな?

◆今日のツーリング:やっぱりカウルは必要なのかなぁ。たしかにCB400スーパーフォアはつらかった。

2017年11月09日(木)18:52

早く人間になりたーい

 山陰放送、『キラキラ☆プリキュア 』、第38話。

 今週もルナ・チタニウムの頭蓋骨で頭突き開幕!

 いちご山の頂上では、妖精たちがスイーツ作り。どこからどうやって材料を手に入れているのかは深く突っ込むのはやめよう。ペコリンが作るスイーツは、鳥用とか、虫用とか、ネコ用とか……別に何だっていいんじゃね? ってか、むしろ下手に人間と同じものを与えたら身体を壊す可能性あり(汗)。
 まだ寝ているピカリオには、アケビが美味しそうになってるとか報告してます。そこへキラリンがスイーツの差し入れ。

 ペコリンの夢は、プリキュアのようなパティシエになること。もっとスイーツの事を勉強したいそうです。じゃあ、フランスに行かないとなw

 今日はもう遅いので、キラリンはいちご山に泊まる模様。みんなで並んで寝てます。ペコリンは空でルミエルに逢う夢を見ていて、何やら魔法をかけられて……

 翌朝。ペコリンが……人間になってるー!


人間になれた理由

 キラキラパティスリーが変形するほどの驚きで迎え入れられた、バトロイド型のペコリン。本当にペコリンなのかと疑う宇佐美 いちかですが、語尾がペコなのは変わらないとw
 なぜいきなり人間になったのかと立神 あおいが訊ねると……ルミエルに逢う夢を見たとペコリンは言います。

 キラ星 シエルは「ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ 」www

 どういう事かと、琴爪 ゆかり長老に訊ねると……長老は、妖精が人間になるには精神的成長が必要との事。それなりに時間を要するのですが、いちかたちと一緒にいる事で成長したのだろうとの事。
 また、プリキュアに憧れる気持ちにルミエルが応えたとも言うのですが……これはあくまで長老の想像w まぁ、でも、当たらずとも遠からずって感じ。

 ペコリンとしては、これでスイーツの勉強ができるわけで、さっそくキラパティを手伝う事にします。


まずは往路

 冷蔵庫を見た有栖川 ひまりは、卵とバターが足りないと言います。棚を見た剣城 あきらも、薄力粉を補充しておいた方がいいと言います。じゃあペコリンが買ってくると……しかも一人で! お金を払ったりとか、大丈夫なのか!? いきなり一人で買い物って無理があるんじゃないかと……ドラマCDの翠星石なんてロクなもんじゃなかったしw
 中学生ズは、こっそり様子を見に尾行中w

 ……アイスクリーム屋に寄って行く!? ムダ使いはあきまへんで! ……おぉ、思いとどまったw

 無事にスーパーマーケットに到着。いや、まだ安心してはいけない。ひょっとしたらフルタのお菓子を買うかもしれない(笑)。


お金が無いなら身体で払ってもらおうか

 買い物中のお母さんと子どもがいて、子どもが泣いてます。ペコリンがあやしにかかるw 変ガオw ペコペコパーで……ペコリンに戻った(窒息)。もちろん尾行中の4人は戦慄www すぐにペコリンは隠れて……人間に戻った(?)w
 カートには、薄力粉、バター、卵。あとはお金を……あれ? いつの間にお金が入ったポシェットを無くした? なくすとしたら店内のはず。一生懸命探すのですが、見つかりません。
 店員がペコリンに声をかけ、落し物が届けられていないか訊ねてみようと手を引くのですが……そこへ先ほどのお母さん。ポシェットを乳母車に落としていたようです。

 って事で、無事に買い物は終了。ひとりで買い物に行ける基本スキルそのものはちゃんと身についているようです。これならペコリンに買い物を頼めるんじゃね?

 ペコリンは、ひとりで作ったスイーツをみんなに食べてもらいたいと言います。それはいいなw みんなのクッキングの様子は見てきているし、大丈夫じゃないかな。


60年代?

