2018年04月15日(日)18:40

腕の組み立てを進めなきゃ

 MG、MS-09 ドムの、腕の外装パーツの加工です。

 パープルで塗装するパーツを一斉に塗装します。左右で似たパーツがあるので、そこだけは無理をしないで右側だけのパーツを切り離して……

 
紫だらけ

 とにかく、腕の組み立てを進めましょう。ずっと放置したままだもんな。

 あぁ……まだ熱核ジェットエンジンに着手していない……。ランナーから切り離してすらいないもんな。武器だって何もやってないし。武器は基本的に、キットの作例通りミディアムブルーで塗装する予定。アニメ通りなのでちょっとオモチャっぽくなるけどw

◆今日のモビルスーツ:深く考えるのはやめよう。けっこう自動化されているだろうし。

2018年04月14日(土)18:54

下半身の完成

 MG、RX-78-2 ガンダム Ver.3.0、腰部のサイドアーマーを組み立てます。

 基部のパーツをRLM66ブラックグレーで塗装。で塗装したパーツにデカールを貼って……

 
腰部サイドアーマー

 って事で……下半身ができました。

 
下半身(前から)

 
下半身(後ろから)

 腰と脚を連結するパーツがあるのですが、脚側の接続箇所が、これがまた取れやすいんだwwwww

 コアファイターにも着手していますが、武器にも着手。ハイパーバズーカも、ビームライフルも、シールドも、同時進行。

 
デカールも貼ってます

 作例ではシールドの裏側が真っ白で、ここは塗り分けたいなー……

◆今日のガンプラ:出たら買う! 飾る場所に困るのは作ってからでいい(ぇ

2018年04月13日(金)18:51

僕のカルピスは濃厚だぜ!(蹴

 T-X、宇宙よりも遠い場所、第13話(最終回)。

 今日の朝食は、玉木 マリ三宅 日向が当番。もちろん鮫島 弓子もいます。マリがメニューの名前を考えるのですが……刻まれた材料のそばに「生ゴミ」と書かれた札があったせいなのか、マリは「余りものスペシャル?」www ぶっちゃけ過ぎだと笑う日向に、「そういう時はいつもの奴」と言う弓子。
 って事で、メニュー名は「豚肉の南極風」。困ったときの『南極』か。

 ある会合では……当直からの報告を終えるマリと日向。何か質問rかと訊ねると……轟 信恵は、作り置きのカルピスが薄すぎると意見がw むしろ濃すぎると安本 奈保美が言うと、佐々木 夢は「貧乏カルピス」w 奈保美は「貧乏言うな」www
 何この家族みたいな距離感。すっかり馴染んでるなー。

 マリと日向は、トイレ掃除へ。風が強いので余計に寒く、建屋から建屋への移動もつらいw

 ……こんな生活も、あと3日となりました。

馴染む?

 ひじきは苦手な奈保美。いいから食べてくださいと日向は言うのですが……ひじきが山盛りw 僕はひじきは好きだけどなw 奈保美は貧血気味と言われたそうで、鉄分補給は必須。とはいえ、ひじきの調理に鉄鍋が用いられているのが大前提だけど。
 最初は可愛い女子高生だったのにとグチる奈保美w 夢は「してないから……女子高生」。ここじゃ学生も何もないもんなw お茶はいりますかと言うマリに、奈保美は、あまり南極に染まると社会復帰できないと言います。「あんな風に」。

 小淵沢 報瀬は信恵、前川 かなえ財前 敏夫とマージャン。圧倒的な強さに3人とも驚愕www マリは、あれはまた別だとwww

 ん? 白石 結月の姿が見えないな。ある人に誘われて、カメラを持って取材に行っていたようです。島内散歩の胎内くぐり? マリと報瀬も昨日連れて行ってもらったのだとか。行ってないのは日向だけ。くやしい日向は、このあとアイスオペレーションがあると言います。

 ……が、そのアイスオペレーションとやらは全員参加。もうすぐ集合時間という事で、急いで仕度へ。

実は臭い

 基本的に、南極にあるものは、石だろうと持ち帰ってはダメ。しかし、この氷山からはOKって事で、氷山をピッケルで砕いて持ち帰る事ができるようです。その氷には何万年前もの空気が閉じ込められているわけで、融けるとプチプチはじけるそうです。ためしにかく氷にして食べてみるのですが……分からないよねw
 マリは、大人になったらこれで酒を飲むのだと言います。

