2017年12月31日(日)19:35

赤にしようかグレーにしようか

 MG、MS-09 ドムの脚の内部パーツの塗装です。

 リックドムだと、バーニアスラスターの内側はで塗装するのがお決まりなのですが、ドムの場合はどうなんだろう? キットはリックドムと共通パーツにするつもりだったのか、赤いパーツ。でも作例ではグレーだし、どうしようかと思ったわけですが……
 赤で塗装する事にしました。見栄え的にそっちがいいと思ったしw

 って事で、まずは赤く塗装して、マスキングをして焼鉄色で塗装開始。これは以前にリックドムを作った時と基本的に同じ作業です。

 
マスキングしたパーツ

 塗装しては別の位置をマスキングして……を4回繰り返します。

 内部メカのパーツについては、隙間埋め作業を続行。市販のパーツを追加してからRLM66ブラックグレーで塗装する予定。

 足の裏の塗り分けですが……どう塗り分けようか思案中。

◆今日の巨大ロボ:近所のガンプラ屋にもFAガールが売られてるしなw

2017年12月30日(土)23:55

いわゆる、お台場ガンダム。

 MG、RX-78-2 ガンダム Ver.3.0、作業開始です。

 まず、どう作るかについてですが……コアファイターはディスプレイとして作り、変形させてガンダムに入れるのはナシ。LEDユニットでAパーツとBパーツをつなげる形にします。

 色についても色々と考え中。メインはもちろんですが、他に灰色9号ガルグレーを使用。についても、もう1つRLM23レッドを使用予定。

 内部メカはもちろんRLM66ブラックグレーで塗装。足の裏とか内部メカの一部は、必要性に応じてRLM75グレーバイオレットエアクラフトグレーミディアムブルー焼鉄色で塗り分け予定。

 
切り離したパーツ

 他にも銀色金色で塗装したい部分もあります。デカールで再現する部分もありますが、そこをできるだけ塗装しようと考え中。

 黄色はRLM04イエローを使用。

 まだ決めかねているのが、青い部分。メインはインディブルーなのですが、もう1つの青をどうするか……。キットのままの青だとあまりにも明るい気がするので、キャラクターブルーにしようかなー……とか悩み中。スカイブルーでもいいかなー……とか考えてます。

 デカール類は、できるだけ水転写デカールを使用予定。もうデカールが多すぎて多すぎて、実はVer.Kaなんじゃないかとw

◆今日の兵器:トマホークなら、すでに装備されているぜ!(違います)。

2017年12月29日(金)18:25

評判が悪い国

 AT-X、キノの旅 - the Beautiful World - the Animated Series、第10話。

 これから行く国は、旅人からの評判が良くない国……キノはb>エルメスにそう伝えてます。よそ者に冷たいとか、不親切で嫌気が差すとか、旅人が行くと店が閉まる、あるいは品切れになる、まずい飯しか食べられない、ボラれないように注意しろ、もう近づくのも嫌、こんな国はやく無くなっちまえ……
 それでも行くのかとエルメスが問うと、だからこそ興味があるとキノは言います。

 目的地が見えてきました。きれいな街ですが……住んでいる人はどうなのか分かりません。エルメスは、とても思い出深い、一生忘れられない国になるかもしれないと言います。

 そう……キノもエルメスも予想だに出来なかった別の意味で。

ウワサとはまるで違う国

 門には4人の兵がいて、滞在は何日かと訊ねられ……キノはいつものように、2泊3日と答えてます。頑なだった兵たちの表情はホッとしたものになり……開門。キノを歓迎してます。
 持ち物検査とかやらないのかとキノが問うと……犯罪行為をしない限り、それは失礼に当たるとの事。えぇ……ウワサとはまるで違う国のようです。

 エルメルは、道を間違えたんじゃないかと言うのですが、それはないとキノは言います。門は二重になっていて、内側の門が開くと……街の人々がたくさん集まっていて、キノを歓迎してます。その歓迎っぷりに、エルメスは「別の国だ……絶対に別の国に来た」www

 キノは、あまり値段が高くなくて、シャワー付きのホテルはないかと訊ねてます。モトラドが1台停められるスペースがあればうれしいとエルメスは希望。すると……人々は、あそこならどうだろうとか、そばに美味い店があるとか相談。すると……「うちがそうだよ」と女の子が出てきます。髪にさくらンボの髪飾りをつけた、さくらと名乗るショートヘアの女児【←重要】

 ……あーもー女児ってだけで、もう! さくらという女児を前に犯罪をするなというのは(持ち物検査

さくらだもん! さくら怪獣じゃないもん!

 キノという名に、さくらは、短くて響きがいいと言います。キノもさくらという名がいい響きだと。春に咲く花の名前なのですが……友だちからは、オクラとかネクラとか、からかわれるのだそうです。
 ふとキノの表情が曇り、エルメスは「どうしたの?」。何でもないとキノは言い……説明できるものじゃないと。

 これについては『大人の国』を見ないと事情が分からないんだよなー。

 ホテルに到着。さくらは、1階のドアが広い部屋を選びます。さくらの両親もキノを歓迎。エルメスは……前評判との違いに驚き。キノも同様にびっくりしっぱなしです。

 案内された部屋は広くて、エルメスも余裕で停まれます。ベッドも大きいなー。さくらは、この国を案内させて欲しいと言います。まずはどこに行きたいかと訊ねられ、キノは……