 ディアブルから闇の力を奪ったグレイブ。その力は車に注がれ、車は走りたくて走りたくてたまらない模様。試運転してやると言ってグレイブは車に乗り込み……

 ……メーターがアナログだな。ハンドルも木製って感じだし、意外とクラシックw


キラキラルの輪

 Bパート。ペコリンはさっそくひとりでクッキング。いちご山の奥でキラパティを開き、キッチンで……くしゃみで粉を飛ばしてしまうw そばで見守っているのはクリスタルアニマルだけで、いちかたちはキラパティの外。
 ドーナツができましたー。トッピングもできて、飲み物も用意して、動物たちといっしょに屋外でいただきます。……美味しくできているようで、何より。元々スイーツを作っていた上に、いちかたちと一緒にいたのが良かったんだろうなw それをペコリンも実感していて、みんなにお礼を言ってます。

 ペコリンが作ったスイーツからはもちろん、みんなからもキラキラルが溢れている光景に感動するシエル。

 みんなが輪になって食べているので、キラキラルも輪になってますw


やめろ○○○○じゃもたない!

 そこへブレイブが試運転にやって来たー! グレイブはハンドルの中央を蹴飛ばしてクラクションを鳴らし、キラキラルを奪ってます。あ、車をそんな風に扱うなんて許せん(そこかぃ

 そりゃもうみんな怒りまくってプリキュアに変身するわけさ。意外に基本スキルが高いペコリンが、シエルも認める美味しいスイーツを一生懸命作り上げたんだもの。

 しかし……今までとは車の様子が違っており、プリキュアたちは警戒して戦闘を始めたものの……速さ、防御力、攻撃力に翻弄されてばかり。黒い霧が竜のように襲い掛かり、プリキュアたちが圧倒されてます。

 とどめを刺そうとするグレイブの前に、ペコリンが立ちはだかった! 構うものかとばかりにグレイブは、黒い竜を突っ込ませるのですが……ペコリンの思いに応えたのか、ルミエルの力が加わって、ペコリンに強力な防御力が! ペコリンのみんなを思う気持ちは黒い竜を消し飛ばし……代わりにペコリンは元の妖精の姿へ。

 ペコリンが生み出したキラキラルは尋常ではなく、ループ状に固定化され、まるでフラフープ。これを使ってプリキュアたちは車を空中に拘束。すぐにプリキュア・アニマル・ゴーランドでグレイブの愛車を凹ませてますw

 負けたものの、試運転としては上出来だとして、グレイブは退散。


ワンダー・パーティクル

 ペコリンが人間に変身できなくなった? ルミエルからもらったキラキラルを使い果たしたから? その理由を色々と推測してみる長老は……分からないらしいw

 スイーツの勉強ができなくなったと、いちかもシエルもがっかり。しかしペコリンは、みんなを助ける事ができて良かったと言います。ペコリンのキラキラルって色々と万能だったもんな。タキオン粒子ミノフスキー粒子に並ぶすばらしい粒子かもしれないw

 そのキラキラルも作用したのか……透けて見えていたピカリオの身体が、普通の身体になりつつある!? しかも手がピクッって動いていたし……そろそろ立ち上がってよみがえって銀河に向かって飛ぶんじゃないかな(ガンダムのOPかよ

 次回はいよいよシエルがプリキュアに……って、あれ? 再放送?

 実写パートですが……これ、トッピングの難易度が高すぎだろー!www

◆今日の炭水化物:とにかく食えってかwww 食って後悔するか、食わずに後悔するか……

2017年11月08日(水)18:45

鏡の国のイツキ

 AT-X、妹さえいればいい。、第2話。

 「試験勉強をしたかったけど、大学の図書館が混んでたから、あんたの部屋を使わせてもらおうと思って」と、玄関の前で何度も復唱をする白川 京。前髪をちょちょいと整えて……「何してるんですか、みゃーさん」と可児 那由多に声をかけられて驚愕する京www

 その頃、羽島 伊月は……鏡に自分の裸体を映し、妹との何やら怪しいシチュエーションをひとりで演じている模様www ひょっとしてこれは、小説のネタを考えている?