 かなえは、これが始まると夏も終わりだと感じるそうです。すぐに秋になって冬になり……越冬の時期。冬の間は何をするのかと言うと……ゲームをしたり酒を飲んだり、いろいろしているそうです。研究や観測も大切だけど、この時期は南極はずっと夜(極夜)。昼前に地平線がちょっとだけ明るくなるだけで、星を観測し放題。空気が澄んでいるからきれいだろうなぁーw ……同じ星がぐるぐる回っているだけなんだけどな!www
 もちろん、オーロラもよく見えます。マリは、まだを見てないと言うのですが……そりゃ白夜なんだからしょうがないでしょw

 足下の氷に溝を掘っただけの流しそうめんwww

 「助けて!」と報瀬の声が! ……ペンギンに囲まれてる? 臭いそうですが、でも幸せだとも言ってますwww 5m以内には近づけないと言う日向は、報瀬を助けずに映像だけを撮るw

 南極の生活にすっかり慣れたと言う結月。マリは「例えばだけど」と断った上で……

次回も逢いましょう

 マリは、部屋は空いているのだし、ずっとここで動画を送りたいと言ってます。つまり、まだ帰りたくないとw 結月のドラマの話はどうなるの? 学校や家族はどうするの? そうみんなは言うのですが……まだ帰りたくない気持ちは分かる模様。
 マリは、次は越冬で来ようとみんなに言います。みんななんとなく「ないはい」って答えているように感じたマリは、報瀬のほっぺをむにゅっと伸ばし、「本気で聞いてる」「本気で答えてる」。

 さて……隊長の藤堂 吟からは、最後にやりたい事があったら言うように言われてるそうです。何を希望するのかと思ったら……

ノーコン?

 マリたちがやりたいのは……みんなで野球! ピッチャーは藤堂、バッターは財前。財前は、僕が打ったら付き合いを考えてほしいと言い、まだ諦めてないようです。
 が……藤堂の球は誰にも打てないそうで、どれも一級品……そして誰にも避けられない(死球)wwwww 最初から人体に当てる気満々じゃないかwww
 それでも、報瀬のお母さんの小淵沢 貴子は打ったと言うかなえ。報瀬はバッターボックスに立ち……見事に当てたー!
 藤堂の、投げる前の「貴子、見てるでしょ?」って……球に込めた想いは何なのか? いや、を報瀬にどうしてほしいのか? それは……希望通り叶ったのか? 叶ったって事でいいのかな?

帰還式典

 Bパート。髪を切りたくなったと言う報瀬。それならやると言うマリですが、結月は「キマリさんは下がっててください」「えー」www
 どれくらいの長さに切ってほしいのか……え? 肩にかかるかかからないかくらい!?

 女子高生によるレポートも最後となるわけで、みんなでごくろうさん会をやる事に。報瀬を見たかなえと藤堂は「あれ? ……え!?」www 黒髪おかっぱだー! マージャン激強だけどw

 藤堂は、やっぱり親子だと……笑ったところがそっくりだと。

 本来なら、越冬隊との交替式。でも越冬隊はいないので、夏隊の帰還式典となります。夏隊とは、マリたち4人だけ。あとのみんなは越冬となります。
 今回は初の女子高生の参加。本人たちもみんなも不安だったのですが、こうして無事に終えられたわけで……泣きそうになってる奈保美w よっぽど女子高生たちが好きなのか?w
 まだ居てほしいという男性隊員の声が聞こえると言う藤堂は、諦めてほしいともw

 結月ファンの氷見 大は特に悲しいかもな。

 夏隊の代表として、報瀬があいさつ。南極に夢中ですぐに家を空けるお母さんに、報瀬は、南極にいいイメージを持てなかったと言います。そんな気持ちをどうにかしたいと思い、自分は南極に来たのだろうと……。
 宇宙よりも遠い場所……母はここをそう呼び、そこは時間も生き物も心もすべて剥き出しの、守ってくれるものや隠れる場所がない地。その中で、恥ずかしいことも隠したいことも全部さらけ出して、泣きながら裸で自分自身に向き合い、乗り越えて来た……
 そこで、母がなぜ南極が好きなのか分かったと言います。何もないこの地で、仲間と一緒に困難を乗り越える時間を愛していたのだろうと。マリたちもまったく同じだったもんな……

 越冬隊となるみんなが泣いちゃったw

セーターwww

 弓子は4人分のカップケーキを作ってくれましたー! 信恵はセーターを……日本で待ってるユウ君に渡してほしいと言い、日向は「はい?」www
 保奈美は報瀬に抱きついて別れを惜しんでるw 夢はカメラ目線のペンギンの写真を渡し、報瀬はお礼も忘れて興奮www