さすらいのシェフ

 キノが希望したのは、パースエイダーの工房。店の主人(パースエイダー・スミス)は、かなりガタが来ているとの事で、フレームから見てみるそうです。パーツを替える必要もあるだろうとの事で……キノは、また明日来ると言います。
 キノが去ったあと……店の主人はパースエイダーを見て、かなり驚いている模様。長生きはするものだと笑ってます。

 次に向かったのは公園。子どもたちには、この国の歴史を教えるための劇をやっているそうです。通しの練習をまだ始めたばかりだそうで、せっかく旅人さんが来たのだから、最初からやろうという事になり……
 はるか昔、遠くの国で、迫害されて追われて来た人々がいたという内容の劇です。どの国もその人々を受け入れてくれず、食料も尽き、森の中に迷い込み……
 しかしその森は、自然の恵みは豊かで、ここで暮らすことに決めます。それがこの国……流浪の民の末裔だったわけです。

 劇が終わり、みんなでバーベキュー。キノの手際はいいのですが、エルメスは、焼くだけにしろと……味付けは禁止だと言います(噴飯)。

新しい銃

 翌朝。朝食を食べて、カノン(銃)を取りにパースエイダーの工房へ。キノは……驚愕。初めてこの銃を手に取った時以上のコンディション。お代は……いらないとの事。
 代わりに、訊ねたい事があるそうです。店の主人は、以前、教え子に自分の事を師匠と呼ばせている凄腕のパースエイダー使いがいたとの事。旅人で、あちこちのトラブルに首を突っ込んでは、睨まれたり感謝されたり……。
 その人の事を知らないか……と、キノに訊ねてます。
 キノは「いいえ、知りません」と答えると……主人は「分かった」と笑ってます。キノは師匠から、そう答えるように言われているもんな。きっと主人もそれを分かってて訊いているのでしょうし、キノも、主人はこのパースエイダーは元々は師匠のものであるのをすぐに分かってて訊いてきたのだろうと。

 ある木箱を出してくる主人。拳銃が入っており、作られた当時は『森の人』と呼ばれた銃だそうで、これをキノに使ってほしいと言います。以前も主人は旅をしていて、何度も身を守ってくれた銃だそうです。もう何十年も使っておらず、歳も取ったし、旅にも出ない……。
 でも銃はまだまだ使えるし、自分といっしょに朽ちさせるには惜しいと。昔のように、こいつには旅をさせてやりたいのだそうです。受け取って欲しいと主人は言い……キノは受け入れることにします。

 「よっしゃ! そう来なくちゃ!」と喜ぶ主人は、まずは試し撃ちだとw クセがあるのでそれを教えるそうです、ホルスターもグリップもイジる必要があるそうですw

 いわば、この『森の人』を受け取ってくれるのが、パースエイダーの整備のお代って事かw

さくらの夢

 キノが店から出る頃には、もう陽が傾いてます。帰ろうかと言うキノですが……さくらは、もう1つ案内したい場所があるそうです。ゴンドラに乗って展望台に向かい、そこから眺める景色は……格別。遠くに夕日が沈みかけてます。
 いつかお客さんをここに案内したかったそうで、キノがその最初のお客さんだそうです。

 さくらは、ホテルを継いで、立派な支配人観光案内人になりたいと夢を語ります。「なれるかな?」と言うさくらに、キノは、もう立派な案内人だと答えてます。
 旅人さんにいい思い出をたくさん作って帰って行く……そのお手伝いができるなんて素敵だと。

 街に戻り、さくらは、旅をしていてつらい事はありますかと。たまにつらい事はあると言うと、さくらは、旅をやめようと思った事はないかと訊ねてます。キノは、それでも旅は続ける……しなければならない事ではなく、やりたいと思っている事だと。
 お母さんはさくらに、さくらさえよければ旅をしてもいいと言います。キノのようにあちこち回って、それから案内人になってもいいと。ちょっと考えたさくらは……どこにも行かないと言います。

僕だって種をさくらに植えたい(磔刑

 翌日。街では結婚式が行われてます。……キノにウェディングドレスを着せたら、どんな姿になr(銃声

 随分若いとキノが言うと……さくらは、普通は20歳を過ぎてから結婚するのだそうで、珍しいとの事。また、これから新郎新婦が小さな袋をたくさん投げるそうで、中には木の種を入れた袋もあり、欲しい子どもの数だけ取るとか。その種を持って明日の朝を迎えられた人が次に幸せな花嫁になれる……ってゆー言い伝えがあるそうです。
 さくらもゲットしたい? キノは、手伝うと言いますw キノ自身もその木の種をゲットしたいn(銃声2発目

 新郎新婦は、5人子どもが欲しいそうです。きっと名前は、ギレンサスロドズルキシリアガルマ(こら

 自力で種を得られなかったさくら。代わりにキノが木の種をゲットして、さくらに渡してます。

約束なので

 街中を歩いていると……兵がキノに、そろそろ出国の時間だと告げてきます。もう2日ほど滞在したいとキノは希望し、いつもと違うキノにエルメスは驚愕。兵は、入国時に2泊3日だと言っており、ルールなので出国する準備をするようお願いしてます。
 実はこれには事情があってですね……

 ホテルの主人(=さくらのお父さん)は、西へ行って野宿をするなら、尾根がいいとの事。そこより手前は落石の危険があるそうです。兵も、必ず尾根まで登ってから休むといいと言います。さくらのお母さんは、キノに、2つの紙袋を渡してます。小さいほうを今晩中に、大きいほうを明日にでも食べてくださいと。