 何度もインターホンのチャイムを押すも、返事なし。カギが開いていて、京と那由多は勝手に中へ。

 伊月はまだ鏡の前で、小説のシチュエーションを模索中。全裸じゃなきゃできない事なのか?www

 はい、那由多に写真を撮られまくってますwww ニヘラ顔の那由多はもちろん、それが小説のネタを考えている行動だと察してます。しかし京は……何をやってるのかと赤面www 那由多は、これは作家ならよくやる行動だと説明。

○○○イーター

 伊月はまた鏡の前で、全裸で小説のシチュエーションを考え中。またチャイムが鳴るので、伊月は「お前らいいかげんに……」と玄関に出ると、そこには不破 春斗がwww 「何てかっこうしてんだよ、お前」www

 喫茶店で……那由多は伊月の尻の写真をスマホで眺めてニヤニヤwwwww 京は、とんでもないモノを見てしまったとボヤいてます。那由多は、みゃーさんはお○○○なんて見慣れているんじゃないですかと言い……見慣れてるわけないと言う京w 那由多は、女子大生はみんな『しゃべるお○○○イーター』だと思っていたとの事(噴飯)。
 那由多は、じゃあみゃーさんは処女なのですかと訊ね……そんなわけないと京は言い、男なんて何人もいたと豪語。あ、これは処女だなw 何度もイかせて失神させてから破れば、痛みも少なくて済みます(何を言ってんだ)。

 那由多は、私も先輩とエッチしまくりになりたいとwww

 伊月と京は同じ大学だったのですが、伊月は半年で大学をやめているようです。どんな先輩だったんですかと那由多は訊ね……

すでに何かを書いていた

 二年前の大学。講義を聴くために京は友だちと3人で講義室へ。2人とも寝不足で、1人は急に入ったシフトのせいで寝不足。もう1人は彼氏が寝かせてくれなかったとw

 ふと講義室の眺めると……伊月がノートPCで何か作業中。友だちの1人は、あの人はいつもひとりで何かを書いていると。その光景を見た京は、大学や遊びやバイトとは別に何か大切なものを持っていると感じたようです。

   そんな事を思い出した京は、いつもノートPCに小説を書いていて、他の誰かとしゃべっているのを見た事がないと言います。

最初は最悪だった

 不破は伊月から事情を聴いて笑うw 那由多はともかく、京にとっては災難だっただろうとw また、伊月と京はなぜ仲がいいのか……接点は無さそうなのにと訊ねてます。

 伊月がまだ大学にいた頃、先に声をかけたのは京。いつもひとりで何をしているのかと訊ね、伊月は、小説を書いていると言います。小説家になりたいのかと京が訊ねると……もう小説家になっているとか。

 って事で京は、伊月が書いた小説を買って読んでみたそうです。よく分からなかったとの事ですが……なんで妹とキスをすると魔法を使えるようになるのかとwww

 返答に困った伊月は、ビッチには理解できないと言います。ビッチなんかじゃないと京は反発w つきあった事なんて一度も……www やっぱり処女じゃんwww やはりここは失神するまで攻めt(パイプレンチ

 京は、こんな変な話、誰も理解できないと言います。「残念でした」と言う伊月は、あれは10万部売れていると言い……京は驚愕wwwww 逆に伊月は京をこき下ろし、ビッチ呼ばわりして……平手打ちを喰らってますw 「そこまで言わなくてもいいじゃない」と、京は泣き出すw 講義室で注目の的となってしまい……

 ……ってな事を那由多に語る京。それ以来、本やゲームを借りたり、ファッションについて聞かれたり(小説の取材の一環?)。が……伊月が大学をやめたと知り、憤慨。伊月としては、大学に行く時間はムダとの事。京は、「せいぜい打ち切られないようにがんばってね」とヤケになって電話を切り……「絶対に離れてやるもんか」。

 え? 何? 京は伊月の事をもう好きになっている?

三角関係?

 その時の事を思い出している京は、那由多が声をかけてもなかなか気付かないw よほど悪い思い出だったんだろうなw

 私も先輩と同じ大学に行きたかったと言う那由多。京は、ホントに伊月の事が好きねと、ちょっと辟易。あの妹バカのどこが好きなのかと言うと……那由多は「全部です」。

 話は変わって……那由多は京に、今からホテルに行きませんかと言います。すぐに理解できなかった京は、「……え?」www

那由多と京の仲がよくなった経緯

 Bパート。夕刻になり、伊月の家にやってくる、義理の弟の羽島 千尋。不破はまだ伊月の部屋に居ます。

 さて、京と那由多ですが……出会った頃は、かなりギクシャクしてた?