 財前の「いいから行けよ!」の声に押されているのは、氷見。氷見は……『フォローバックが止まらない』のCDジャケットにサインをしてほしいらしいwww もちろん結月はOK.『づ』を三日月にしているのかw しかもウサギの絵もつけてw 氷見は、ドラマを楽しみにしていると言います。日本に帰ってからじゃないと観れないけど。

 そろそろヘリコプターに乗る時間です。

 ヘリコプターに乗る前に……かなえは、実はこの観測隊は中止になりそうだったそう。しかし、最初に日本で4人と話をしていたとき、絶対に中止にできないと思ったそうです。
 報瀬はかなえに、「隊長をよろしくお願いします」。言うようになったねと笑う隊長に、報瀬は……母の形見でもあるノートPCを渡す? 報瀬は、いっしょに越冬させないと母に怒られそうだと。また「私はもうなくても平気ですから」。

 ヘリコプターはペンギン饅頭号へ……

 財前は……「すっかり平均年齢あがったな」www 弓子は財前のヘルメットを軽く叩き、「さあ、長いぞ、ここから!」

太陽からの荷電粒子と地磁気からの贈り物

 藤堂は貴子のノートPCを見て……未送信のメールがあるのを見つけます。そりゃあ、もちろんどうするのかっていうと……

 船から昭和基地に手を振るマリ。報瀬は、来るときは遠いって思ったのにと。日向は、まぁそんなもんだよなとw まだ旅は終わってないと言う結月は、まだ60度50度40度があると……また吐いちゃう
 まぁいいやと言うマリに、それも旅だと言う日向。私たち少し強くなったと言う結月に、報瀬は、雑になったのかもとw

 さぁ、最後の撮影です。緊張する報瀬に、結月は「むしろ原稿が無い方がいいんじゃないですか?」www 報瀬のあいさつ、立派だったもんな。

 南極を離れるので、やっと普通に夜を迎える事ができるわk……夜空を見上げたマリは驚愕。そこには……が出てるー!! カメラに収まらないと言う日向に、マリは……そういうの1つくらいあってもいいんじゃないかと言い、甲板に寝転がってます。

 4人で手をつないで寝転がっていると……報瀬にメールが! 内容は簡潔で、「本物はこの一万倍綺麗だよ」。オーロラの写真だー! 今まさにその本物を見てるところ。報瀬は笑いながら「知ってる」。

 越冬隊も、このオーロラを観ているところ。何このベストタイミングの送信とオーロラ観測。

日常から離れるからこそ分かる事

 4人は日本に帰り……

 空港で、ここで別れようと言うマリ。それぞれやるやる事がいっぱいあるわけで、それが終わったら……また旅に出ようと。まだ100万円があると日向は言うのですが……あれはもうないと言う報瀬。なんと……南極に置いてきたんだそうです。

 南極に行ったからこそ、この日常の景色はかけがえのないものだと、4人それぞれが実感。また、色々と気付いた事があるようで……自分が見ていなくても、人も世界も変わって行く事。何もない1日なんて存在しない事。自分の家にニオイがある事。
 それを知るためにも足を動かそう……知らない景色が見つかるまで。世界は広くて、新しい何かは必ず見つかる。

 帰って来た結月に抱きつくママがいいなwww マリを出迎える家族もいいなw たまご尽くしw

 マリは高橋 めぐみにメールで、帰ったと伝えると……めぐみは北極にいるだとー!? マリがいないと自分の居場所がないめぐみとしては、こうしないとマリに並ぶ友だちになれないんだろうな。南極よりも難易度が低いとはいえ、めぐみもやるなw
 北極といっても、いったいどこなんだろう? ノバヤゼムリャ?

 第13話のサブタイトルは『きっとまた旅に出る』……次はめぐみも連れて越冬隊に参加するのかな?

◆今日の売上:よりもい凄いじゃん! 高木さん、見たくなったw

2018年04月12日(木)20:50

絶望的な未来(?)

 山陰放送、『HUGっと!』、第9話。

 さて、今回のアバンを務めるのは、きっと野乃 はな……え!? はぐたん!? 何を言ってんのか分かんねーしwwwww

 のびのびヶ原ハイキングにやってきた3人。ハリハム・ハリーは、大自然の中に居ると日々の疲れが癒されると。公園の緑とはまた違うもんな……早朝の空気のカビ臭さがまたいいんだw

 いざハイキングに行かんとする3人ですが、それを止める女児が1名。もう少しで石につまづいて坂を転げ落ちて泥まみれになるところだったとw 薬師寺 さあやは「親切ね」w 輝木 ほまれは、心配しすぎだと苦笑。しかしその女児は、ハイキングはとっても危険だと警告。トレッキングでもそうそう死んだりしないのに、なぜにこんなに心配しているのか……