 キノは街の人々に、こんなに親切にされて楽しかったと礼を言います。

火山の街

 尾根に向かいつつ……エルメスは、3日以上の滞在を望むなんて珍しいと。実はキノ自身も驚いてます。ウワサとは大違いだったし、それはキノも気にしていたそうですが、途中からどうでも良くなったと。

 夜になり、キノとエルメスは尾根に到着。寝ていると……キノは急に飛び起きてます。驚くエルメスに、キノは、砂をかじるような感触があると。特に何もないとエルメスは言い、気にしすぎじゃないかと言うと……

 突然、山頂から爆発音が! 火砕流が発生し、キノは驚愕。エルメスの知識に寄れば……あれはパイロクラスティック・フローとの事。火山灰とか軽石が高温で噴出して、山肌を高速で下る現象。家財道具ってやつだとエルメスが言うと、キノは「火砕流か」「そう、それ」。

 火砕流は街を一瞬で飲み込み……

 キノは、今からあそこに行って何かできる事はあるかとエルメスに訊ねますが……エルメスは「ないよ」。火砕流は1000℃近くで、人なんてあっという間だと。行っても死ぬだけだとエルメスは言います。

 なぜ20歳に満たないのに結婚式を挙げたのか、なぜ尾根まで行くように言ったのか、なぜ3日間の滞在だと兵はこだわたのか、なぜ両親はさくらに旅に出てもいいと言ったのか……

手紙

 翌朝。キノは「食べたら出発しよう」と言い、ケースから紙袋を取り出します。紙袋には手紙が入っていて……

 さくらのお母さんからの手紙です。キノたちがこの手紙を読む頃には、私たちはもうこの世界にはいないと。

 ちょうど1ヶ月前、火砕流がこの街を襲うのが分かったそうです。国が取るべき道は2つ……国を捨てるか、捨てないか。国の人々は、後者を選択。旅人にはおろかな選択に見えるかもしれないけれど、私たちはここで生まれ育ち、他の場所を知らないし、他の生き方を知らない……。運命を呪う事なく、憎む事なく、悲しむ事なく、充実した毎日を送っていたと。

 この国はこれまで旅人に不遜な態度を取ってきたとの事。このままでは、失礼な言動を取った民として人々の記憶に残ってしまう……それで、この国の記憶を素敵なものとして残してもらいたいと強く願うようになったそうです。
 しかしすでに、悪評が祟り、旅人はまったく来なくなり、あと3日という時にキノたちが訪ねて来た……。それで精一杯の歓迎をしたというわけです。

 この事実を知らされているのは大人だけであり、さくらは何も知らないそうです。ですんで、無理やりにでもさくらをキノに預けようと考えたそうです。しかしさくらは、ホテルを継ぐと言ってくれたわけで、それがさくらの夢なら……私たちが連れて行くと。

 キノはエルメスに、今僕が何を考えているのか当ててみようかと言います。無理矢理さくらを預けられなくてホッとしている……エルメスは「だろうね」と静かに言うのですが、キノは、これはエゴだと。エルメスは「そうかもね」。
 エルメスは、どの道2人乗りで旅は無理だと言います。

 手紙はもう1つあります。さくらからです。これは私が持っていても仕方がないとの事で、木の実が預けられてます。そう……さくらは火砕流が来ることを知っていたわけで……

 明るくなり、キノたちは出発。忘れようのない楽しい国だとキノとエルメスは言います。

 次回……『大人の国』! キノが旅に出るきっかけとなったエピソード!

◆今日の弁当:パンはともかく、ご飯は温めた方が美味しいな。でも漬け物は常温がいい。

2017年12月28日(木)18:36

いちかのお母さんのようになったりして

 山陰放送、『キラキラ☆プリキュア 』、第44話。

 頭突きを何度も繰り返し、そろそろ人格が変わる頃(ぇ

 剣城 あきらがまだ幼い時、妹の剣城 みくのために雪だるまを作ったものの……みくがいなくて、みくが入院したのを思い出してます。それだけ、みくがそばにいるのが当たり前だったという事か。

 ……という過去を思い出していたあきら。みくは、今日は雪が降ると喜んでます。

 あきらの進路相談について、みくは、お姉ちゃんなら何にでもなれると言います。ファッションモデルでも、スポーツ選手でも。何になりたいのかを訊ねると……あきらは、研究者になりたいそうです。新しい病気を研究している大学を受験しようと考えているそうです。みくは「私のために?」と、何だか不満そう。あきら自身がやりたい事をやらずに、みくのために将来を決めてしまうのが、どうやら気に入らないようです。

 面会時間の終了となり、あきらは帰るのですが……みくの気持ちは理解しているようです。

 みくがロビーにいると……公衆電話が鳴ります。みくが受話器を取ると……エリシオが「あなたのためでしょうか?」。あなたはお姉さんの将来を奪おうとしているとか言ってますが……そんな言い方をしたら、この年ごろの子はすごく凹むと思うんだ(滝汗)。

 エリシオの精神攻撃って、過去のプリキュアシリーズを通してみても、トップレベルのえげつなさだよなぁ。

 オープニングには、まだジュリオが出てる! もう許してやれよ……


人間をダメにする暖房器具

 キラキラパティスリーでは……長老ペコリンが畳の上で昼寝中w 何だろうこのシュールさはw
 あぁ、こたつで寝てるのかw

 有栖川 ひまりはみかんを食べつつ、冬の新作なら、温かいスイーツを出してはどうかと提案。焼きリンゴとか、デザートピザとか。
 立神 あおいは、暖炉の前で食べるアイスクリームも格別だと言います。暖炉のある家なんてそうそうないよ! さすが、おぜうさま。