 ホテルっつっても、実は那由多がカンヅメ状態で小説を書いてる部屋。ホテル代は出版社が出してくれているそうです。那由多は、これから仕事をするので、みゃーさんは適当にくつろいでくださいと言い……全裸になる!? これから風呂に入るのかと思いきや、那由多は全裸じゃないと仕事ができないのだとか。何その嗜好というか性癖というか……何って言ったらいいんだ?wwwww

 さて、最初は那由多は、京に対して、恋のライバルだと認識していたようです。那由多は先ほどの喫茶店での会話のように、先輩のことが好きだと明言。また、救われたとも言います。

 那由多は学生の頃、イジメに遭っていたようで、机にラクガキをされたり、教科書を捨てられたり……。学校に行かなくなり、そんな中、伊月の小説を見て、学校以外の世界を知って救われたと。

 その話を聴いた京は……急に泣き出して那由多に抱きつくw なんでその時そこに居なかったのかと……そいつらをぶん殴ってやったのにと泣いてますw

 全裸で小説を書いている那由多。京は机の上の小説を読んでいて……そんな京を見た那由多はニヤッと笑ってます。京と出会った頃を思い出していたようでw ってか、先の思い出は那由多の思い出だったんだな。

かえって自虐のような……

 千尋はチャーハンを作ってます。「いただきます」と伊月が食べようとすると、不破がストップ。チャーハンの上でピースをするように頼み、伊月がピースをすると……不破が写真に撮ってます。続けて数枚の写真を撮り……何これインスタ?www 何をしてるんですかと千尋が尋ねると、不破は、「ネットで○○アピール」www ○○って何?
 不破によると、雑誌やニコ生で顔出ししているせいで、声優をナンパしてるんじゃないかと妙な勘繰りをする者がいるんだとか。それを打ち消すために、女よりも男といるほうが楽しいとアピールするんだそうです。
 こういうのが好きなお姉さん方のファンも増えるし、一石二鳥との事。千尋には理解できないようですwwwww

 ○○って、もしかしてBL?wwwww

 伊月は、じゃあお前の○○に巻き込まれている俺の世間体はどうなるのかと(噴飯)。憤慨する伊月ですが、不破は、お前にも新しいファン層がつくかもしれないとwwwww
 伊月は、作者のキャラ性で本が売れても嬉しくないと言い……不破は、お前は変なところで真面目だと苦笑。

「ヘイ、生、一丁!」

 那由多は全裸で小説を執筆中。机で小説を読んでいる京に、おっぱいを揉ませてくださいとwww おっぱいを揉んでいるシーンを書いているそうで、参考にしたいとの事。京は、自分の立派なものがあるじゃないかと赤面して拒否www しかし那由多は、おっぱいを揉まれているキャラのおっぱいは、ちょうどみゃーさんくらいだとwww
 協力をせがまれる京は……伊月が全裸で鏡に向かっていた光景を思い出し、あれは本当に仕事だったんだと。伊月も那由多も仕事にひたむきで、少し考えた京は……「さっさと揉みなさいよ」と前かがみに。那由多は「あ、生でお願いします」wwwww 今日はちょっと考えるのですが……結局、京は折れたwww

 ブラウスを脱いで、濃いピンクのブラのストラップをずらし……京のおっぱいも立派なんだよなーw あんまり激しくしないでよと京は念押し。那由多は「では、いただきます」と言い……

妹ならたくさんいる!

 夕食で伊月は酔っ払っている模様。イチャイチャしたいのは妹だけだと主張。不破には妹がいるようで、妹なんていいものじゃないと。何をやっても文句を言うし、すぐに手が出るし、オレの本を読んでキモいとかつまんねーとか、オレのインタビュー記事を読んでウザいとかキモいとか……。
 不破は、お前には妹がいないだろと言うと……え? いる? 「オレの心の中に!」。そんなんだったらいくらでも居るだろー!www 僕にだって……ってか、何で僕は衛宮 士郎じゃないんだ!