 ハイキングに行き、弁当を食べ、デザートのみかんが転がって……追いかけているうちに迷子になって二度と家に帰れなくなる……そんな未来が待っているそうです。


薬だけがまとも

 野乃 ことりがやってきた? 女児の名は愛崎 えみるで、ことりのクラスメイト。クラスでハイキングに来たそうで、集合場所はあっちだとことりは言います。
 本当に行くのですかと問うえみる。えみるはハイキングに来たくなかったのかと問うさあや。ほまれは、その割にえみるの荷物は大きいと言います。えみるによると、危険に備えての荷物だそうで……緊急用のパラシュート(どこで使うんだよwww)、何かを砕くためのハンマー、迷子になったときにみんなで遊ぶためのトランプ、他にはスコップ、ザイル、薬など。ハリーは、行きたくないのか楽しみにしてるのかどっちだとwww

 無理しなくても大丈夫だと言うことり。はなも「絶対楽しいと思うんだけどな」。しかしえみるは、発言に根拠がない人は信用できないと、はなに指を刺し……その指を握るはぐたんwww えみるははぐたんの笑顔にデレるwww


かっぱ巻きにしよう

 はぐたんの可愛さは罪だと言うえみる。腹が鳴るはなwww おやつにしようと言うはなは、リュックを背負ったまま手探りでバナナを出そうとして……キュウリが出たw ことりは、寝ぼけたまま準備をするからだとw
 ここでえみるは、河童の呪いだと言い出してます。のびのびヶ原には河童伝説があり、ここにいると河童の里に連れ去られ、河童にされるのだそうです。こんな所に河童なんているのか? ……と思ったけど、たしか荒川の橋の下にも河童がいるんだよな。
 そんなのヤだと拒絶するはなとはぐたん。しかしさあやは、一度見てみたいと興味津々www

 はなはえみるを片手で抱えて、石伝いに川を渡ろうとして……こけて川に落ちてます。まぁ、坂を転げ落ちて泥まみれになるよりはマシだがw その際に、右手に持っていたキュウリが吹っ飛んで……


石橋を叩いて壊す

 なぜここにパップルがいるのかwww そういや先週で、来週はオフって言ってたなwww パワースポットでストレス発散だと言ってると、キュウリが飛んできますwww
 パップルは、これはごほうびなのかと。え? 食べるの? 河童になるぞ?(なりません)

 はなとえみるはズブ濡れ。そのままことりのクラスメイトたちとハイキングコースを歩きます。石橋を渡るのですが……えみるがみんなを止める? みんなで渡ると重さに耐え切れずに崩れるのだとか。

 えみるはハンマーで石橋を叩き……崩れたー! ハンマーごときで崩れるって……え? 「わたるなキケン」の看板が折れて落ちてる? 本当に危険な橋だったとは……ってか、そんな橋を放置するなよw

 でも、橋が壊れちゃったらハイキングができないのでは? えみるは、他の安全なルートをすでに探しているようです。

 みんなが去り……そこへパップルが来て、なんで橋がないのかとw


綺麗な花には……

 みんなは青い花畑に到着。アザミが咲いていて、クラスメイトが触ろうとすると……えみるが止めてます。そこまで必死に止めなくてもいいのにな。たしかにアザミにはトゲがあるけど。
 はぐたんもアザミに触ろうとして、さあやが止めてます。さあやもアザミにトゲがあるのを知っていて、はぐたんを止めたわけですが……そう、えみるはクラスメイトの事を思ったからこそ、アザミに触ろうとしたクラスメイトを止めたわけです。そこはえみるがちゃんと説明すれば良かったのにな。


響け! ○○○○○○

 ハイキングコースでトランペットの音? 阿万野 ひなせじゃないか! そういや吹奏楽部って言ってたな。ここなら練習し放題ってか。
 ひなせの演奏に合わせてみんなが歌い、はなもタンバリンを出して歌い……ん? 木陰からえみるがこっちを見てる? えみるも歌おうとはなが誘うのですが、えみるは、歌うと河童が来るのだとか。

 ……木の上から何かが降りてきたー! 河童か!? と思ったらサルで、タンバリンでリズムを取り始めるwww

 えぇ、サルはそのままタンバリンを首にかけて走り去り、はなは「返して!」とサルを追い、えみるも追いかけて……さあやとほまれも、はなを追って森の中へ。しかし、はなを見失ってしまい……