 宇佐美 いちかは、全部作ろうと言います。私は構わないと琴爪 ゆかりは言うのですが……あきらは上の空だった? あきらは、遅くまで勉強していたせいだとごまかしていますが……さすが正妻、ゆかりの目はごまかせないようです。


あきらにとって、いちかも妹?w

 あきらが勉強をしていると、おばあさんが部屋に入ってきて……いちか作のチョコケーキを持って来ます。元気が出るようにとの事ですが、手紙も添えられています。クリスマスカード?
 いちかは数学の宿題で苦戦中w あきらとは家は隣どうしなので、あきらが声をかけるとよく聞こえます。いちかはベランダに出ると、あきらからお礼が。いちかは数学の教科書を手に持っていたので、あきらは……数学を教えにいちかの部屋へ。

 いちかの部屋には、お母さんが世界のどこかで撮った写真が飾られてます。世界を回るなんて簡単じゃないのにと、あきらは称賛。あきらは「私もそうありたいと思う」と。


電話で転送……マトリックス?

 さて、みくですが……

 今までずっとお姉ちゃんの事を縛り付けていたと、かなりショックを受けてます。これからも重荷であり続けるとエリシオは言い、みくの願いを叶えてあげるとエリシオは呼びかけ……

 看護師がロビーを見回りに来ると、公衆電話の受話器が外されたまま。しかも、みくのスリッパがそこにあり……

 この情報はすぐにおばあさんに伝えられ、ベランダ越しにあきらといちかにも伝えられ……

 もちろんみんなで探しまくりです。病院の周辺はお父さんとお母さんが探し中。キラ星 シエル黒樹 リオも駆けつけて来ます。

 あきらが路地裏を探していると、あの電話ボックスが! 受話器からは、あきらに謝るみくの声。あきらが受話器を取ると……電話ボックスの扉が閉まり、あきらはどこかに転送された模様。

 エリシオは……みくの世界はあきらから深い闇を引き出すだろうとほくそ笑んでます。


さすが元闇の使者(んな事を言ったらリオが泣くぞw)

 みくは電話の前で消えていた……リオは、ノワールの世界へ連れて行かれた可能性を示唆。リオは、ノワールの世界へ行く方法が1つだけあると言います。そうか! カタツムリニアに乗ればいいんだ!(それ前期のプリキュア)

 あきらとペコリンは、ノワールの世界へ転送されてます。雪が降り積もっているように見えますが……違うんだよなぁ、これが。


変身しない方が強そう

 Bパート。みくを探すあきら。雪原(?)には雪だるまが1つ。「遊ぼう」と声がして……周囲には公園にあるような遊具が乱立。雪だるまは「遊ぼうよ」と声をかけるのですが……あきらは、みくが雪だるまに閉じ込められているのを察します。
 私がいなくなって嬉しい? みくの心の声が聞こえ、あきらは……

 エリシオが現れ、これがみくの願いだと言います。いや……あきらがみくに望ませたのだと。

 あきらはすぐにキュアショコラに変身。んで、エリシオも変身します。それまでは優秀な(?)策略家なのに、変身すると色々とダサくなるんだよなぁw 今回は何のコスプレだ?

 エリシオ曰く、ここは心の闇が形になる場所との事。みくのために選んだ未来が、逆にみくを苦しめ追い詰めている……。あぁ、これは冒頭でもそうだったな。みくは「そんなのダメ!」って言ってたし、あきらも薄々気がついていたはず。
 あきらにその未来を選ばせたのは、みく。するとみくは……こんな私はもういない方がいいと言い出し、雪だるまが巨大化!


マイナスイメージの言葉は、そのまま心にマイナスになるわけじゃない。

 他のプリキュアたちが、電話ボックスを通して応援に駆けつけ、巨大な雪だるまに驚愕。ユニコーンガンダムよりは少し小さいかもだけど(ここはお台場じゃねーよ)。
 ショコラは雪だるまに吸い込まれ、みんなは助けようとしますが……エリシオが剣を薙いで氷の壁を作り、阻止。ここは心の闇が形になる世界だと言います(説明2度目)。

 ショコラはみくに目を覚ますように呼びかけるのですが……エリシオは、みくはずっとここにいた方が良いのではないかと言います。それはあきらにとってもそうではないかとも。
 あるいは、2人でずっとここにいるのも良いかとエリシオは言い、過去の思い出を多数見せ付けてます。って事は、これはみくの記憶を探って得た映像だな。
 エリシオは、病気の妹のために頑張っていたけれど、本当は寂しかったのでしょうと言います。その言葉にショコラは、私は寂しかったのかと泣くのですが……

 しかしショコラはエリシオに、君は勘違いをしていると指摘。この寂しさこそが私の強さであり、愛だと。

 ……『愛』を前面に主張するなんて、『ハピネスチャージプリキュア!』かとw


僕はイリヤを縛りたい(通報)

 みくは、こんな私に縛られちゃいけないと言うのですが……ショコラは、何をすればいいのか、何ができるのか、分かったと。みくだけではなく、同じ病気で苦しむ人たちも助けたいと語ります。いちかのお母さんがいいモデルになったようですw

 雪だるまが消滅し、みくの救出に成功。

 あきらを追い詰める事にも失敗したエリシオは……はい、プリキュア・ファンタスティック・アニマーレを喰らって、退散。

 パタタ! (そこは突っ込むなw)