宴は続く

 さんざん京の胸を揉んだ那由多。これでいいシーンが書けると礼を言います。それは良かったとホッとする京ですが……那由多は「次はお尻をお願いします!」wwwww

宴のお開き

 酔ってテーブルに突っ伏している居月。千尋に水を持ってくるようにつぶやいてますが……千尋ならとっくに帰ったと言う不破。こたつに入ったまま寝転がる伊月に、不破が声をかけると……伊月は「にゃんぱすー」www 何を訊いても「にゃんぱすー」www んで、そのまま寝ちゃってます。

 スカートを履いている京。……って事は、尻も揉まれたのかwww

 服を着た京は、机の上の小説を眺めてます。小説のタイトルは『黙示録ノ妹』。伊月の小説です。伊月も那由多もがんばってる……それに比べて私は……

 とりあえずひと段落ついたと背伸びをする那由多。おつかれさまと声をかける京は、そろそろ帰ると。那由多は改めて京に礼を言います。

リアル妹

 作者のキャラ性で本が売れても嬉しくない……そんな伊月の言葉が脳内で繰り返されている不破。不破は夜の街を歩いていて、何か過去を思い出しているようです。

 3年前。不破が書いた小説『絶界の聖霊戦士(シュヴァリエ)』は佳作。完成度は高いが、どこかで読んだ事があるようなと思わせる没個性的な作品として酷評されていたようです。最近の流行をよく勉強はしているようで、すぐに出版できるクオリティだけど……と。

 これに対して伊月の『黙示録ノ妹』も佳作ではあるものの、個性のカタマリだという評価。荒削りで商品としては問題があるが、得体の知れない迫力があるとの事。この人が作家として今後どうなるのか興味深いとw

 不破は「言ってろよ」とつぶやき……お前ら天才がそうやって足踏みをしている間に、オレは先へ進むと。

 家に帰ると……遅くなるときは連絡しろと文句を言う妹。忘れていたと春斗は言うのですが……妹は、キモいつぶやきは忘れないのに……とw あぁ、伊月や那由多と同じで小説のネタのためかw
 キャラ作りのためだと春斗が言うと、妹は、あんなの誰が喜ぶのだと。春斗は、けっこう女性にウケがいいと反論。妹は、童貞向けの小説でしょと。他の女のファンなんていらないとw ……あれ? ひょっとして妹ってツンデレ?

 春斗は、男性向けの小説も女性の指示が重要だと主張するのですが……妹は春斗の横腹を蹴り、変態とかエロゲオタクとか貶して2階へw

 たしかに春斗が言っていた通りの妹だなw

僕にも奇跡が起きないかな……

 編集室でため息をつく……那由多の担当の山県 きらら土岐 健次郎に出来具合を問われ……内容についてはいつも通り完璧だと言います。ただ、締め切りを守ってくれれば完璧だとw

 では、伊月の原稿はどうなのかと言うと……土岐は、そろそろ急かさないとマズい頃合だとw

 電話をする土岐ですが……伊月は酔っ払って寝ちゃってますw

 伊月のモノローグ。誰かが一番欲しいと思っているものは、いつも他の誰かが持っていて、持っている本人にとっては大して価値がなかったりする……。欲しいものと持っているものが一致しているのはすごく奇跡的なことで、悲劇も喜劇も、主に奇跡の否在ゆえに起きている。この世界はだいたい全部、そんな感じにできていると……

誰かが一番欲しいと思っているものは……

 Cパート。まだ寝ている伊月。電話がかかり……また土岐から? 原稿はどうだと問われ、伊月は「よゆーよゆー」。電話を切った伊月は……「あー! 妹がほしいー!」www 夜に大声を出すなwww

 その頃、千尋は自分ん家でお風呂に入っていr……おっぱいだー! 千尋は弟ではなく妹だった! これが伊月にバレようものなら……

 エンドカードwww やはり春斗はヤリ○○王子なのか?www

◆今日の個性のカタマリ:スレタイで窒息しそうになったwwwwwww

2017年11月07日(火)18:49

彼氏彼女の事情

 AT-X、スカートの中はケダモノでした。、第6話。

 小南 静歌霧島 涼は、これから電車で遊園地へ向かうところ。
 前回はホテルに逃げ込み、その後は涼が静歌に盛大に夕飯をごちそう。何か礼をしたい静歌に、涼は、じゃあ今度遊園地に行こうという話になり……
 静歌としては。けっこう楽しみ。涼がなぜ女装しているのか、その理由の都合上、涼が女装してのデートとなるのですけどw