 はなとえみるは、サルを見失い、そのまま迷子に(汗)。本当に家に帰れなくなるかもなwww 帰り道が分からないと騒ぐえみるですが……そんなに心配することはないんじゃね? 歌って河童を呼び寄せれば道案内してくれるかもしれないし(困惑)。


一瞬たりとも目を離すと……

 Bパート。はぐたんのおしめを替えるはな。一方で「愛崎えみるの人生は終了したのです」www 悲観的だなぁw ここで野宿する事になり、冬眠から覚めた腹ペコのクマのご飯になるのだとかw
 ちょっと目を離しているスキに、はぐたんがハイハイをして……白い花を見つけたはぐたんは、その花にまっしぐら。気付いたえみるがはぐたんを止めるのですが、いっしょに走ってきたはなが後ろからぶつかって、花の先にある穴の中へ! 枯葉が積もっていたので怪我はないのですが……穴は深く、こりゃあ簡単には登れそうにないな。穴を登ろうとすると、河童の呪いで吐いたり血を噴出したりするかもしれないし(その呪いは違う作品だろ)。
 ……白い花って、不屈の花(トコシエコウ)だったのか!(アビスから離れろ)


水難、火難、土難……

 さあやたちは、はなを探すのですが……ことりは、これくらいいつもの事だと言います。はなってよく迷子になるの? ほまれは、「はなは分かるけど、えみるも?」www
 クラスメイトによると、プールの授業で溺れるからと言ってを抜いたり、キャンプファイヤーをしたときも火事になるからって消したりしたそうです。後者は実際にキャンプファイヤー禁止のキャンプ場とかありますけどね。

 大変だねとほまれは苦笑。ことりは、えみるはいつも何かに必死だと言います。さあやは、そういう所ははなと似ていると言うのですが……ことりは、そんなのが身近に2人もいて、私が一番大変だと肩を落としてますwww


誰にも気付かれないようにコソコソとw

 みんなに迷惑をかけてしまったと凹むえみる。また、えみると呼ばれる事についても、馴れ馴れしいと。私はダメな人間だと言うえみるですが……はなは、みんなのために頑張ってたと称賛。アザミを例にはげますはなですが……えみるは、ハイキングをシミュレーションすると、次々と危険が襲って来るのだとか。楽しいハイキングにしたいからこそ一生懸命になり、この有様(汗)。

 しょげるえみるに、はなは、陰でみんなを守るヒーローだと言います。はなは、ヒーローと言うのは誰にも知られず人を助けるものだとw ヒーローの気持ちがあなたには分かるのかと言うえみるに、はなは……あなたじゃなくてはなだと笑います。

 はぐたんが泣き出してます。もうすぐミルクの時間。お腹を空かせたはぐたんに、はなが困惑していると……えみるは、私たちが困っていると、はぐたんが余計に不安になると言い、歌い始めてます。
 ……はぐたんが泣き止んだー! はぐたんは笑い、歌声は外に響き……さあやたちの耳に届いた!


大きな荷物が役に立つ

 ハイキングコースにいる人々からはアスパワワが溢れており、パップル的には不愉快。リフレッシュできないと言うパップルに……タンバリンの音色が届くw
 サルたちはタンバリンを独占せんとばかりに反発的になり……トゲパワワが溢れるwww 動物からのトゲパワワも使い物になるのかwww

 きっとサル型のオシマイダーになるのだろうと思ったら、キュウリが出てきたwww じゃあキュウリ型のオシマイダーになるのかと思ったら……河童型か!www

 さて、はなとえみるとはぐたんは……助かった模様。ザイルが役に立ったようですwww はぐたんはミルクにありつけるのですが……暴れるオシマイダーの振動が! こりゃあ河童伝説が本物だって認識されちゃうな。

 3人ははぐたんをえみるに預け、森に入ってすぐにプリキュアに変身。

 オシマイダーは、キュウリを武器にハイカーを襲うのですが……振り下ろされたキュウリをキュアエールが受け止めてます。

 ……あれ? 今回のオシマイダーの出現って、責の一部ははなにあるのか?(深く考えるなw)

 パップルは「プリキュア!? どうしてここに!?」www そりゃこっちのセリフだwww


弱点丸出し

 えみるはプリキュアの戦闘を目撃。エールは、ヒーローはみんなを守るためにどこでも駆けつけるのだと言い、オシマイダーを投げ飛ばしてます。
 キュアアンジュハート・フェザーをトランポリンのように使って、オシマイダーをさらに高く跳ね上げ、キュアエトワールハート・スターで縛って湖に投げつけるw
 岸辺に這い上がるオシマイダーを見て、アンジュは……河童の弱点は頭のだと言い、エールは皿に向かってハート・フォー・ユーを発射。
 って事で、今回もオシマイダーは無事に退職(?)。

 こっそり見ていたえみるは、「プリキュア……カッコいいのです」 何か今回のプリキュアは、色々と目撃されまくってる印象だな。

 サルたちはタンバリンで遊んでいますが……取り返さなくていいのか?