 ノワールの世界に亀裂が! 世界が崩れるんじゃないかと恐れたプリキュアたちは……即座に電話ボックスに逃げ込んで退散www

 どんなに闇に落とそうとしても、プリキュアは闇に染まらない……。エリシオが凹んでいると、ノワールは「心配はいらない」と語りかけてきます。この程度の光では、ノワールの闇を変える事はできないとの事。


いつか2人で作ろう、スノーマン。

 翌日……みくはあきらに、昨日夢を見たと言います。お姉ちゃんみたいなカッコいい人の夢w

 いちかたちがやってきて、普通にお見舞いかなと思ったら……出張かまくらパティスリーw 中には座敷とこたつを装備。ホワイトチョコのトリュフもあるのですが、実はこれで完成ではなく……2つくっつけて、チョコレートや葉っぱも使い、雪だるまに加工w

 あきらは、いつか本物を2人で作ろうと言います。

 次回は……クリスマスパーティーをやるようですが……ゆかりから重大発表がある?

 特番の関係で、次回の放送は1月6日(土曜日)11時15分となります。禁断症状が出そうです(知らんわっ)。

◆今日の家族:合体!?

2017年12月27日(水)18:30

フェチズム

 AT-X、妹さえいればいい。、第9話。

 『妹法学園』がコミカライズされ、原稿を見るのを楽しみにしている羽島 伊月。その原稿を土岐 健次郎が持って来ていますが……土岐はすごく不安そう。一方で伊月は、三国山 蚕は俺の作品を完璧に理解していると感じており、すっげー期待してますw

 ヒルデがジークに全裸を見られるシーンなのですが……ヒルデが全裸じゃないと激怒。これは土岐も同感で、原稿を見て驚いたとの事。実は蚕は……大の下着フェチとの事wwwww たしかに凄く繊細で丁寧な描き込みだなwwwww

 オープニングwwwww 伊月が全裸wwwww

譲れない主張

 伊月の家に、蚕の担当の徳山 耕平も呼ばれ、4人がテーブルを囲んで……何だかヤバい雰囲気(汗)。
 伊月は蚕に、なぜヒルデが下着姿なのか説明してもらおうかと。蚕は……下着が大好きなのだと主張。たしかに伊月の作品は大好きなのですが、1つだけ残念がある……それが、すぐに妹たちをすっぽんぽんにする事。可憐な妹には彼女にふさわしい下着をつけさせてあげるべきだと、蚕は力説。
 伊月は、可愛い妹の隅々まで見たいと思うのが兄心というものだと反論(兄心ってそんなのか?)。下着は神聖な全裸の妨げにしかならない……妹はありのままの姿が一番美しいのだと言います。

 ……僕が結城 リトなら激しく同感だな(ぇ

 それでは野生の獣と変わらないと反発する蚕。人は下着をまとって初めて人間となるのだと。

 美的感覚の対決となり、どんな家で生まれ育ったのかという言い争いに……。蚕の家系は江戸時代から続く群馬の養蚕業者だそうで、なるほど下着に囲まれて育ったってわけだ。
 一方で、伊月の家系は、錦鯉の養殖で財を成した岐阜の富豪だそうです。ありのままの姿で悠々と泳ぐ錦鯉の美しさをずっと見てきたとの事。
 それは岐阜vs群馬となり……土岐は、どっちでもいいじゃないかと言い、仲裁に入ろうとしますが……伊月と蚕から「いいわけない!」とw
 たじろく土岐は、どっちでも読者は喜んでくれるだろうと言います。しかし伊月は、全裸にしたのは読者のためではなく俺が見たいためであり、必然もなく全裸にしているのだと主張w 蚕も、下着を着せたのは読者のためではなく私自身が可愛い妹の下着姿を見たくて描いているのだと力説。

ぷりけつ先生ならではの感性

 伊月の家に恵那 刹那がやってきます。原稿を見た刹那は憤慨。ブラジャーはともかくパンツを穿かせるなとwww ったく、どいつもこいつもwww

 伊月は、なぜそれだけの才能を持ちながら、下着フェチの変態なのだと言います。蚕も、なぜ妹を愛する心を持ちながら、全裸好きなどという業を背負ってしまったのかとwww

 刹那は、じゃあ俺が『妹法学園』をコミカライズすると言い出してます。イラストレーターなのに大丈夫なのかと伊月が突っ込むと、刹那は……たぶん大丈夫との事。1枚の原稿用紙にイラストをたくさん描いてセリフを追加すればマンガになるほどマンガは易しくないぞー。
 コミカライズは譲れないと蚕が言うと……刹那は、じゃあ勝負しようと。

パンツはかぶるもの

 場所を編集部へと替えて……

 土岐は、2人の対決を取り仕切るハメにwww どう見るかと問う伊月に、徳山は、原作が全裸である以上、コミカライズも全裸である事に越した事はないと。

 勝負の内容は、ヒルデの全裸シーンを描き、3人による審査で決定するというもの。では、さっそく勝負。が……蚕はちょっと待つように言い、頭のリボンを外してます。リボンをさっとほどいて……実はリボンではなくパンツだったwwwww ずっとパンツを頭に乗せていたのかと、伊月は驚愕。変態だと言う伊月に、蚕は「パンティーをリボンにして何がいけないのですか!?」と主張。圧倒された伊月は「べ……別にいけなくはないが……」www さらにそのパンツを顔にかぶって「さぁ、勝負いたしましょう!」www どこかで見たぞこんな仮面男www