 多くの乗客が電車に乗り込んできて、涼は静歌を守るようにするのですけど……涼のアレが静歌のスカートの中に?w わざとじゃないと静歌はガマンしていてます。恥ずかしくて顔を真っ赤にしつつもw
 静歌の様子に、涼も、ガマンしているのかと察するのですが……

本当の私はもっと凄いんです

 電車を降りて、静歌は、あれは何なのですかとwww

 遊園地を存分に楽しむ涼と静歌。こういう賑やかなところに来るのは新鮮だと言う静歌。自分からこういうところに来ることはないようです。涼は、街コン街コンも賑やかじゃないかと言うのですが……静歌は、あれは友だちが誘ってくれたからとの事。男の人と話す練習に……ということで、誘ってくれたのだそうです。
 遊園地ですけど……賑やかには見えないなぁ。カキワリでもいいからギャラリーを配置しないと(ぇ

 静歌は、どうして涼は女装をして街コンに参加したのかと訊きます。女装しなかったらファンがまとわりつくからだろうけど、だったら女装してまで参加する事もないだろうしね。涼は……寄ってくる子たちは自分の外見しか見ておらず、本当の自分を見てくれる人を探していたようです。
 第1話のラストで見せた醜態も、あれは本当の自分を見せたかったんだろうか?www ってか、女装して「本当の俺を見てほしい」って、もうわけ分からんのが普通だと思うんじゃがwww

 静歌は、じゃあどうして私に声をかけてくれたのかと……それが今でも信じられないそうです。涼の周りにはステキな人がいっぱいいるのではないかと。
 そう……好きって言われたのに、それでも静歌は自身に自信を持てず、ついこんな発言を……。おっぱいけっこう大きいのに自信がないって(こらw

雨宿り

 天気はあまりよくなくて、雨が降り始めてしまい……涼と静歌は観覧車のゴンドラに逃げ込むことにします。

 その頃、入門ゲートでは、入場者数が振るわなくて頭を抱える男子高校生の姿が(『甘城ブリリアントパーク』じゃねーよ)。

◆今日の回転する遊具:昔はこれが当たり前だったけど、本当は異常だったんだろうな。

2017年11月06日(月)20:54

ここはどこ? 時代はいつ?

 AT-X、少女終末旅行、第1話。

 暗い廃墟の中、何か振動が伝わってきて、床に落ちているネジなどが振動。やって来るのは……履帯? 戦車? ……ケッテンクラートでしたー。

 運転をしているのはチト。荷台に乗っているのはユーリ。ユーリは「暗い。暗い……くーらーいー」w 廃墟の中だもんね。仕方がないです。チトは「うるせー」「ごめん」w

 ユーリは、ランタンを点けていいかと訊ねますが……チトは節約するように言います。給油施設がどこにあるのか分からないのに……との事。

 もう何日もこうした場所を移動中のようで、日の光を浴びていない模様。どこを走っているのかも分からない状況です。なんでこんな所にいるのだろうとユーリは言うのですが……この穴に入ってみようとか言い出したのはユーリらしい。これについてユーリは、古い言葉に従っただけのようです。「穴があったら入りたい」www それ意味が違うwww
 とにかく出口を見つけなければなりません。食料だって見つからないし。かと言って、ここから出られたからって食料が見つかるとは限らない(汗)。

 ここが地下なのか、大きな建物の途中の階なのかも不明。

 ユーリは寝ちゃいましたw チトも寝ようと思い、ケッテンクラートを停めて荷物を下ろし、そこに寝てます。腹が鳴って、チトは「お腹すいたー……」

 どこかの換気扇が風で回っているのか、廃墟の中には何かの音が響いてます。

星空

 過去に大きな戦争があって、世界が滅びた? そんな夢を見たチトは目を覚ましてます。ユーリは何かをチュパチュパとしゃぶっている模様。チトの右手をしゃぶったまま寝てるw

 どうにか手を引き抜くチトは、唾液で濡れた右手を見て……風が吹いている事に気がつきます。ユーリをペチペチ叩いて起こそうとしますが、なかなか起きず、チトは……フックwww

 ケッテンクラートを走らせつつ、風が吹いてくる方向に行けば出口に行けると言うチト。途中で止まっては風を確認して、ケッテンクラートを走らせていくと……光だ! 出口だー!