先輩

 はなたちはゲートまで戻り、生きて帰って来られたと安堵。出迎えるクラスメイトに、みんな無事かと心配するえみるですが……迷子になったのはえみるだとツッコミがw
 ほまれはえみるに、さっき歌ってなかったかと訊ねます。さあやは、きれいな歌声が聞こえたから3人を見つけられたのだと言い……たしかに歌上手かったもんな。

 やっぱりえみるはヒーローだと言うはな。えみるは……はなの事を「あなた」ではなくはな先輩って呼んだー! ハプニング連続のハイキングだったけど、ヒーローをキーワードに打ち解けあったようで。


忘れ物です

 夕暮れの田舎の道を歩いていて、はなは「あれ? 何かを忘れているような」www そこへあのサルが来て、申し訳なさそうにタンバリンを差し出してます。「分かればいい」と、はなはタンバリンを受け取り、サルとは「ウキ!」「ウキ!」で分かり合えた?
 サルが去り、ほまれは「何か通じ合ったみたい」と苦笑w

 はぐたんは、そばの池に何かいるのを発見。……河童は本当にいたー!

 よし、僕も近所のかっぱ寿司に行って、こっそり地下に潜入してみy(鈍器

 次回は屋台でウェイトレス? はなはたこ焼き屋なのでウェイトレスのコスチュームではないようです。別にたこ焼き屋でもメイド服を着ればいいと思うんだけどな。学園祭だとそんなものだし。

◆今日の橋:瀬戸大橋が無かったら、ぶっかけうどんを買いに行けないじゃないか!

2018年04月11日(水)21:55

マキナタにやってきたのが数年前

 AT-X、ハクメイとミコチ、第12回(最終回)。

 第25話。……今から数年前の話。行き倒れになりそうだったところを緑尾老に救われたハクメイ。その緑尾老が率いるキャラバンとともにしばらく旅を続けたハクメイは、マキナタに到着。キャラバンとずっと共にしたいハクメイなのですが、緑尾老は、ここでお別れだと言います。

 当時のハクメイは髪が長かったんだなー。クセのある、地面に届きそうなほどに長い髪。  そして数年が経ち……

コヨウ大岩まで

 ハクメイはミコチと一緒にお出かけ。ハクメイは重そうな荷物を背負っていますが……中身は爆薬!? 明日の朝には到着すべき場所があり、道中に足止めを喰らったらという事で、その時は爆薬で排除するつもりらしい(汗)。と言うのも、緑尾老のキャラバンに会うのが目的のようで、チャンスの時間帯はかなりシビアらしい。
 ミコチは、キャラバンがマキナタに寄ってくれれば楽なのにと。

 明日から開拓祭があるようで、新しいステージで歌えるって事で、コンジュは張り切っているようです。なぜ新しいステージなのかっていうと……収穫祭でテントが付喪神になったため。

 なぜ緑尾老はマキナタに来ないのか……緑尾老は大きいもんなw 国境の門の高さの2倍あるので物理的に通れないw

 まずはヒノチ街道に出て、カハル橋に向かい、橋を超えたらコヨウ大岩までの索道に乗るというルート。今日中に索道に入れば、たぶんキャラバンに間に合うだろうとの予想。ミコチは、たしかヒノチ街道って廃道だったよねとw え? 危ないんじゃないか?

 ハクメイ曰く、それは表向きで、今でも使っている奴はいるとの事。人目を避けたい旅人や、走り屋とかが利用するそうです。

キャラバンの大規模化

 途中で何か大きな毛のかたまりが? ハクメイが、コヨウまで500でどうだと声をかけると……コヨウまでは行かないという返事が。カハル橋を超えたところまでで500だそうです。これが走り屋か。
 割高だなと言うハクメイは、その分飛ばしてくれるかと交渉。毛玉は……起き上がるとタヌキのようで、先払いだと言います。

 走り屋は普通に歩いてます。もっと飛ばしていいとハクメイは言うのですが……走り屋は、これ以上速くすると落ちると警告。

 緑尾老のことを詳しく話してほしいと言うミコチ。ハクメイは……キャラバンはヤシロ地方の商人たちで構成された隊商治安部隊。商売はもちろん、戦闘や諜報に関しても一級の組織。貿易のための遠征は年に5回前後。日程は5日〜1ヶ月。貿易がないときは街の自警団の役を担い、悪名高いヤシロの盗人たちも、この時だけは仕事を休むそうです。