 実はこれ、マンガを描く時の正装なんだそうです。可児 那由多も原稿を書くときは全裸だし、何も問題と伊月は判断。

 ……この作品にまともな感性を持っている人物って、ひょっとして羽島 千尋白川 京だけなんじゃないか?(今さら

下着物語

 では、勝負! ものすごく一生懸命な刹那と蚕。一方、土岐、伊月、徳山の表情は……冷めてるなぁwww

 2人とも描き上がり、まずは刹那が描いた原稿を見る3人。さすが刹那が描く全裸は最高との評価。では、蚕の原稿はと言うと……え!? 露出度が下がっている!? 下着姿どころか、普通に服を着ている! しかし、それは最初だけで、それを補って余りある画力と構成に圧倒され……3人とも蚕に軍配を上げてます。

 敵わないと苦笑する刹那。伊月は……画力は認めるが、マンガというより1枚のイラストだったと評価。これに対して蚕の下着描写には物語が合ったと伊月は評価。全裸主義の俺が、下着が脱げていく描写に夢中になってしまった……と。

 伊月は蚕に、コミカライズをよろしくお願いしますと、改めて頭を下げてます。蚕も顔面のぱんつを取り、こちらこそお願いしますと笑います。

 ……何ちゅうAパートだwww

パンツリボン

 アイキャッチwwwww パンツでリボンを作る方法など解説せんでいいwwwww


変わり果てた伊月?

 あの勝負以来、下着に興味を持ち始める伊月。検索しては見入ってますwww そっと覗きこんだ那由多は、その画面に驚愕www 伊月は、小説のために調べものをしていたのだと言いますw 那由多はどうせ次のページで全裸になるんだからどうでもいいじゃないかと。
 確かに今まではそうだったと言う伊月。が……これからは下着描写も丁寧に書くとの事。蚕が俺に、下着のすばらしさに気付かせてくれたのだと。
 那由多の瞳から光が消えたwww その人が伊月をおかしくした元凶なのかとwww

京は露出狂?(違います)

 ホテル住まいの那由多は、蚕をホテルに呼び出してます(呆然)。京まで呼ばれていますが……勝負を見届ける役で呼ばれた模様。自己紹介で、那由多は、伊月の妻だと言うwww
 那由多は、先輩を良からぬ道に誘惑するのはやめるように言います。何が何だか分からない京に、那由多は、この人は原作では全裸のシーンを下着シーンに変えたと説明。京にとってはどうでもいい話ですw
 涙目にある那由多は……全裸大好きのみゃーさんはどこに行ってしまったのかと言い、京は「なんで私が全裸好きなのよ!」www 海やこの部屋で全裸になったじゃないかとか、街中で全裸になって逮捕されたと言い、京は、あれはゲームの中の話だとwww しかもあれって那由多が勝手に京を襲って全裸にしたんだもんなwww

 何をやっているのかと呆れる蚕に、京は弁解www

目覚め

 蚕は、どうやら邪悪な思想に染まっているのは那由多だけだと見ています。やはり下着こそが至高の美なのだと蚕は主張。シャワーを浴びる時も、食事をする時も、学校に行く時も、美少女は常に下着姿であるべきだと。京は「いや、あんたも変だから」www

 コミカライズを任せられないと那由多は言うのですが、蚕は、あの作品を私以上にマンガで表現するものはいないと自信満々。では勝負しようと那由多は言います。

 はい、勝負はもう決まりました。まずね……那由多には画力が微塵もない(噴飯)。これは京が審査するまでもないじゃんw 天は荷物を与えずってやつです(二物です)。
 さっきのは練習でこれからが勝負だと言う那由多。京は、素人の私が見ても蚕の方がすごいと言うのですが……那由多にとっては人生に関わる勝負なのだと言います。蚕は、なぜ人生に関わるのかと言いながら、パンツリボンを作って頭上にセットwww

 那由多によれば……私は基本的に全裸なのに、先輩が下着に目覚められては欲情されなくなってしまうとの事。蚕は、下着姿になればいいんじゃないかと言います。はい論破www

 すると那由多はいきなり全裸になり、全裸の良さを知ってもらうと言い……おっぱいの良さを知ってもらうのだと。蚕の手を取って力ずくで自分の胸に触らせ、実は他の女の子の胸を揉んだ事がないのではと言います。それがどうかしたのかと蚕は言うのですが……那由多は、自分のおっぱいを揉むのと他の女の子のおっぱいを揉むのは全然違うのだと言います。
 京の表情笑ったwww 京も那由多に思いっきり胸を揉まれたもんなwww

 全裸を描けないのかと問う那由多に、蚕は、全裸を描くのは苦手だと言います。那由多は、全裸から逃げているのだけだと言い……

犠牲者が増えていく

 そう言われて蚕は、逃げているのではなく下着を選んだのだと証明してみせると言い、那由多のおっぱいを揉む揉むwww なんでそんなに揉むのが上手いのかと言う那由多に、蚕は、マンガ家なので手先が器用なのだと言います。あまり関係があるとは思えないんじゃがwww
 しかしそのテクニックに、那由多は「マンガ家、しゅごい……」www 那由多は蚕の愛撫に……果てたwww

 蚕は、たしかに全裸とは挑戦する価値があるテーマだと言い、床に倒れて呼吸も落ち着かない那由多は、恍惚の表情を浮かべながらも「そ……そうでしょ……」www

 ヒルデも全裸を描いてみると言う蚕。ただ、問題があるそうで……ヒルデの胸は、自分の胸とも那由多の胸とも違うとの事。それについては心配ないと言う那由多は、ピッタリのモデルがいると言います(噴飯)。