 鉄橋の上に出たようで、外は夜。廃墟の中に比べれば、星空はすごく眩しい世界なのでしょうw すごく明るいとユーリは大喜びw

 2人ともお腹が鳴って……外に出られたんだからスープを飲もうと言うユーリ。チトも、外に出られた記念という事で、食事にする事にします。
 キャンプなどで使うコンロを使って、缶詰のスープを加熱。カップに移して飲んでます。これが最後の缶詰だそうで……え? じゃあとにかく食料を探さないと!
 外はかなり寒いようで、が降ってます。寒いってだけで体力を消耗するので、なおさら深刻。

 星空でさえこんなに明るいのに、日が昇ったらどうなるのかと言うユーリ。チトは「焼け死ぬ」と言い、ユーリは絶望w 「うるさい」とばかりにチトがユーリに軽く頭突きw ふと星空を見上げると……流星雨ですか。

シューティングスター(流星)の次は、シューティング(射撃)。

 Bパート。ユーリはライフルで射撃の練習。チトがスコープを覗き込み、ヒットしたか外れたかを確認してます。ユーリは射撃が得意で、チトにも銃を持たせようとしますが……遠慮するチト。チトは射撃が下手らしいw それに今この世界では、銃が必要とされる状況は来そうにないし。
 あちこちには戦車の残骸などが散乱。銃弾も多数あるようです。

 2人はもう少し周辺を探索する事に。武器でなくても何か使えるものがないか……。できれば食料が見つかって欲しいところ。食料っつっても、せいぜいレーション(戦闘用食料)が見つかる程度でしょう。

 ユーリは、昔も食料が足りなかったんだよねと言い、だったら武器なんか作らずに保存食をたくさん作ればいいのにと……そうすれば私たちも助かるのにと言います。チトは、色々と事情があったのだろうとw

爆撃機の探索

 大きな飛行機を発見。ツポレフTu-95ベアのようです。中に入ってみようとするチトは、筋力不足で身体を持ち上げられない? ユーリがひょいとチトの身体を持ち上げてくれてます。
 ユーリは、戦争って殺しあうんでしょと言い、なんで戦争なんかするのかと。チトは、例えば3人いる時に食料が2人分しかない状況なら、武器を手にとって戦うしかなくなるのだと。

 機関砲を見つけるユーリですが、チトは捨てるように言います。それよりもチトは、爆薬を発見。これがあれば壁を壊したり障害物をどけたりできると言います。
 木箱もあって、ためしに開けてみると……レーションだー! 袋に入っているタイプで、これなら火を使わずに(=燃料を使わずに)食べられそうです。ただし、食べ物で暖を取るという楽しみは減ってしまいますけどw

 チトとユーリは、雪が降る中、爆薬とレーションをケッテンクラートに積み込む作業。

これが戦争

 ちょっとお遊びでもやろうと思ったのか、プロペラを回してみようとする2人。が……チトは高いところが苦手のようですw ギシギシと音が鳴りつつも、プロペラは少しだけ回り、プロペラに乗っていた2人は積雪の上に落下w

 腹が鳴ったので食事にします。先ほど見つけたレーションを食べるチトとユーリ。チョコ味だそうですが……チョコって何なのか分からないチト。
 レーションは5本入りで、最後の1本を半分に分けようとするチトですが……ユーリが先に手を出して、しかも銃をチトに向ける! これが戦争だと言うユーリに、チトは、私も武器を持つべきだったと言います。
 ユーリはレーションを1本まるごと食べて、チトは「本当に食いやがった!」と何度も殴るw そんな事をしたら余計に腹が減りますw ってか、レーションはまだあったはずだろうw

 雪も美味しいと言うユーリ、ユーリは笑いつつも、雪を食べなければならないなんて戦争はイヤだねと。するとチトはユーリの腹に頭突きをして、「お前が言うな」w

少女週末授業

 Cパート? 学校にいるチトとユーリw 学校って何なのか……とか、教壇って何なのか……とか、そんなゆるい会話。次回予告と思ったけど、ちっとも予告してません。

◆今日の戦争:要するに日本を無防備にしたいんだろうな。

日記メニューに戻る


トップページに戻る