 特に恐れられているのが、総隊長である緑尾老。オオカミの婆ちゃんで、体は白灰色、尾の先を緑に染めているそうです。しかも体毛の一部を三つ編みにしてるし、けっこうオシャレ。

 初期の頃は人数も少なく、酒と宝石を中心とした貿易に打って出たそうで、キャラバンに恨みを持つ盗賊団にずっと後を付けられるハメに。盗賊団は、キャラバンが野営しているところに火をつけて一気に攻め落とすつもりだったのですが……キャラバンは奇襲に気付いており、ここで倒れるか荷物運びを手伝うか、選べと(汗汗汗)。仲間にならないと殺されるー!!

 ……そんな感じで隊員の数を増やし、今では本隊以外にも多数の商隊ができる規模にまで成長。

封鎖

 そんなすごい商隊が、なぜハクメイひとりのためにマキナタまで連れて行ってくれたのか? それをハクメイも訊いたそうです。すると緑尾老は……ハクメイの赤い髪が気に入って、少しでも長く観ていたいとw
 赤くなりつつ説明するハクメイに、ミコチは「へぇー……w」wwwww

 走り屋は、そのキャラバンに会いに行くのかと訊ねます。ハクメイは、会えないだろうけど一目見たいと。話を聞いた走り屋は、少し急いでやると言います。

 夕刻……カハル橋に到着。走り屋は、いつまで寝ているんだと言うのですが……ハクメイとミコチは酔った模様www これも乗り物酔いになるんだろうかwww

 ん? たくさんの人たちが橋の前で困ってる? 橋は封鎖されているようで、桁の一部が腐りかけているのがその理由。回り道をするしかないと走り屋は言うのですが……ハクメイは、それじゃ間に合わないと悔しそう。

 ちょっと考えた走り屋は……身体を縛るものはないかと言います。『橋の向こうまで』と約束しているので、橋の向こうまで連れて行くとの事です。

せわしい旅wwwww

 走り屋は……谷を駆け下りる! 川を渡ろうとするも、大きな岩が行く手を阻み、岩を乗り越えようにも、登る足場もなし。困った走り屋に対して……ハクメイはミコチに「持ってて良かったろ?」「うぅ……」wwwww アレを使うのかwwwww
 爆薬は2個持って来ているのですが、使うのは1個。これで事足りるのか? 岩を爆破して……成功! 日が沈んで暗くなりつつある中、走り屋は約束通り、対岸まで2人を連れて行ってくれてます。

 これからどうするんだと訊ねる走り屋に、ハクメイは、索道を通ってコヨウ大岩の上までだと。走り屋は、ゴンドラを使うならそろそろ閉まると言います。間に合うのか!?

 あたふたするハクメイとミコチに、走り屋は……2人のリュックを咥えてダッシュwwwww 大人2枚だとハクメイが言うと、管理人のサルのおじさんは、料金は着いた先でいいとの事。走り屋は2人をゴンドラに放り込むwww 走り屋はゼーハー言いながら「ダチに逢えるといいな」www
 管理人は、発進直後と動かして後退の時に揺れるから気をつけるようにと……管理人、でかっ!

 慎重にハンドルを回してゴンドラを動かす管理人ですが……それでもゴンドラは激しく揺れ、ハクメイはベンチに顔を打つwww

 「あれ? 爆薬どこだ?」「踏んでる、踏んでる!」wwwww

もう髪は伸ばさない

 Bパート。第26話。お腹が空いたので、ゴンドラの中で夜食。ピーナッツを持ってきたそうです。

 ミコチは、いっそキャラバンに入ろうとは思わなかったのかと訊ねてます。いろんな所に行けるし、そういうのハクメイも好きでしょと。実際、ハクメイもキャラバンに入ろうと思ったそうです。
 マキナタは変な国だと聞いていたハクメイは、一度行ってみたかったそうで、それに……キャラバンに入るのを緑尾老に止められたとも。

 旅人が集まってできたのがマキナタ。ゆえに、変な国だという話が出回っているようです。ハクメイもそんなマキナタに興味があり、キャラバンも一緒に来られたらいいなと思っていたそうですが……身体が大きいというだけで門前払いだと知り、がっかり。

 キャラバンに入りたいと言うハクメイですが、緑尾老は、あなたはヤシロに帰りたいわけじゃないでしょと言い……どこへでも行けるあなただからこそマキナタに住んでみなさいと諭してます。