 絶対イヤだと言う京ですが……2分後には全裸にされたwww

どんな原稿になったかというと……

 原稿が完成しましたー。千尋は、兄さんの小説がマンガになるなんて凄いと。不破 春斗は原稿を見て、下着の描き込みがすごいとw
 伊月はヒルデの全裸に感動。その質感に、これがヒルデに求めていたものだと絶賛。あの……そのおっぱいのモデル、今ここにいる京のおっぱいなんだよなwww
 下着派も全裸派も大満足のコミカライズ化だと、伊月は涙目で感動。

 ……今回は前回とうって変わって、全力で変態丸出しだったなーwww

 エンドカードwwwww これ群馬県民からも岐阜県民からも起こられるぞwww 鳥取県vs島根県も大概なものになりそうだが(自爆)。

◆今日の欲情:欲情するか? 黒髪おかっぱ美少女小学生ならともかく(待

2017年12月26日(火)18:33

夢を見たんだ……

 AT-X、DIES IRAE(ディエス・イレ)、第0話。ディエス・イレってどういう意味なのかと思って調べてみると、『怒りの日』という意味のようです。キリスト教と関係がある模様。

 冒頭のシーンって、最終回で登場するシーンなんですかね?

 時は1939年11月29日(昭和14年)。先日、総統閣下が暗殺されそうになったそうで、しかも、それを予言した者がいるそうで……それが卿だそうです。
 牢獄に入れられている者に対して、大逆罪の疑いがかけられていると告げていますが……そう継げたのは国家保安本部長官ラインハルト・ハイドリヒ。投獄されているのはカール・クラフトで、魔術師とも呼ばれているそうです。
 カールはラインハルトに、何か奇妙な夢でも見たのかと訊ね……何この瞳の奥にある謎の模様は。

 カールはラインハルトから、プロパガンダに協力せよと言われたようです。それが卿の命を救う条件との事。先の大戦の敗北を払拭して、戦意を鼓舞するためには、ノストラダムスが必要……。カールは、「ノストラダムスになれと言うなら、喜んで」と、その依頼を承ってます。また、カールは、あなたを運命に導く事を約束するとも言ってます。

クリスマス・イブに市街戦

 そして、1939年12月24日。ある街の夜、どこかのおじさんがベッドの上で夜の営みに精を出し……相手の女に殺されてます。女は何か肉塊のようなものを吐き出していますけど……まさか?w

 外では騒ぎが起きているようで、ある男が警官を相手にぶん殴り中。男は警官から銃を奪って、そばの建物の窓を撃とうとして……その窓から、先ほどの女が白い服に着替えて飛び降りてきます。

 男と女は戦闘開始。何、こいつら。何が目的で暴れ出しているんだか。

くだらない場所から抜け出せた

 あるパーティーの会場で、ラインハルトは、あなたがいる限り国家は安泰だと賛辞を投げかけられまくり。しかしラインハルトは、買いかぶり過ぎだと。
 ラインハルトは周囲を見渡し、何かが気になる模様。そしてカールとアイコンタクト。そこへ誰かが何かをそっと告げ……ラインハルトは、所用が入ったと言い、会場を抜けます。
 あの場を抜ける口実ができたと、そうカールに言うラインハルト。

 2人が廊下を歩いていると、ある3人がやってきます。2人は制服を着ていますが、残り1人はドレス姿。制服の一方はエレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグと名乗り、もう一方の制服はベアトリス・キルヒアイゼンと名乗ります。ドレスの女はリザ・ブレンナーと名乗ります。

 3人の女性は、ラインハルトにお供したいと言うのですが、カールは、それは君らの職務と異なると言います。

 ラインハルトはその希望を許可。但し、罰は覚悟するように告げてます。また、己の身は己で守るようにも言っています。そんなにラインハルトの仕事って危険なんだろうか?

 良いのですかと問うカールに、ラインハルトは、職務と異なるのは卿も同じだと言います。

聖遺物

 神父のヴァレリア・トリファは、ルサルカ・シュヴェーゲリンに、聖遺物とも呼ばれる何かを渡したようです。それは、包帯のようなものでグルグル巻きにされた、オルゴールほどの大きさの箱。ルサルカは、それをもらえて喜んでいますが……ヴァレリアは、遺産管理局の意向とあれば是非もないと。また、聖遺物とはいえ不吉なそれを引き取ってくれてありがたいとの事。
 ルサルカは、それならもっと明るい顔をすればいいのにと言います。確かにヴァレリアの顔は晴れやかとは言い難いもの。また、これは異端審問を受けても仕方のないシロモノだそうです。ゆえに、ヴァレリアが色々と心配するのは仕方がないと。

 何か拷問ってゆーか、何人かが全裸で吊るされていて、何かを取り出されているような光景が写ってましたなぁ……

 ルサルカは神父に、そういえば人の記憶や心を読める神父がいると聞いていると言い出してます。ルサルカは、これも異端だと言い、時代が違えば火あぶりにされたかも……と。

 ヴァレリアは、何かを感じ取ったのか、ここにいてはいけないと言い出してます。

 さて、先ほどの男と女が戦闘を始めた件ですが……何かを爆発させたようで、辺りを火の海にしてもなお、戦闘を堪能中。

男の娘なのん?

 エレオノーテたち3人は、街の一角で火災現場に遭遇。エレオノーレは、ただの雑魚ではなかったらしいと言い、ここへ来て正解だったと。エレオノーレはリザに、ラインハルトを止めておくように指示。国家にとって大事な人物なので、危険にさらすわけには行かないと事。

 リザは、エレオノーレとベアトリスはどうするのかと訊ね……エレオノーレは、賊を討つとの事。エレオノーレとベアトリスがどこかへ向かうと……入れ替わるようにして、ラインハルトとカールが車でやって来ます。

 騒ぎを起こした男と女の戦闘ですが……そこへルサルカの登場。男がルサルカに突進すると……ベアトリスが剣で阻止。

 女の方はエレオノーラが相手をしt……え? これって女じゃなくて男の娘かもしれないの? じゃあ、ベッドで殺されたおじさんって……そういう趣味なのか? いやぁ、理解できないなぁ(だったら同人誌『要』なんて買うな

 面倒な事になったと言うルサルカ。ヴァレリアは頭を抱えてうずくまっており、ここにいてはすべて手遅れになるとか言ってます。吐きそうになるヴァレリアに、ルサルカは、本当に大丈夫かと心配しますが……

 ルサルカは何かの接近に警戒。近づいて来るのは……ラインハルト、カール、リザ。ルサルカが警戒しているのは、ラインハルトなんですかね?

世界を壊してしまいそうな男

 リザはラインハルトに、危険なのでこれ以上行かないよう注意してます。が、ラインハルトは無視して先へ。カールはラインハルトに、この国は愉快な人材に事欠かないと、ラインハルトに間接的な賛辞。
 ラインハルトは、私は大した男ではなく、職務をこなしているだけだと言います。職務をこなして死んでいく軍人で構わない……生の意味などそんなもので充分だろうと。

 するとカールは、1つだけ言わせてもらうと言い……ラインハルトは、いつ本気と言うものを出していたのだと指摘。カールから見れば、ラインハルトは力の入れ方を間違えているとの事。全力を出さぬよう執心しながら生きているのだと指摘してます。

 あなたは自制をしなければ、世界は秒も持たない……そう言うカールに、ラインハルトは、卿の誇大妄想はどこまで広がっていくのだと言います。
 カールは「(妄想は)いけませんかな、それが」と。カールによれば、ラインハルトはどこまで己を御せばいいのか、その思いに囚われていると主張。できる事をやっているのに、戦火は広がるばかり。その無情にやりきれない思いを抱いていて、だったら心を閉ざしてしまおうと……。
 また、カールは、この場でこうした話を何度もしているとも言ってます。

 ラインハルトは世界を愛している……そしてそれは、世界を壊す事と矛盾していないとも言います。しかしラインハルトは「くだらん」。

再会……なのかな?

 男とベアトリスの戦闘は続行中。

 ラインハルトは、カールに言われた事を脳内で反復。唯一できる事が『破壊の愛』? そう考えつつ、あの現場へ。ベアトリスがラインハルトに駆け寄ると、ラインハルトは「どけ」と言ってベアトリスを殴り飛ばしてます。
 ラインハルトは男に接近。何をやっても達成感と言うものを感じられないまま、生きて死ぬ……そうするべきだと思っていた? ラインハルトは男を2度殴って昏倒させてます。

 ラインハルトはもう1つの戦闘現場へ。ラインハルトは、「何を信じ、何を願い、何を求めているかなど、見えないし分からない」。でも実は知っているのではなかったのかと自問。

 ここは危ないとばかりにエレオノーレが近づくと……はい例外なくエレオノーレも殴って排除するラインハルト。そこへ女がヒャッハーとばかりに飛び込んできて……ラインハルトはいきなり2本指で目潰し眼窩に指を引っかけたまま、路面に叩きつけてます(滝汗)。

 ラインハルトは、心の底から望み、求めた姿こそ、あの夢なのではないかと。

   そんな心情を以前から知っていたかのように、カールはラインハルトに「さて、お加減はいかがかな?」。するとラインハルトはカールに、前にもこの話を卿をしていたなと不敵に笑ってます。

 カールも、やっとラインハルトが記憶を思い出してくれたとばかりに「然り然り。また逢えましたな、我が友よ」。

戦車は殴って破壊するもの

 市街地で戦闘が続く中……ラインハルトは鉄拳で戦車を破壊(汗)。また、銃を撃ちまくって暴れるものも戦闘に加わってます。列車砲も放たれて、街は火の海に。それを煙草を吸いながらブランデンブルク門から見ているのはエレオノーレ……あの……あの顔のやけどはどう見ても『ブラック・ラグーン』のバラライカなんじゃが(呆然

 ベアトリスも、とにかく兵士たちを惨殺中。さらに拷問器具『アイアンメイデン』を使って兵士を倒す者(実はルサルカ)も登場。クモの糸を張り巡らせて兵士を刈るもの(ロート・シュピーネ)も出てきます。

 これらはみんな、ラインハルトが率いる軍勢なんですかね?

 次々と、ラインハルトに続く者たちが続出。あの気弱そうな神父のヴァレリアも、メガネキャラに変身して賛同するありさま。

 燃える街の上空には、冒頭で登場した 白色彗星帝国  城が出現。ラインハルトは「我らに勝利を」と。城は空に出現した穴へと消えて行きます。ってか、どこかに移動中?
 カールはラインハルトに、あなたが全力を出せる場所へ案内するとの事。あぁ……それが現在に来るってわけか。

◆今日のクリスマス:僕の家にもサンタが来ないかなー(サタンが来ました)。

日記メニューに戻る


トップページに戻る