 泣き出すハクメイに……緑尾老は、マキナタを出たくなったら私たちと旅をしましょうと言います。

 その後……ハクメイは髪を切り、ヤシロに送ったのだそうです。ミコチは「もう伸ばさないの?」と訊ねますが……ハクメイはもう髪を伸ばさないそうです。「ジャマくさいんだ、あれ」。

 どういう意味でジャマくさいのか……色々考えちゃうな。

振り向いてほしい

 ゴンドラの中で2人が寝ていると……大きな振動が! 床に落ちたミコチは「何事!?」。すると管理人のサルのおばちゃんが「到着だよー」www
 管理人は2人をゴンドラから降ろし、薪までくれてます。まだ朝も早いしね。

 2人はコヨウ大岩の上へ。足場や鎖も用意されている岩なんだな。東の空が明るくなり始める頃、薪に火をつけて暖を取ります。日が昇るまで、あと1〜2時間。疲れて動けないのに目だけ冴えると言うミコチw

 ミコチは、マキナタに住んでみて今はどうなのかと訊ねてます。自分でも分からないと言うハクメイですが……帰って来るところだと思っているそうです。

 ……つい夜明けの空を眺めていた2人ですが、見るべき方角は逆だと気付くハクメイwww 慌てて西を望遠鏡で見たハクメイは……「…………居たー!」「えぇぇぇぇぇぇ!?」wwwww

 キャラバンはいつの間にかコヨウ大岩を通り過ぎていたようで、もう緑尾老の後姿しか見えません。ハクメイは……私はここで元気にやっていると大声で告げます。キャラバンに聞こえるのかな? 空はすっかり明るくなり……ため息をついたハクメイは「よし、帰ろうか」「もう!?」www ハクメイとしては、尻が見えただけでも満足だと。声が届かないのは分かっていたと言います。

 するとミコチは「もう1個あったよね?」(噴飯)。

成功……?w

 ハクメイはゴンドラの管理人のおばちゃんに、爆薬を空高く投げるように頼んでます。管理人にとっては小さくて投げにくいので、石にくくりつけてもいいかと。
 管理人もコヨウ大岩に登り、「任せて!」。滑車回しで鍛え上げた肩を見せてあげるとwww しかし……手前の岩にぶつかって転がり落ちたwww これじゃ無理じゃね?(汗)
 でも、大音響はキャラバンに届き、襲撃じゃないかとキャラバンは警戒。ケイカが望遠鏡で周囲を確認し、岩山を見ると……噴き出すwwwww 「大丈夫、ありゃ自爆だ」と笑います。みんなも観てみろと言い、みんなも望遠鏡で岩山を見るのですが……

 緑尾老も岩山を見上げてみr……

 ハクメイの髪で体毛の一部を三つ編みにしてるー!

 管理人がコヨウ大岩から落ちそうになってるwww

 ハクメイを見た緑尾老は、元気そうで安心したと言います。答えてやろうかとケイカが言うと……緑尾老は「もちろん」と言い、遠吠え

 手を振り続けていたハクメイは……「さぁ、帰ろう」。ミコチも「そうだね」。

 マキナタに帰って、祭りを楽しまないとね。

大盛況

 マキナタのステージではコンジュが歌っており、センも祭りに来てます。ミコチが作ったあの服を着て!
 お隣さんのライカも来てるし、シウヒコウララも来てますねー。

 ポートラウンジ 小骨マスターコハルがいっしょに酒を飲んでるw

 イワシもあの白い服を着て祭りに来ており、ナライハクヨ夫妻、副長のカテンの姿も。

 古着屋の店長の髪がモヒカンになってるwwwww ジャダに刈られた模様wwwww 祭りの写真を撮るため、ミミも来てます。

 こんな日に、蜂蜜館の連中が来ないはずがない! ノブキ旋毛丸が一緒に酒を飲んでます。

おしゃれなお婆ちゃん

 エンディングに乗せて祭りの光景が流れて……スタッフロールは歌詞が2番か!

 また、ハクメイがヤシロに送った髪についてのエピソードが。

 エンディングのラストでは、ハクメイとミコチが月夜の下で枝に座っているのですが……そのままの続きで、2人は酒を飲んでます。そこへ……夕焼けトンビカフーが飛んできて、羽根を落としていって……月夜なので、羽根は白になってます。

 ……もしハクメイがジャダによってモヒカンにされていて、それを緑尾老が見たらかと思うと……卒倒するかもなwww

◆今日の相棒:哺乳類はジャマになる場合もあるので、微妙だなw

日記メニューに戻る


トップページに戻る